いつも思うことですが、このような幼犬が収容されると
母犬はどうしているのだろう?と心配になります。
その母犬に不妊手術を施さない限り
またこの子たちのような子が増えてしまう・・・。
母犬も連続して妊娠出産することは決して良いことではありません。
母体にも負担がどんどん大きくなっていきます。
この子たちもこうして捕獲されたものの、
誰にも見つけてもらえなければ、命の危険もあったはずです。


センターに収容される子で、全くの野生だった子はほとんどいません。
人に飼われていて何らかの理由で迷子になった場合も、
不妊手術がなされていなければ放浪している間に
妊娠して子犬を出産してしまいます。

どうか、お宅で飼っている子が迷子にならないよう
しっかりと脱走対策をしていただくことと、
こういう不幸な子犬たちを増やさないために、
そして母犬の負担や病気予防のためにも
不妊手術を必ずしてあげてください。
オス犬も同様に去勢手術をしてあげてください。






※6/21レポート初登場
▽薄茶黒 オス  2-3ヵ月  2-3キロ
この子だけは他の3頭とは違うところでの収容だと
思われます。
元気もよく、抱っこも嫌がりませんでした。
人馴れは問題ありません。
f0078320_0234226.jpgf0078320_024320.jpgf0078320_0242538.jpgf0078320_0244375.jpgf0078320_025992.jpg




※6/21レポート初登場
▽白茶黒 メス  2-3ヵ月  2キロ未満?
体中にうんちがくっついてしまっており、
毛も少ないのに固まってしまっている部分もあり、
状態は良くありません。
3頭の中ではこの子が一番肌の状態はましでしたが
それでもかなり体毛は薄く、地肌が見える状態です。
f0078320_0314977.jpgf0078320_032888.jpgf0078320_0323088.jpgf0078320_033126.jpgf0078320_0334383.jpg




※6/21レポート初登場
▽茶黒(顔の部分黒多い) オス  2-3ヵ月  2キロ未満?
この子が一番状態が悪く、肌がほとんど見えているような状態です。
背中も頭のてっぺんまでもがはげてしまっていて、
その影響からか体もかなり熱く感じました。
それでもすぐに抱っこすることも出来ましたし、
素直そうな感じがしました。
少し怖かったのか、何度もビビリしょんをしてしまいました。
f0078320_0383389.jpgf0078320_0385873.jpgf0078320_0393080.jpgf0078320_0395626.jpgf0078320_0402238.jpgf0078320_0404446.jpg




※6/21レポート初登場
▽茶黒 オス  2-3ヵ月  2キロ未満?
この子だけがとても警戒心が強く、
捕まえようとしても逃げ回り、抱き上げようとすると
怖くて口が出てしまいました。
抱き上げると緩いうんちがたくさん出てしまいました。
一番臆病な子のようですが、
何をされるかわからないと思って必死になるのは
自己防衛本能だと思います。
この子も皮膚の状態は良くありません。
背中は上記の子と同様に毛がうっすらと生えている状態です。
f0078320_0472331.jpgf0078320_0474450.jpgf0078320_048103.jpgf0078320_0491888.jpgf0078320_049518.jpg




レポートは続きます。


" />

ブログ

6/21センターレポート E部屋プール内子犬  4頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。




問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。
(幼犬は2頭以上での預かり先のみ募集となります)





今日はE部屋のプール内に、子犬4頭が収容されていました。

4頭中の3頭が同じ場所から捕獲されてきた子たちですが、
3頭共非常に皮膚の状態が悪く、下痢気味で
一日も早く個別にケアしてあげたい子たちばかりです。
f0078320_0582641.jpg




いつも思うことですが、このような幼犬が収容されると
母犬はどうしているのだろう?と心配になります。
その母犬に不妊手術を施さない限り
またこの子たちのような子が増えてしまう・・・。
母犬も連続して妊娠出産することは決して良いことではありません。
母体にも負担がどんどん大きくなっていきます。
この子たちもこうして捕獲されたものの、
誰にも見つけてもらえなければ、命の危険もあったはずです。


センターに収容される子で、全くの野生だった子はほとんどいません。
人に飼われていて何らかの理由で迷子になった場合も、
不妊手術がなされていなければ放浪している間に
妊娠して子犬を出産してしまいます。

どうか、お宅で飼っている子が迷子にならないよう
しっかりと脱走対策をしていただくことと、
こういう不幸な子犬たちを増やさないために、
そして母犬の負担や病気予防のためにも
不妊手術を必ずしてあげてください。
オス犬も同様に去勢手術をしてあげてください。






※6/21レポート初登場
▽薄茶黒 オス  2-3ヵ月  2-3キロ
この子だけは他の3頭とは違うところでの収容だと
思われます。
元気もよく、抱っこも嫌がりませんでした。
人馴れは問題ありません。
f0078320_0234226.jpg
f0078320_024320.jpg
f0078320_0242538.jpg
f0078320_0244375.jpg
f0078320_025992.jpg





※6/21レポート初登場
▽白茶黒 メス  2-3ヵ月  2キロ未満?
体中にうんちがくっついてしまっており、
毛も少ないのに固まってしまっている部分もあり、
状態は良くありません。
3頭の中ではこの子が一番肌の状態はましでしたが
それでもかなり体毛は薄く、地肌が見える状態です。
f0078320_0314977.jpg
f0078320_032888.jpg
f0078320_0323088.jpg
f0078320_033126.jpg
f0078320_0334383.jpg





※6/21レポート初登場
▽茶黒(顔の部分黒多い) オス  2-3ヵ月  2キロ未満?
この子が一番状態が悪く、肌がほとんど見えているような状態です。
背中も頭のてっぺんまでもがはげてしまっていて、
その影響からか体もかなり熱く感じました。
それでもすぐに抱っこすることも出来ましたし、
素直そうな感じがしました。
少し怖かったのか、何度もビビリしょんをしてしまいました。
f0078320_0383389.jpg
f0078320_0385873.jpg
f0078320_0393080.jpg
f0078320_0395626.jpg
f0078320_0402238.jpg
f0078320_0404446.jpg





※6/21レポート初登場
▽茶黒 オス  2-3ヵ月  2キロ未満?
この子だけがとても警戒心が強く、
捕まえようとしても逃げ回り、抱き上げようとすると
怖くて口が出てしまいました。
抱き上げると緩いうんちがたくさん出てしまいました。
一番臆病な子のようですが、
何をされるかわからないと思って必死になるのは
自己防衛本能だと思います。
この子も皮膚の状態は良くありません。
背中は上記の子と同様に毛がうっすらと生えている状態です。
f0078320_0472331.jpg
f0078320_0474450.jpg
f0078320_048103.jpg
f0078320_0491888.jpg
f0078320_049518.jpg





レポートは続きます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る