... TOPIX

永遠に一緒に

HOUSE.jpg


2016年4月16日より英国内の犬はすべてマイクロチップの装着が
義務付けられることになりましたが、英国最大の犬の福祉チャリティ団体
ドッグ・トラストの協力により、
英国内の犬はすべて無料!
(法を守らない場合は500ポンドの罰金)

以下は政府広報ページより抜粋

パターソン環境庁官談

「犬を愛する我が国としては、何千もの犬が通りをうろつき、
犬舎に閉じ込められている状況を恥としましょう。
これは飼い主が見つからないからであります。

私はこの状況に終止符を打ち、新しい家を見つけようと
日夜奔走するチャリティ団体や行政機関の重圧を緩和することを決意しました。

マイクロチップをすれば、飼い主はどれだけ心の平穏を保てるでしょう。
迷子になったり盗まれたりしても、飼い主の元へ速やかに戻るチャンスは高いのです。
しかもドッグ・トラストの協力で
英国内のすべての犬は無料でこのサービスを受けることができるのです」

現在、英国内には800万匹のペット犬がいる。
そのうちの60%はすでにチップは入っているが、
残りの犬は全国にある18か所のドッグ・トラストで埋め込むことができる。
また地域の行政機関、住宅相談所、獣医でもドッグ・トラストの協力により、
そこでも無料で受けられる。

またバタシー・ドッグス・アンド・キャッツホームも
3か所のセンター内で、
ブルー・クロスも全国の16の動物病院で
無料マイクロチップを提供している。

クレア・ホートン バタシー・ドッグス・アンド・キャッツ・ホーム所長

「犬が迷子になったときの飼い主の心配は言葉に表せません。
しかし米粒のような小さな小さなマイクロチップがあれば、
私たちは数時間で飼い主の元に届けることができるのです。
今回の政府の英断を心より歓迎します」

次はドッグ・トラストのホームページ

マイクロチップは犬が迷子になったり、盗まれたときに
飼い主の元へ健康で無事に戻ってくる可能性をあげてくれるだけでなく、

●仔犬のブリーダーを追跡することができるので、
仔犬農場での問題、感染症や遺伝的な問題を軽減することができる

●犬泥棒に二の足を踏ませる

●行政機関が飼い主に「犬を飼うことの責任」を教育をすることができる

●動物を虐待する悪い飼い主を識別できる

●獣医が緊急時に飼い主に連絡できる

●災害時や事故のときに飼い主と犬が離れ離れになっても
容易に元に戻ることができる

今回の法制化は非常に大切な動きであるゆえ、コストはかかるが、
ドッグ・トラストはそのための資金は協力する決意である。

しかしマイクロ・チップだけでなく、
犬は飼い主の名前と住所と電話番号を記した首輪を装着することも
法律で義務化されていることをお忘れなく。



DOGTRUST.jpg


実は先週の土曜日、散歩中犬とはぐれてしまったのですが、
その10分ほどの間、飛び出しそうな魂を押さえつつ、
普段はしおしおと足を運ぶ私がのしのしと大地を踏みしめ
探しまくりました。
マイクロチップと名札がある。それを頼りに、あとは事故に遭わないように
さらわれないようにと念を送っていました(どこに)

家に戻っているに違いないと一度戻ってみたものの
そこに犬の姿がなかったとき、気絶したかったです。

公園に戻り、次にすべき事を考えながら、
当たり構わず野太い大声で名前を叫び続けました。

そして心細げな後頭部が
草の間から覗いているのを発見したときは
自分と犬の大いなる幸運と恵みを感謝しました。

マイクロチップと名札でフル装備していながらもこの動揺ぶりですので
個体識別グッズがない犬がいなくなってしまったら、
想像するのも苦痛です。

犬は逃げる。意図せずともいなくなるということを念頭におき
飼い主はできるだけのことをしていかなければならないと思います。


関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る