ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

葛西臨海水族園へ要望

葛西臨海水族園で魚が大量死。

2014年12月に165匹いたクロマグロやスマ、ハガツオが大量死し、2015年1月にはたった3匹。そして3月にはクロマグロたった一匹になってしまいました。
その原因もわからないまま、5月に追加投入されたスマ29匹のうち12匹が死んでしまっています。12匹は全て水そうに衝突し、頭や背中に骨折していたそうです。
そして6月、やはり原因がわからないまま、葛西臨海水族園の目玉商品である絶滅危惧種のクロマグロ77匹が投入されました。
魚は使い捨てできる「モノ」なのでしょうか?そうではないはずです。魚も私たちと同じようにかけがえのない命です。消耗品ではありません。

海などから強制的に連れてこられた魚が、水族館の狭い水そうへの投入時には、かなりの数が死んでしまいます。それは珍しいことではありません。

水族館にいる動物たちは自然な姿ではありません。
葛西臨海水族園のエイを触ることができる「タッチフィーリン」ではエイの毒のトゲが切断されています。
同水族館に展示されているツルとコウノトリは、逃げないように羽が切られています。
マグロは本来なら広い海原をあちこち移動してその行動範囲は数千キロにも及びます。しかし葛西臨海水族園の水そうではたった40mしか移動できません。ドーナツ型の水槽を半周して、また戻るという動きを繰り返します。死んだマグロの半分以上が脊椎を骨折しており、ガラスなどに激突したことが直接の死因だと言われています。水槽は魚たちにはあまりに狭すぎます。

2015.7.4

葛西臨海水族園へ質問書を送りました。

拝啓
貴園におかれましては時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
私たちアニマルライツセンターは、動物と人との穏やかな共存を目指すNPO法人です。
このたび、貴園における魚類の扱いについて、動物愛護の観点から2点伺いたいことがあり、ご連絡差し上げました。

1. 2012年に改正された動物愛護管理法の(基本原則)の部分には、次の一文が追加されています。
「何人も、動物を取り扱う場合には、その飼養又は保管の目的の達成に支障を及ぼさない範囲で、適切な給餌及び給水、必要な健康の管理並びにその動物の種類、習性等を考慮した飼養又は保管を行うための環境の確保を行わなければならない。」
貴園では2014年末から2015年1月にかけて、クロマグロが大量に死亡しています。そしてその原因が特定できぬまま、2015年6月、新たなマグロが投入されています。
魚類は罰則対象ではありませんが、動物愛護管理法の(基本原則)の部分は魚類にも適用されます。「環境の確保」ができていないにもかかわらず、2015年6月にマグロを投入した理由をお聞かせください。

2. 2015年6月に投入したマグロがまた大量死し原因が特定できない場合、また新たにマグロを投入される可能性があるかどうか、お聞かせください。

お手数ではございますが、書面(郵便またはFAX)あるいは電子メールにてご回答いただければ幸甚です。
以上、何卒、よろしくお願い申し上げます。

敬具

2015年7月3日

特定非営利活動法人アニマルライツセンター


*2015年7月11日に回答をいただきましたが、「貴信あてへの回答であって、広く公開するためのものではないので、公開は遠慮して欲しい」とのことでしたので、公開いたしません。
葛西臨海水族園の魚の扱いを気にかけていらっしゃる市民の方は、アニマルライツセンターまでご連絡いただければ個別に回答内容をお知らせします。

2015.7.12

葛西臨海水族園前デモを行いました。


image

2016.8.2

葛西臨海水族園は、2014年11月以降に発生した謎の大量死を乗り越えて唯一生き残ったクロマグロが死んだと発表。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: NPO法人アニマルライツセンター 毛皮、動物実験、動物虐待、工場畜産、犬猫殺処分などをなくしエシカルな社会への更新情報

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る