ブログ

 「バリケードに閉ざされる命たち~福島県」

福島県の事
覚えてますか?
忘れていませんか?

「国有化区域」
国はこの中でいったい何をするのか?
逆に何をしても国民にはわからない。

そんな事は知り得ないのでどーでも良い。
それよりも、その中に取り残されてしまう猫たちがいます。

その猫たちを何とか救いたいと
今も活動を続ける個人&団体があります。

その中の一つ
「犬猫救済の輪 活動ドキュメンタリー」より

定点カメラを設置して被災猫たちの様子を把握しようとしています。


2015年12月中旬~2016年1月中旬までの
1ヶ月間、立ち入りができなくなり
その間、猫たちは寒さと飢えを乗り越えなければなりません。

PICT5035s.jpg
↑写真出展元:http://goo.gl/ED0Kh0

その前に猫たちを保護しようと必死です。
万が一、保護できなかった場合のために
1ヶ月間、しのぐだけのフードを用意したいと書いてます。

大量のフードが必要になります。
一人の力は小さくても、それが集まれば
大きな力になります。

まずはフードの支援をお願いします。
送付先や必要な物のリストは下記のブログ記事に
書かれています。


 ☆福島 厳しい冬に一か月間フードを届けられない区域、バリケードの中に取り残された被災猫達を救いたい。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-5165.html

☆次回ボランティア連携福島被災動物救済活動 11月27日(金)~11月29日(日)


結局、国は被災どうぶつ達の為には何もしなかった。
これからも未来も何もしないでしょう。
どうぶつ達には1円も出さない国はバリケードを作るために
大金を使う。
海外に金をばらまく。

日本って国は本当にどうぶつ達に
優しくない国だと思います。


国の偉大さ、道徳的発展は、 その国における動物の扱い方で判る。
byマハトマ・ガンジー



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング


犬猫自然食本舗




スポンサー




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: 「殺処分0を目指す全国保健所一覧」

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る