f0078320_10291183.jpg
とにかく人に甘えているのが嬉しくて仕方がないようで、
私の背中に手をかけたと思ったら、
そこから私の頭もよじ登っては降りて、よじ登っては降りてを繰り返し
「うれしいな!うれしいな!いっぱい遊んで~!!」と
とにかくはしゃぎっぱなしでした。
ペロペロ攻撃もすごいです。
こんなに甘ったれで人懐こい子が、
なぜここにいるの??と思わず問いかけてしまいました。
f0078320_10321586.jpgf0078320_10325740.jpg
まだ若いですからこのくらいの元気の良さは当たり前です。
常に人にくっついていたい子ではありますが、
落ち着かせれば人の声はきちんと届きます。
お座りも出来ますし、きちんとしつけをしてあげれば
素晴らしいパートナーになることは間違いありません。
ここまで人を信用できているので、是非一日も早く
本当のご家族にめぐり合わせてあげたいと思います。
f0078320_1036688.jpgf0078320_10362884.jpg





※10/13よりレポートに登場 (10/6引取収容)
▼ビーグル メス 10歳? 11-12キロくらい
こちらも本当に人懐こい子です。
黒白の子同様に、常に人にまとわりついていて構って欲しくて
ずっと後をついてきます。
年齢(元飼い主申告)からは想像できないほどよく動き回り、
撫でて!!撫でて!!とくっついてきます。
f0078320_10433650.jpgf0078320_10440100.jpg
とにかく人が大好きで、部屋の中に私一人だけだったので、
他にも誰か来てくれないかな~と外の様子を伺っていたのが
印象的でした。
私のところには黒白の子が私の脚の間に挟まって甘えていたので、
きっと自分もそうやってずっと甘えられる人を待っていたのでしょう。
f0078320_10463960.jpgf0078320_10471651.jpg
ご年配で犬との生活開始を諦めている方にも是非検討して頂きたい子です。
きっとずっとそばにいてくれる人があれば
この子ももっともっと人を癒してくれる存在になると思います。
元気ではありますが、若い子のようなガチャガチャしたところはありません。
落ち着いていますので、犬とゆったりと暮らしたいという方にもお勧めです。
これからの第二の犬生を幸せに過ごさせてあげたいと思います。
f0078320_1053610.jpgf0078320_10532550.jpg





※7/28よりレポート登場 (7/23他抑留所からの移送)
▼薄茶 メス 3-4歳 13キロ前後
とても落ち着きがあり、穏やかで
ベタベタ甘ったれてくるわけではありませんが、人馴れは全く問題ありません。
黒白の子とビーグルがベタベタと甘えてくる中、
一歩下がったところから 「私も甘えたいんだけど・・・」 と
もじもじして待っている姿がとてもかわいかったです。
f0078320_10564314.jpgf0078320_10573799.jpg
この子もビーグル同様、
他にも人が入ってきてくれないかな~と思っていたのか、
しきりに外の廊下を通る人たちの動向を見ているようでした。
f0078320_1133267.jpgf0078320_1142792.jpg
皆、甘えたいのです。
今まで甘えさせてもらえなかったのか、
それとも甘えさせてもらったけどその飼い主と別れることになってしまったのか
この子から教えてもらうことは出来ませんが、
これからはこの子の思うように、最期まで一緒に寄り添ってくれる方を
みつけてあげたいなと思いました。
f0078320_1152395.jpgf0078320_11543100.jpg





※3月からの収容ですが6/9よりレポート登場
▼薄茶黒 メス 2-3歳? 12キロ前後
やはり今日会っても、この子に対する印象は先週と変わりありませんでした。
この子は人との接し方がわからないだけなんだと思います。
以前に比べれば、逃げ出そうとするまで近づく距離が
どんどん短くなってきています。
かなり近くまで寄っていっても(ゆっくりとではありますが)
飛び出すように逃げることはありません。
f0078320_1185048.jpgf0078320_1192794.jpg
人が怖くて仕方がない、というわけではないと思います。
家庭に入れば人との関わりが密接になっていきますので、
そういった環境に一日でも早く馴らしてあげたいと思います。
怖くて逃げ回る子たちと一緒にいることで落ち着いているようですが、
そういう子と離れて人だけと過ごしていくうちに
きっと心を開いてくれる、そう時間はかからないように思います。
f0078320_11123033.jpgf0078320_11125751.jpg
いつもこうやって茶白黒の子の手前にいて
周りの様子を伺っているように思います。
この子を守ってあげているように見えて仕方がありません。
お姉さん気質なのではないでしょうか。
撮影をしている最中、外に捕獲車が到着し、
新しく入ってきた犬の鳴き声に反応してか、
初めてこの子が吠えた声を部屋内で聞きました。
何回も吠えるということではなく、1~2回吠えました。
私には 「大丈夫。ここはそんなに怖いところじゃないよ」 と
新しく収容されてきた子たちに伝えていたのではないかと思えました。
f0078320_11193182.jpgf0078320_11195244.jpg





※3/4収容ですが 6/2よりレポート登場
▼茶白黒 メス 9キロぐらい?
今日も薄茶黒の子に守ってもらいながら
部屋の隅っこで固まっていました。
先週は同行したメンバーがずっとこの子を撫でてくれていましたが、
今日は一人で部屋に入ったので、撫でてあげることが出来ませんでした。
(私が近づくと、黒白の子やビーグルなどが一緒についてきてしまい、
この子を脅かして逃げさせてしまうため、近づくのは控えました)
f0078320_11565316.jpgf0078320_11575597.jpg
先週のレポートでもご紹介したように、
この子は固まったままではありますが、触ることが出来ます。
急な動きをすると逃げていってしまいますが、
ゆっくりとした動きであれば大丈夫です。
口が出ることもありませんので、ゆっくりと接してあげられれば
怖がらせることもなく、
そう時間もかからずに仲良くなれるのではないかと思います。
すごく甘ったれな黒白とビーグルの様子もじっと見ているようなので
人が怖いものではないと、学習してくれたらいいなぁと思っています。
f0078320_1232057.jpgf0078320_1234114.jpgf0078320_124438.jpg





※3/17よりレポート登場(3/10収容)
▼茶 メス 1歳~ 11キロくらい
この部屋での一番のビビリっ子でしたが、
黒白の子やビーグルなどの人馴れ抜群な子たちの良い影響を
一番受けているのではないか、と思われます。
先週よりかなり活発に動くようになっていました。
f0078320_1216116.jpgf0078320_12163425.jpg
ずっと固まっているということもなくなり、
人の動きに合わせて、また、犬たちの動きに合わせて
一緒にウロウロできるようになってきたのは大進歩だと思います。
他のビビリ2頭とくっついていなくても平気なようです。
f0078320_12195436.jpgf0078320_12201949.jpg
このペースであれば、思った以上に早く、人の手からおやつをもらうことも
出来るようになるかもしれません。
今日はおやつをあげることは出来ませんでしたが、
この子の成長具合が、来週以降楽しみになってきました。
f0078320_12231861.jpgf0078320_12235674.jpgf0078320_12242898.jpg






【E部屋(選定室)】10頭



プール外係留
※10/13よりレポート登場 (10/2収容)
▽柴 茶白 メス 3-5歳 7-8キロ 
先週まで収容室①にいました。
ケージ内にいたときとは違って、とても落ち着いていました。
前に出てきたり、下がってみたり、を繰り返していましたが
今日はクルクル回ることはありませんでした。
f0078320_1410960.jpgf0078320_14102959.jpgf0078320_1410475.jpg
人に興味はあるものの、まだ若干怖いのか、
近づこうとしてもやめて下がってしまおうとする様子が見られました。
触れるかな?と思い、近づいてきた時に触ってみたところ、
全く問題なく体を触ることが出来ました。
意外なことに、体や顔などを触ってあげていた方が
落ち着いていられることがわかりました。
f0078320_14155031.jpgf0078320_14161181.jpg
人にくっついていた方が安心できるようです。
一人でいると不安で仕方がないのでしょう。
やはりこの子も甘ったれちゃんのうちの一頭のようです。
一緒にそばにいてくれる人を早く探して、
ずっと安心していられるようになりたいよね。
f0078320_1418370.jpgf0078320_14191487.jpg(先週レポートより)





ケージ①
※8/18よりレポート登場 (8/7収容)
▼薄茶 折れ耳 メス 4-5歳 13キロ程度
先週のレポートで、ちょっと元気がないようだ、と記載しましたが、
どうやらそれはこの子の性格で元々落ち着いている子のようです。
ケージの中ではちょっと吠えてみたり、
ケージのドアを引っ掻いてみたりしていますが、
ケージの外に出てしまえば、騒ぐこともなく落ち着いていることが出来ます。
f0078320_14231062.jpgf0078320_14233162.jpg
この子も人にずっとくっついていたいようです。
メンバーがぎゅっと抱きしめてあげると
嬉しそうに体を預けてきていました。
今までこうして抱きしめてかわいがってもらえなかったの?
こうしてもらうと嬉しいし落ち着けるのにね。
f0078320_14253425.jpgf0078320_1426177.jpg
とても無邪気な表情を見せるこの子にも、
こちらに収容されているどの子にも、幸せになる権利があります。
たくさん甘えさせてくれる素敵なご家族との生活を
これから十分に味あわせてあげたいと願っています。
f0078320_14341330.jpgf0078320_14343523.jpg





ケージ②
※9/24よりレポート登場 (9/11引取収容)
元飼い主が亡くなられたことにより
親族からの引き取りとなった3頭のうちの1頭です。
▽薄茶 オス 2-3歳? 14-15キロ
先週は収容室②にいました。
先週このケージにいた子は、この子と同郷で一緒に引き取られた子です。
(その子は今週はドッグランにいました)
年齢の割には落ち着きがあり、
他の犬にも威嚇などすることもありません。
この子もまた甘ったれです。
f0078320_14413572.jpgf0078320_1443529.jpg
人に抱きしめられていれば安心したような表情を見せます。
このケージに一人ぼっちでいるよりも
人と生活したことがあるこの子たちにとっては
人と一緒にいられないこの環境が一番辛いのではないでしょうか。
f0078320_1448445.jpgf0078320_14482211.jpg
こんな短い時間でも人とかかわれる時間が持てるのが
今ここにいて一番嬉しい時間なのかもしれません。
この子の表情を見ればおわかりになると思います。
そう思うと、少しでも長く一頭一頭と触れ合う時間を作ってあげなければ、
と思います。
f0078320_1453116.jpgf0078320_14534555.jpg





ケージ④
※10/13レポート初登場 (10/8他抑留所からの移送)
▽テリア系MIX? こげ茶 オス 3-4歳? 15キロ前後
先週はまだ収容されてから間もなかったからか
とてもおとなしくしていたのですが、
今日はケージの中から外に出たくて
吠えたり、ケージのドアの格子を一生懸命かじったりしていました。
痩せていますが体長はそこそこ大きく、
活発さゆえケージは窮屈なのでしょうか。
f0078320_1525371.jpg
毛玉の多さには本当に驚かされます。
一体どのくらい長い間、なんのお世話もされずに置いておかれたのでしょう。
一度バリカンで綺麗に毛を刈ってあげないと
元々のこの子の綺麗な姿は取り戻せないのではないか?と
思うほどの毛玉の量に唖然としてしまいます。
f0078320_155116.jpgf0078320_1554268.jpg
かわいいお顔も、目の周りの毛が伸びきって隠れてしまっているので
はっきりと見ることが出来ません。
こうして毛をかき分けてあげなければなりません。
f0078320_1573416.jpgf0078320_158916.jpg
抱っこも問題ありませんでした。
これだけの大きさがあるのに、本当に痩せています。
栄養のあるご飯をたくさん食べさせてあげて、
体も綺麗にしてあげたいです。
f0078320_15101554.jpgf0078320_15104657.jpg





ケージ⑤
※9/16よりレポートに登場(昨年9/1収容)
▼ベージュ ラブ風mix オス(去勢済み) 4歳ぐらい 20キロ超え
今日も元気一杯ケージの中から呼んでいました。
ケージから出ると真っ先に向かうのは入口のドアです。
お散歩に連れて行ってもらえるものと思っているのでしょう。
今日はお散歩じゃないんだよ、ごめんね、
としか言うことが出来ませんが、
それでもこの子は私たちに素敵な笑顔をいつも見せてくれます。
f0078320_15154416.jpgf0078320_15161446.jpg
ずっと耳を気にして耳をふっているのを見て、
「どっちのお耳が気になるのかな~??」と耳を揉んであげたところ
こんなに優しい表情になりました。
とても気持ちが良かったようです。
今までセンターに通っていても、この子のこんな表情を見たのは初めてでした。
f0078320_15184621.jpgf0078320_15191186.jpg
家庭に入れればこのくらいのことはいつでもしてあげられます。
センターにいる間は、センターの方々もやってあげたくても
収容されている犬たちが多すぎて、
一頭一頭に時間をかけてあげることが出来ないのです。
どうかこの子が今年の冬が来る前に
暖かいおうちに迎えてもらえるように祈ってください。
f0078320_15221721.jpgf0078320_1522386.jpg





ケージ⑥
※6/23レポート登場(6/16他抑留所より移送)
▼茶 メス 4-5歳 7キロ前後
ケージを開けるとすぐには出てこようとしませんが、
ロープをゆっくりかけてあげて誘導してあげると
ゆっくりと外に出てきます。
おやつを見せても騒ぐこともなく、
落ち着いてゆっくりと食べることができます。
f0078320_19382738.jpgf0078320_19393030.jpg
人を怖がる姿はもう全く見られません。
こちらで話しかけてあげても嫌がることなく話も聞いてくれますし、
それだけこちらで顔を近づけても大丈夫です。
大分馴れてきたようでしたので、
今日は抱っこにも挑戦してみようとしましたが、
やはりそれはまだ早かったようで、イヤです、と意思表示をしたので
せっかく馴れてきた関係を壊さないように
無理に抱っこをするのは諦めました。
f0078320_19441762.jpgf0078320_19445874.jpg
涙やけしていた目の周りも、先週には綺麗にしてもらっていました。
これだけたくさんの収容犬のお世話があり、
忙しい中でもこういった小さなことにも気を配ってくださるセンターの方々には
感謝の気持ちで一杯になります。
f0078320_19483669.jpgf0078320_19491194.jpg





ケージ⑦
※10/2レポート初登場 (10/8他抑留所からの移送)
▼黒茶/目口周り薄茶 メス 2-3歳 8-9キロ
まだ若い子だと思われます。
このケージに入って間もないので、環境に慣れていないだけかもしれませんが
推定年齢のわりには落ち着いています。
f0078320_1958338.jpgf0078320_19585390.jpg
見た目では10Kgは軽くあるだろうと思って抱っこしてみたところ、
かなり軽くて驚きました。
見た感じからしてガリガリに痩せている、という感じには見えないのですが
中身が詰まっていないという感じでしょうか。
もっともっとご飯をたくさん食べて
元気いっぱいになろうね。
f0078320_19594449.jpgf0078320_2001215.jpg
とても幼いお顔をしているのが印象的でした。
おやつも優しく食べることが出来ます。
来週以降ももう少し詳しく様子を見てみたいと思います。
f0078320_2014691.jpgf0078320_2023980.jpg





<プール内子犬>3頭

※10/6よりレポート登場 (10/2収容)
▼茶 オス 2ヵ月 2-3キロ
相変わらず逃げ回っていました。
やはりこの子が3頭の中で一番のビビリのようです。
それでも先週に比べれば大分抱っこには馴れてきたように思います。
抱っこすると後ろ足をピーンと伸ばす体勢はもうしなくなりました。
抱っこはそれほど怖くないのかも、とわかってくれたのかもしれません。
f0078320_20385737.jpgf0078320_20401169.jpgf0078320_20411191.jpgf0078320_20421326.jpg





※10/6よりレポート登場 (10/2収容)
▼薄茶 オス 2ヵ月 2-3キロ
今日も一番最初に抱き上げることが出来ました。
やはりこの子は他の2頭よりもおっとりしているのだと思います。
この子も抱っこされ馴れてきた感じです。
このくらいのうちに、一日も早く家庭で人との生活に馴れさせてあげたいです。
f0078320_2020291.jpgf0078320_2021177.jpgf0078320_20213577.jpgf0078320_2022951.jpg





※10/6よりレポート登場 (10/2収容)
▼茶(背中・しっぽ黒) メス 2ヵ月 2-3キロ
この子は先週から比べると随分マズルが長くなり、
大分赤ちゃん顔から脱却しつつあるように思えました。
もう1頭の茶色の子と同様に後ろ足をピーンと伸ばす癖がありましたが、
この子も今日はその体勢にはなりませんでした。
少しずつですが、人馴れ、抱っこ馴れしてきているようです。
f0078320_2025264.jpgf0078320_2026285.jpgf0078320_20263359.jpgf0078320_20273575.jpg



レポートはパート3 に続きます。

" />

ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

10/20センターレポート パート2   ⑯

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


10/20センター・レポートパート1からの続きです。
引き続き、譲渡先・預かり先募集中の子達を紹介します。


こちらではD部屋(旧シャンプー室)・E部屋(選定室)
にいた子達を紹介します。


問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




【D部屋(旧シャンプー室)】6頭




※7/28よりレポートに登場 (7/15収容) 
▼黒白 メス 1歳程度 11キロ前後
先週までB部屋(鑑定室)にいました。
B部屋にいる時からかなり人懐こい子だとは思っていましたが、
個別ケージからこちらの大部屋に移動になり、
いつも仲間と遊ぶことができるようになりました。
人が入室した際だけですが、思いっきり人に甘えることが出来るようにもなり
活発で人が大好きな彼女にとっては最高の環境になったようで、
終始ご機嫌な様子でした。
f0078320_10283124.jpg
f0078320_10291183.jpg

とにかく人に甘えているのが嬉しくて仕方がないようで、
私の背中に手をかけたと思ったら、
そこから私の頭もよじ登っては降りて、よじ登っては降りてを繰り返し
「うれしいな!うれしいな!いっぱい遊んで~!!」と
とにかくはしゃぎっぱなしでした。
ペロペロ攻撃もすごいです。
こんなに甘ったれで人懐こい子が、
なぜここにいるの??と思わず問いかけてしまいました。
f0078320_10321586.jpg
f0078320_10325740.jpg

まだ若いですからこのくらいの元気の良さは当たり前です。
常に人にくっついていたい子ではありますが、
落ち着かせれば人の声はきちんと届きます。
お座りも出来ますし、きちんとしつけをしてあげれば
素晴らしいパートナーになることは間違いありません。
ここまで人を信用できているので、是非一日も早く
本当のご家族にめぐり合わせてあげたいと思います。
f0078320_1036688.jpg
f0078320_10362884.jpg






※10/13よりレポートに登場 (10/6引取収容)
▼ビーグル メス 10歳? 11-12キロくらい
こちらも本当に人懐こい子です。
黒白の子同様に、常に人にまとわりついていて構って欲しくて
ずっと後をついてきます。
年齢(元飼い主申告)からは想像できないほどよく動き回り、
撫でて!!撫でて!!とくっついてきます。
f0078320_10433650.jpg
f0078320_10440100.jpg

とにかく人が大好きで、部屋の中に私一人だけだったので、
他にも誰か来てくれないかな~と外の様子を伺っていたのが
印象的でした。
私のところには黒白の子が私の脚の間に挟まって甘えていたので、
きっと自分もそうやってずっと甘えられる人を待っていたのでしょう。
f0078320_10463960.jpg
f0078320_10471651.jpg

ご年配で犬との生活開始を諦めている方にも是非検討して頂きたい子です。
きっとずっとそばにいてくれる人があれば
この子ももっともっと人を癒してくれる存在になると思います。
元気ではありますが、若い子のようなガチャガチャしたところはありません。
落ち着いていますので、犬とゆったりと暮らしたいという方にもお勧めです。
これからの第二の犬生を幸せに過ごさせてあげたいと思います。
f0078320_1053610.jpg
f0078320_10532550.jpg






※7/28よりレポート登場 (7/23他抑留所からの移送)
▼薄茶 メス 3-4歳 13キロ前後
とても落ち着きがあり、穏やかで
ベタベタ甘ったれてくるわけではありませんが、人馴れは全く問題ありません。
黒白の子とビーグルがベタベタと甘えてくる中、
一歩下がったところから 「私も甘えたいんだけど・・・」 と
もじもじして待っている姿がとてもかわいかったです。
f0078320_10564314.jpg
f0078320_10573799.jpg

この子もビーグル同様、
他にも人が入ってきてくれないかな~と思っていたのか、
しきりに外の廊下を通る人たちの動向を見ているようでした。
f0078320_1133267.jpg
f0078320_1142792.jpg

皆、甘えたいのです。
今まで甘えさせてもらえなかったのか、
それとも甘えさせてもらったけどその飼い主と別れることになってしまったのか
この子から教えてもらうことは出来ませんが、
これからはこの子の思うように、最期まで一緒に寄り添ってくれる方を
みつけてあげたいなと思いました。
f0078320_1152395.jpg
f0078320_11543100.jpg






※3月からの収容ですが6/9よりレポート登場
▼薄茶黒 メス 2-3歳? 12キロ前後
やはり今日会っても、この子に対する印象は先週と変わりありませんでした。
この子は人との接し方がわからないだけなんだと思います。
以前に比べれば、逃げ出そうとするまで近づく距離が
どんどん短くなってきています。
かなり近くまで寄っていっても(ゆっくりとではありますが)
飛び出すように逃げることはありません。
f0078320_1185048.jpg
f0078320_1192794.jpg

人が怖くて仕方がない、というわけではないと思います。
家庭に入れば人との関わりが密接になっていきますので、
そういった環境に一日でも早く馴らしてあげたいと思います。
怖くて逃げ回る子たちと一緒にいることで落ち着いているようですが、
そういう子と離れて人だけと過ごしていくうちに
きっと心を開いてくれる、そう時間はかからないように思います。
f0078320_11123033.jpg
f0078320_11125751.jpg

いつもこうやって茶白黒の子の手前にいて
周りの様子を伺っているように思います。
この子を守ってあげているように見えて仕方がありません。
お姉さん気質なのではないでしょうか。
撮影をしている最中、外に捕獲車が到着し、
新しく入ってきた犬の鳴き声に反応してか、
初めてこの子が吠えた声を部屋内で聞きました。
何回も吠えるということではなく、1~2回吠えました。
私には 「大丈夫。ここはそんなに怖いところじゃないよ」 と
新しく収容されてきた子たちに伝えていたのではないかと思えました。
f0078320_11193182.jpg
f0078320_11195244.jpg






※3/4収容ですが 6/2よりレポート登場
▼茶白黒 メス 9キロぐらい?
今日も薄茶黒の子に守ってもらいながら
部屋の隅っこで固まっていました。
先週は同行したメンバーがずっとこの子を撫でてくれていましたが、
今日は一人で部屋に入ったので、撫でてあげることが出来ませんでした。
(私が近づくと、黒白の子やビーグルなどが一緒についてきてしまい、
この子を脅かして逃げさせてしまうため、近づくのは控えました)
f0078320_11565316.jpg
f0078320_11575597.jpg

先週のレポートでもご紹介したように、
この子は固まったままではありますが、触ることが出来ます。
急な動きをすると逃げていってしまいますが、
ゆっくりとした動きであれば大丈夫です。
口が出ることもありませんので、ゆっくりと接してあげられれば
怖がらせることもなく、
そう時間もかからずに仲良くなれるのではないかと思います。
すごく甘ったれな黒白とビーグルの様子もじっと見ているようなので
人が怖いものではないと、学習してくれたらいいなぁと思っています。
f0078320_1232057.jpg
f0078320_1234114.jpg
f0078320_124438.jpg






※3/17よりレポート登場(3/10収容)
▼茶 メス 1歳~ 11キロくらい
この部屋での一番のビビリっ子でしたが、
黒白の子やビーグルなどの人馴れ抜群な子たちの良い影響を
一番受けているのではないか、と思われます。
先週よりかなり活発に動くようになっていました。
f0078320_1216116.jpg
f0078320_12163425.jpg

ずっと固まっているということもなくなり、
人の動きに合わせて、また、犬たちの動きに合わせて
一緒にウロウロできるようになってきたのは大進歩だと思います。
他のビビリ2頭とくっついていなくても平気なようです。
f0078320_12195436.jpg
f0078320_12201949.jpg

このペースであれば、思った以上に早く、人の手からおやつをもらうことも
出来るようになるかもしれません。
今日はおやつをあげることは出来ませんでしたが、
この子の成長具合が、来週以降楽しみになってきました。
f0078320_12231861.jpg
f0078320_12235674.jpg
f0078320_12242898.jpg







【E部屋(選定室)】10頭



プール外係留
※10/13よりレポート登場 (10/2収容)
▽柴 茶白 メス 3-5歳 7-8キロ 
先週まで収容室①にいました。
ケージ内にいたときとは違って、とても落ち着いていました。
前に出てきたり、下がってみたり、を繰り返していましたが
今日はクルクル回ることはありませんでした。
f0078320_1410960.jpg
f0078320_14102959.jpg
f0078320_1410475.jpg

人に興味はあるものの、まだ若干怖いのか、
近づこうとしてもやめて下がってしまおうとする様子が見られました。
触れるかな?と思い、近づいてきた時に触ってみたところ、
全く問題なく体を触ることが出来ました。
意外なことに、体や顔などを触ってあげていた方が
落ち着いていられることがわかりました。
f0078320_14155031.jpg
f0078320_14161181.jpg

人にくっついていた方が安心できるようです。
一人でいると不安で仕方がないのでしょう。
やはりこの子も甘ったれちゃんのうちの一頭のようです。
一緒にそばにいてくれる人を早く探して、
ずっと安心していられるようになりたいよね。
f0078320_1418370.jpg
f0078320_14191487.jpg
(先週レポートより)





ケージ①
※8/18よりレポート登場 (8/7収容)
▼薄茶 折れ耳 メス 4-5歳 13キロ程度
先週のレポートで、ちょっと元気がないようだ、と記載しましたが、
どうやらそれはこの子の性格で元々落ち着いている子のようです。
ケージの中ではちょっと吠えてみたり、
ケージのドアを引っ掻いてみたりしていますが、
ケージの外に出てしまえば、騒ぐこともなく落ち着いていることが出来ます。
f0078320_14231062.jpg
f0078320_14233162.jpg

この子も人にずっとくっついていたいようです。
メンバーがぎゅっと抱きしめてあげると
嬉しそうに体を預けてきていました。
今までこうして抱きしめてかわいがってもらえなかったの?
こうしてもらうと嬉しいし落ち着けるのにね。
f0078320_14253425.jpg
f0078320_1426177.jpg

とても無邪気な表情を見せるこの子にも、
こちらに収容されているどの子にも、幸せになる権利があります。
たくさん甘えさせてくれる素敵なご家族との生活を
これから十分に味あわせてあげたいと願っています。
f0078320_14341330.jpg
f0078320_14343523.jpg






ケージ②
※9/24よりレポート登場 (9/11引取収容)
元飼い主が亡くなられたことにより
親族からの引き取りとなった3頭のうちの1頭です。
▽薄茶 オス 2-3歳? 14-15キロ
先週は収容室②にいました。
先週このケージにいた子は、この子と同郷で一緒に引き取られた子です。
(その子は今週はドッグランにいました)
年齢の割には落ち着きがあり、
他の犬にも威嚇などすることもありません。
この子もまた甘ったれです。
f0078320_14413572.jpg
f0078320_1443529.jpg

人に抱きしめられていれば安心したような表情を見せます。
このケージに一人ぼっちでいるよりも
人と生活したことがあるこの子たちにとっては
人と一緒にいられないこの環境が一番辛いのではないでしょうか。
f0078320_1448445.jpg
f0078320_14482211.jpg

こんな短い時間でも人とかかわれる時間が持てるのが
今ここにいて一番嬉しい時間なのかもしれません。
この子の表情を見ればおわかりになると思います。
そう思うと、少しでも長く一頭一頭と触れ合う時間を作ってあげなければ、
と思います。
f0078320_1453116.jpg
f0078320_14534555.jpg






ケージ④
※10/13レポート初登場 (10/8他抑留所からの移送)
▽テリア系MIX? こげ茶 オス 3-4歳? 15キロ前後
先週はまだ収容されてから間もなかったからか
とてもおとなしくしていたのですが、
今日はケージの中から外に出たくて
吠えたり、ケージのドアの格子を一生懸命かじったりしていました。
痩せていますが体長はそこそこ大きく、
活発さゆえケージは窮屈なのでしょうか。
f0078320_1525371.jpg

毛玉の多さには本当に驚かされます。
一体どのくらい長い間、なんのお世話もされずに置いておかれたのでしょう。
一度バリカンで綺麗に毛を刈ってあげないと
元々のこの子の綺麗な姿は取り戻せないのではないか?と
思うほどの毛玉の量に唖然としてしまいます。
f0078320_155116.jpg
f0078320_1554268.jpg

かわいいお顔も、目の周りの毛が伸びきって隠れてしまっているので
はっきりと見ることが出来ません。
こうして毛をかき分けてあげなければなりません。
f0078320_1573416.jpg
f0078320_158916.jpg

抱っこも問題ありませんでした。
これだけの大きさがあるのに、本当に痩せています。
栄養のあるご飯をたくさん食べさせてあげて、
体も綺麗にしてあげたいです。
f0078320_15101554.jpg
f0078320_15104657.jpg






ケージ⑤
※9/16よりレポートに登場(昨年9/1収容)
▼ベージュ ラブ風mix オス(去勢済み) 4歳ぐらい 20キロ超え
今日も元気一杯ケージの中から呼んでいました。
ケージから出ると真っ先に向かうのは入口のドアです。
お散歩に連れて行ってもらえるものと思っているのでしょう。
今日はお散歩じゃないんだよ、ごめんね、
としか言うことが出来ませんが、
それでもこの子は私たちに素敵な笑顔をいつも見せてくれます。
f0078320_15154416.jpg
f0078320_15161446.jpg

ずっと耳を気にして耳をふっているのを見て、
「どっちのお耳が気になるのかな~??」と耳を揉んであげたところ
こんなに優しい表情になりました。
とても気持ちが良かったようです。
今までセンターに通っていても、この子のこんな表情を見たのは初めてでした。
f0078320_15184621.jpg
f0078320_15191186.jpg

家庭に入れればこのくらいのことはいつでもしてあげられます。
センターにいる間は、センターの方々もやってあげたくても
収容されている犬たちが多すぎて、
一頭一頭に時間をかけてあげることが出来ないのです。
どうかこの子が今年の冬が来る前に
暖かいおうちに迎えてもらえるように祈ってください。
f0078320_15221721.jpg
f0078320_1522386.jpg






ケージ⑥
※6/23レポート登場(6/16他抑留所より移送)
▼茶 メス 4-5歳 7キロ前後
ケージを開けるとすぐには出てこようとしませんが、
ロープをゆっくりかけてあげて誘導してあげると
ゆっくりと外に出てきます。
おやつを見せても騒ぐこともなく、
落ち着いてゆっくりと食べることができます。
f0078320_19382738.jpg
f0078320_19393030.jpg

人を怖がる姿はもう全く見られません。
こちらで話しかけてあげても嫌がることなく話も聞いてくれますし、
それだけこちらで顔を近づけても大丈夫です。
大分馴れてきたようでしたので、
今日は抱っこにも挑戦してみようとしましたが、
やはりそれはまだ早かったようで、イヤです、と意思表示をしたので
せっかく馴れてきた関係を壊さないように
無理に抱っこをするのは諦めました。
f0078320_19441762.jpg
f0078320_19445874.jpg

涙やけしていた目の周りも、先週には綺麗にしてもらっていました。
これだけたくさんの収容犬のお世話があり、
忙しい中でもこういった小さなことにも気を配ってくださるセンターの方々には
感謝の気持ちで一杯になります。
f0078320_19483669.jpg
f0078320_19491194.jpg






ケージ⑦
※10/2レポート初登場 (10/8他抑留所からの移送)
▼黒茶/目口周り薄茶 メス 2-3歳 8-9キロ
まだ若い子だと思われます。
このケージに入って間もないので、環境に慣れていないだけかもしれませんが
推定年齢のわりには落ち着いています。
f0078320_1958338.jpg
f0078320_19585390.jpg

見た目では10Kgは軽くあるだろうと思って抱っこしてみたところ、
かなり軽くて驚きました。
見た感じからしてガリガリに痩せている、という感じには見えないのですが
中身が詰まっていないという感じでしょうか。
もっともっとご飯をたくさん食べて
元気いっぱいになろうね。
f0078320_19594449.jpg
f0078320_2001215.jpg

とても幼いお顔をしているのが印象的でした。
おやつも優しく食べることが出来ます。
来週以降ももう少し詳しく様子を見てみたいと思います。
f0078320_2014691.jpg
f0078320_2023980.jpg






<プール内子犬>3頭

※10/6よりレポート登場 (10/2収容)
▼茶 オス 2ヵ月 2-3キロ
相変わらず逃げ回っていました。
やはりこの子が3頭の中で一番のビビリのようです。
それでも先週に比べれば大分抱っこには馴れてきたように思います。
抱っこすると後ろ足をピーンと伸ばす体勢はもうしなくなりました。
抱っこはそれほど怖くないのかも、とわかってくれたのかもしれません。
f0078320_20385737.jpg
f0078320_20401169.jpg
f0078320_20411191.jpg
f0078320_20421326.jpg






※10/6よりレポート登場 (10/2収容)
▼薄茶 オス 2ヵ月 2-3キロ
今日も一番最初に抱き上げることが出来ました。
やはりこの子は他の2頭よりもおっとりしているのだと思います。
この子も抱っこされ馴れてきた感じです。
このくらいのうちに、一日も早く家庭で人との生活に馴れさせてあげたいです。
f0078320_2020291.jpg
f0078320_2021177.jpg
f0078320_20213577.jpg
f0078320_2022951.jpg






※10/6よりレポート登場 (10/2収容)
▼茶(背中・しっぽ黒) メス 2ヵ月 2-3キロ
この子は先週から比べると随分マズルが長くなり、
大分赤ちゃん顔から脱却しつつあるように思えました。
もう1頭の茶色の子と同様に後ろ足をピーンと伸ばす癖がありましたが、
この子も今日はその体勢にはなりませんでした。
少しずつですが、人馴れ、抱っこ馴れしてきているようです。
f0078320_2025264.jpg
f0078320_2026285.jpg
f0078320_20263359.jpg
f0078320_20273575.jpg




レポートはパート3 に続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る