... TOPIX

「殺すために獣医師になったんじゃない!自治体職員の苦悩」

最近はあまり聞かなくなりましたが
数年前まではよく「犬猫を殺さないで!」と
保健所に電話をする方が多かったです。

でも保健所が犬猫を殺すのではなく
その命を捨てた元飼い主が殺しているんだと
いう事を理解してもらいたかったのです。

11165307_507772976044488_1936550204773606315_n.jpg

レスキューする愛護団体や個人ボラさんの想いは
よく記事になりますが自治体側の苦悩が記事にされる事は
珍しいです。
(最近、増えてきましたが)

全文、書き起こしをしてくださった方が
いましたので長文ですが転載します。

---------------記事全文---------------
犬猫処分 実態知って
殺すために獣医師になったんじゃない

13年度は12万8千匹
自治体職員の苦悩続く

 自治体が2013年度に殺処分した犬猫の数は約12万8千匹だった。
愛護意識の高まりで減少傾向にあるものの、毎日約350匹が処分されている計算だ。
昨年は小型犬が大量に捨てられる事件も起きた。
「実態を知ってほしい」。自治体で処分に携わる職員の苦悩は続く。

捨てられた犬や猫を引き取った自治体は、譲渡先を探す。
最近は愛護団体と協力して新たな飼い主を見つける活動が奏功し、
札幌、熊本両市は14年度の犬の処分がなく、
神奈川県(横浜市など除く)は犬猫ともゼロを達成した。
しかし、多くの自治体では人員と飼育場所に限界があり、「ゼロ」はほど遠い。

罪の意識
 高知市にある中央小動物管理センターでは、
県と市が委託した企業の社員が二酸化炭素(CO2)ガスで殺処分している。
14年まで約7年働いた野村笹乃さん(28)は、
苦しむ犬や猫を見て罪の意識を抱えてきた。
「どんな思いだったか知ってほしい」と訴える。
 野村さんは、命を救うためには動物好きの行動が鍵とみる。
好きだからと野良猫に餌をやれば繁殖し、
鳴き声やふんに困った人が処分を依頼する。
悪循環をよそに、餌をやった本人は増えた猫の世話や掃除はしない。
「地域で掃除や避妊去勢に取り組めば助かる命は多い」。
野村さんは退職後、小動物看護師や訓練士の資格を取った。
飼い主と動物に手厚く対応できる力を生かし、殺処分を減らすのが目標だ。

「ごめんな」。3月、山口県下関市の動物愛護管理センター、
和田?夫センター長(56)=当時=は、猫4匹に声を掛け
、「麻酔薬注入」のスイッチを押した。薬が処分質に充満すると意識を失い、30分ほどで息絶えた。

「安楽殺」
 環境省によると、自治体の殺処分は、CO2ガスで窒息させるか
、麻酔薬の注射が主流。
ガスは酸素が薄くなり大きな苦痛を伴うとされ、
注射は匹ずつのため獣医師の負担が大きい。
 下関市は09年、約10億円をかけて麻酔薬を吸わせる今の施設をつくった。
以前は筋弛緩薬を注射しており「殺すために獣医師になったんじゃない」と漏らす職員もいた。
 和田さんは「人と動物の負担を和らげる意味は大きいが、
あくまで安楽死でなく『安楽殺』だ」と語る。
夜には泣きわめく犬や猫が夢に出た。
「慣れるとおかしくなりそう」と悩み、4月の異動でセンターを去った。
 全国初の再額は県獣医療チームを結成するなど、
動物のケアに携わる福岡県獣医師界の船津敏弘さん(58)は
「臭い物として殺処分の現実にふたをしているのが今の社会だ」と指摘。
癒やしを求めるだけでなく、社会全体で動物を守る責任があると話した。
-------------------記事全文ここまで----------------

記事中にある「野村 笹乃さん」は
チーム殺処分0とも連携を取っている方です。

リンク先に野村笹乃さんの想いが書かれています。
良ければご覧ください。
https://goo.gl/dmG3yF

殺処分ゼロを達成する為には
自治体だけが頑張っても愛護団体だけが頑張っても
また個人ボラさんだけが頑張っても達成はされません。

お互いがお互いの立場を尊重し合いながら
連携していかなければならないと思っています。
安易な自治体の批判や中傷は何も得られません。

このブログは自治体との連携が必要不可欠だと思い
それを目的に開設されたブログです。





捨て犬・保護犬 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






日本最大の動物病院通販サイト
「本間アニマルメディカルサプライ GOLD」では
ペット食事療法食、医薬品など多数の人気商品が満載!
世界中の安全で人気が高い商品を多数取り扱っています。




関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る