... TOPIX

われわれは肉をボイコットすべきか ―集約的畜産の倫理的是非-

秋田県立大学総合科学教育研究センターが主催する『秋田哲学塾』。秋田哲学塾は、中学生以上のあらゆる世代を対象とした公開講座ですので、中学生以上であればどなたでも参加ができます(申し込み必要)。

これまでも、キェルケゴールやウィトゲンシュタイン、ニーチエ、カントといった哲学者の思想についての講座が開かれてきました。

第5回目の秋田哲学塾となる2016年9月25日(日)は、
「われわれは肉をボイコットすべきか―集約的畜産の倫理的是非―」
というテーマで行われます。

講師は動物倫理の第一人者京都大学の伊勢田哲治先生と、NPO法人アニマルライツセンター代表理事の岡田千尋氏。
その後、聴講者を交え、このテーマについてディスカッションが行われます。
動物の倫理学と、集約的畜産(工場畜産)の現実を知った上で、「肉」の問題、命の問題を考えるきっかけにして下さい。
第5回秋田哲学塾 チラシ.pdf
日時
9月25日13:30~16:30
場所
カレッジプラザ
010-0001 秋田市中通2丁目1-51 明徳館ビル2階 カレッジプラザ
(電話:018-825-5455)
講師
京都大学大学院文学研究科准教授 伊勢田哲治
NPO法人アニマルライツセンター代表理事 岡田千尋
主催
秋田県立大学 総合科学教育研究センター

お申し込み・お問い合わせ

秋田県立大学総合科学教育研究センターakitatetsugakujuku■hotmail.com(■は@に置き換えてください)へ、郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号(メールアドレスでも可)・職業をご記載の上お申し込み下さい。
メールでお申し込みの場合
akitatetsugakujuku■hotmail.com(■は@に置き換えてください)へ
電話でお申し込みの場合
018-872-1500(大学事務局)または018-872-1552(鈴木研究室直通)へ


201607281406_1.jpg



このチラシのデザインが秀逸です。肉を食べるために必ず通らなくてはならない命を奪うということを表しています。

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る