部屋に入ると、いつものように隅に身を寄せ不安な表情にはなりましたが、
それでも下がりきった尻尾の先を一生懸命に振ってくれました。

今のこの子のいっぱいいっぱいの気持ちが伝わって来て
切ない気持ちになりました。

f0078320_0472863.jpg
f0078320_0475195.jpg
f0078320_0481226.jpg
f0078320_1201830.jpg
ケージの外に出るのはまだ怖いようで、力が入り拒否はしましたが、
パニックになるほどではなく出てきてくれました。

暫く声をかけながら撫でている間に失禁してしまう位緊張していましたが、
怖さから転じて歯を当ててくるようなことは一切なく、
人の手をちゃんと受け入れてくれました。

f0078320_0482789.jpg
f0078320_0484373.jpg
f0078320_050058.jpg
f0078320_0505051.jpg
緊張が少しだけ緩むと表情が心なしか変わり、
本来の美しいお顔がちらっと見えました。

この子は、家庭に入り人と接する時間が長くなれば、
急速に人馴れも進み目を引くようなハンサムな子に変わると思います。

どうか、一日でも早く人の側で生活が出来ますよう祈っています。





先週は収容室3に居ました。
*3/15日からレポート登場(3/8収容)
▽茶白 メス 8歳~? 10キロ弱

見た目にはシニアに見えるのですが、歯は付け根は汚れて居ましたが
それ以外の白い部分はシニアには達していないように思えた白さでした。

f0078320_1495095.jpg
f0078320_1521753.jpg
f0078320_1523695.jpg

今のところとても落ち着いた子で、シニアに見えたかと思えば、
時折見せる表情にはあどけなさも感じる子で、
何とも言えない魅力を持った子です。

f0078320_252689.jpg
f0078320_156342.jpg

抱っこも力を抜いて身体を預けてくるほど慣れて居ますから、
これまでも可愛がられては居たのでしょうに
なぜ今この子はセンターに居るのでしょう。

f0078320_1535982.jpg
どれだけ子供を産んで育てて来たのかと思えるようなお乳をしています。
お産のせいでしょうか?前歯が数本抜けています。


この子から感じる不思議な癒し効果は独特でした。
犬とのんびり過ごしたい家族様には、
とても良いパートナーになりそうな子だなと感じました。




レポートは、パート5に続きます。


" />

... TOPIX

3/22センターレポート パート4      ②

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



3/22訪問レポート パート3からの続きです。

問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。


こちらでは、C部屋に居た2頭の子達を紹介します。





*3/1レポートより登場(2/18日収容)
▽白 オス 4-5歳? 5-6キロ

先週のレポートで、尻尾を振るようになったと書かれて居ました。
この日は人手もあったので、少し時間をかけて接してみました。 
f0078320_0364596.jpg


部屋に入ると、いつものように隅に身を寄せ不安な表情にはなりましたが、
それでも下がりきった尻尾の先を一生懸命に振ってくれました。

今のこの子のいっぱいいっぱいの気持ちが伝わって来て
切ない気持ちになりました。

f0078320_0472863.jpg

f0078320_0475195.jpg

f0078320_0481226.jpg

f0078320_1201830.jpg

ケージの外に出るのはまだ怖いようで、力が入り拒否はしましたが、
パニックになるほどではなく出てきてくれました。

暫く声をかけながら撫でている間に失禁してしまう位緊張していましたが、
怖さから転じて歯を当ててくるようなことは一切なく、
人の手をちゃんと受け入れてくれました。

f0078320_0482789.jpg

f0078320_0484373.jpg

f0078320_050058.jpg

f0078320_0505051.jpg

緊張が少しだけ緩むと表情が心なしか変わり、
本来の美しいお顔がちらっと見えました。

この子は、家庭に入り人と接する時間が長くなれば、
急速に人馴れも進み目を引くようなハンサムな子に変わると思います。

どうか、一日でも早く人の側で生活が出来ますよう祈っています。





先週は収容室3に居ました。
*3/15日からレポート登場(3/8収容)
▽茶白 メス 8歳~? 10キロ弱

見た目にはシニアに見えるのですが、歯は付け根は汚れて居ましたが
それ以外の白い部分はシニアには達していないように思えた白さでした。

f0078320_1495095.jpg

f0078320_1521753.jpg

f0078320_1523695.jpg


今のところとても落ち着いた子で、シニアに見えたかと思えば、
時折見せる表情にはあどけなさも感じる子で、
何とも言えない魅力を持った子です。

f0078320_252689.jpg

f0078320_156342.jpg


抱っこも力を抜いて身体を預けてくるほど慣れて居ますから、
これまでも可愛がられては居たのでしょうに
なぜ今この子はセンターに居るのでしょう。

f0078320_1535982.jpg

どれだけ子供を産んで育てて来たのかと思えるようなお乳をしています。
お産のせいでしょうか?前歯が数本抜けています。


この子から感じる不思議な癒し効果は独特でした。
犬とのんびり過ごしたい家族様には、
とても良いパートナーになりそうな子だなと感じました。




レポートは、パート5に続きます。


関連記事

ページ上部へ戻る