事件そのものよりも、
犯罪心理の観点からの報道でした。

 
虐待する人物像は
大きく3つのパターンになります。

①少年タイプ
動物の世話の仕方がわからない
器物損壊の行為と同様

②DV体験タイプ
家庭内で身体的虐待を受けた経験

③半社会性タイプ
他人への共感性が欠けている

この③が最も危険で、
脳の働きの欠陥などの場合
更生が困難とのことでした。




米国の学者の調査では、
動物虐待を行うのは
30-40代が全体の40%をしめます。

虐待の手口で、
動物を切断したり、拷問するのは
10代後半~20代前半の比率が高いそうです。




「小学校に猫の首」で
思い浮かぶのが
酒鬼薔薇事件 
もう18年も前の事件です。

最近では、
佐世保の同級生殺害の少女

両件ともに、
人を殺める前に、
猫を殺しています。

猫殺しの時点で、
適切な対応をしていれば、
人への殺害を防げたのではないか

という反省から
動物虐待への関心が
高まってきています。

 
報道の最後は

たかが小動物の死と
軽んじることなく
事件があれば通報し、

地域社会と事件を共有し
一人一人の
防犯の
意識を高め
安全のために目を光らせることが大切

と締めくくりました。



練馬区では
警察とは別の
防犯パトロール体制もありますし、

「〇〇町〇丁目付近で
変質者が子供を追いかけた」
などのトラブルがあれば、すぐに
メール配信するサービスもあります。

警察だけをあてにするのではなく
自分達の町は
私たち一人一人が守るという
意識を高めていくことが大切です。




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆  

第二回 ねりまねこ@ねこかつ
残席わずか!

日時5月16日(土)18:00~20:00
場所:川越 保護猫カフェねこかつ

対象は、

①地域猫活動に興味のある未経験者
②地域猫活動の超初心者

定員:20名
参加費用:1000円

予約制

①参加者氏名
②人数
③地域猫活動やTNR活動の経験の有無
④居住市町村

cafe_nekokatsu@yahoo.co.jp

までメールにて予約をお願いします。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


カッパちゃん写真展@目黒

5月22日(金)~31日(日)
平日:12:00-19:00
土日:11:00-19:00


Coruja(コルジャ)
目黒区大橋2-6-18
03-6671-4584

フェイスブックはこちら  


 

どうぞよろしくお願いいたします。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


「飼い主のいない猫の対策」を広めるために、ランキングに参加中です。
ポチ、ポチ、ポチっと、クリックの応援よろしくお願いします!

 
 
" />

ブログ

【追記】練馬区・猫の死骸について

練馬区ホームページのお知らせに
3件の猫の事件が掲載されています。

4月9日(木)
旭丘小学校(旭丘二丁目)内に、首を切られた猫の死骸

4月15日(水)
練馬区旭丘一丁目の路上で、猫の死骸

4月25日(土)
開進第三小学校(桜台2丁目)の校門付近に猫の死骸


学校付近で起きたので、
安全を重視し、公開されましたが、
同じ事件が別の場所なら
ニュースにならなかったでしょう。

路上に猫の死体があって
警察に通報したとすれば
交通事故死として処理される
ケースがほとんどではないでしょうか。

私も過去に
猫の首を切断した話を2件
聞いていますが、
(時期も場所も異なり、同一犯の可能性は低い)

一件はすぐに埋葬してしまい
もう一件は通報してそれきりです。

実際に見聞きした人以外に
情報が広がることはありませんでした。

それどころか、
小動物を殺す変質者がいることを
地域住民が知っていながら
恐れて注意できない実情もあります。

やはり人々の意識の中で
小動物の死が
軽んじられていると感じました。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

昨日、テレビ朝日
ワイドスクランブルで
この件の報道がありました。

4月26日(日)には、隣の板橋区で
鳩の死骸が発見されたそうです。

近くで起きた猟奇事件なので
並べて紹介していましたが、

コメンテーターとの学者は
板橋と練馬の事件は
場所も対象も異なるので
同一犯とする根拠に乏しいと
冷静なご意見でした。

 
事件そのものよりも、
犯罪心理の観点からの報道でした。

 
虐待する人物像は
大きく3つのパターンになります。

①少年タイプ
動物の世話の仕方がわからない
器物損壊の行為と同様

②DV体験タイプ
家庭内で身体的虐待を受けた経験

③半社会性タイプ
他人への共感性が欠けている

この③が最も危険で、
脳の働きの欠陥などの場合
更生が困難とのことでした。




米国の学者の調査では、
動物虐待を行うのは
30-40代が全体の40%をしめます。

虐待の手口で、
動物を切断したり、拷問するのは
10代後半~20代前半の比率が高いそうです。




「小学校に猫の首」で
思い浮かぶのが
酒鬼薔薇事件 
もう18年も前の事件です。

最近では、
佐世保の同級生殺害の少女

両件ともに、
人を殺める前に、
猫を殺しています。

猫殺しの時点で、
適切な対応をしていれば、
人への殺害を防げたのではないか

という反省から
動物虐待への関心が
高まってきています。

 
報道の最後は

たかが小動物の死と
軽んじることなく
事件があれば通報し、

地域社会と事件を共有し
一人一人の
防犯の
意識を高め
安全のために目を光らせることが大切

と締めくくりました。



練馬区では
警察とは別の
防犯パトロール体制もありますし、

「〇〇町〇丁目付近で
変質者が子供を追いかけた」
などのトラブルがあれば、すぐに
メール配信するサービスもあります。

警察だけをあてにするのではなく
自分達の町は
私たち一人一人が守るという
意識を高めていくことが大切です。




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆  

第二回 ねりまねこ@ねこかつ
残席わずか!

日時5月16日(土)18:00~20:00
場所:川越 保護猫カフェねこかつ

対象は、

①地域猫活動に興味のある未経験者
②地域猫活動の超初心者

定員:20名
参加費用:1000円

予約制

①参加者氏名
②人数
③地域猫活動やTNR活動の経験の有無
④居住市町村

cafe_nekokatsu@yahoo.co.jp

までメールにて予約をお願いします。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


カッパちゃん写真展@目黒

5月22日(金)~31日(日)
平日:12:00-19:00
土日:11:00-19:00


Coruja(コルジャ)
目黒区大橋2-6-18
03-6671-4584

フェイスブックはこちら  


 

どうぞよろしくお願いいたします。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


「飼い主のいない猫の対策」を広めるために、ランキングに参加中です。
ポチ、ポチ、ポチっと、クリックの応援よろしくお願いします!

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ねりまねこ・地域猫

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る