ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

「海の生き物を水槽に入れないで!イルカショーに行かないで」キャンペーン

2016年10月23日(日)

第二弾のキャンペーンを行いました。
20数名とともに、水族館の狭いプールにイルカを閉じ込めることの残酷さを訴えました。


参加者が刷って持ってきてくれた手書きの漫画も配布させていただきました。


2016年8月28(日) 

東京・渋谷駅ハチ公付近で、水族館問題の象徴とも言えるイルカの問題をメインに、海の生き物を水槽に監禁し、不自然なショーをさせる水族館に抗議の声を上げるアクションを行いました。





渋谷で途中で雨が降ったりもしましたが、パネルを掲げ続けた参加者の姿に思いの強さを感じました。
野生の生き物を捕獲し、展示に利用する上に芸を仕込んでショーをさせる。
考えればおかしなことなのです。
水族館の飼育員や担当者は、イルカやアザラシのショーは
「運動不足解消のため。退屈させないため。ショーは動物のためにもなる。」
などと判を押したように必ず言います。
しかしそのような環境に動物を入れたのは人間の方です。

アザラシなどは「釣り針に絡まっていた個体を保護した。漁師に邪魔者扱いされているのを保護した。」という水族館の言い分ですが、保護した動物に擬人化した受け狙いの芸を仕込むのはやはりおかしな感じがします。
せっかく保護したのなら、運動不足や退屈をしない環境を整えるのが先決ではないでしょうか。
さらには、野生での彼らの生息地を保護し、野生に返すのが最優先のはずです。

イルカの繁殖に力を入れるという水族館の動きもあります。
しかし、日本でのイルカの繁殖の成功率はたったの10パーセントと非常に低く、母子が生命の危険にさらされます。
子どもを失った母親のイルカは何日も嘆き悲しみ続けるのです。
また、水族館生まれのイルカは神経質な面があるのだそうです。
繁殖だから良いということは決してなく、大海を知らないまま一生を送るイルカを増やすべきではありません。

ご参加いただいたみなさま。
応援してくださったみなさま。
どうぞ風邪などひかぬよう、お気をつけください。
ありがとうございました。

野生の生き物は野生のままに。
イルカは野生のままに。

(報告:Mibi Akiko)
この日のその他の写真
https://www.flickr.com/photos/animalrightscenter/albums/72157673068687065
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: NPO法人アニマルライツセンター 毛皮、動物実験、動物虐待、工場畜産、犬猫殺処分などをなくしエシカルな社会への更新情報

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る