f0078320_2250106.jpgf0078320_22501561.jpgf0078320_2250248.jpgf0078320_22503062.jpgf0078320_22503555.jpgf0078320_22504080.jpg
穏やかな男の子に合わせて見たのですが、あまり気に入らなかったのか
ウウ~と低く唸っていました。
喧嘩に発展するほどではありません。
他犬は少し苦手なようで、ケージ越しに吠える場面も見られましたが
深刻ではないように見受けられました。





※9/13よりレポートに登場 (9/1収容)
▽白・薄茶 メス 6歳くらい 12-13キロ

いつもケージの扉を開けると
奥で唸っていて、少し手を近づけようとすると
さらに興奮させてしまうので、無理強いは今のところ止めています。
f0078320_22521075.jpgf0078320_22522214.jpgf0078320_22522751.jpg
f0078320_2355328.jpg
柵越しにおやつを与えてみたら
ちゃんと手から食べました。
これはいい兆候だと感じましたので
食べ物を上手く使って少しも警戒心を和らげられるようにしてみようと思います。






※10/4よりレポートに登場  (9/26収容)
▽薄茶白 メス 8-10歳 6-7キロやせぎみ(適正8-9キロ)

先週のオドオドした感じが無くなり
落ち着いたテンションで接することができるようになっていました。
おやつもよく食べ、体調は悪くなさそうです。
右眼にイボのようなものができていますが
目ヤニも多いので怪我をしているように見えますが
目そのものは問題なく見えています。
f0078320_22551444.jpgf0078320_22551933.jpgf0078320_22552384.jpgf0078320_22552862.jpgf0078320_2255325.jpg





※10/11レポート初登場 (9/30収容)
▽黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度野良に近い生活をしていた子だと思われます。

毛はとてもきれいでツヤツヤしていて
痩せてもいませんので、人から食べ物は貰っていたようです。
触れられること自体には慣れておらず
体中こわばらせ、神経を張り巡らしていて
触る度にビクッ、ビクッと反応していました。
f0078320_2323876.jpg
f0078320_2331356.jpgf0078320_2332099.jpgf0078320_2332564.jpgf0078320_2333036.jpgf0078320_2333411.jpg
攻撃的な面は見受けられません。
抱き上げたり口の中を見ても、ただ固まるだけでした。
1-2歳と若い子なので、まだまだ柔軟性があると思います。
家庭に入り、人のそばで暮らすことができれば
家庭犬への変化は比較的早いのでは・・と思われます。




※9/6よりレポート登場 (8/29収容)  
▽黒茶 オス 5-7歳 14-15キロ

私たちが他の子を見ていると
早くこっちに来て!とアピールしてきます。
外に出すと嬉しそうに動き回り実に楽しそうです。
活発な子が一日の大半を個別ケージの中で過ごすので無理もありません。
おやつも大好きで、手ごと食べる勢いです。
構ってあげる時間がちゃんと取れて
シッカリお散歩や運動ができる環境であれば
もう少し落ち着きも出ると思います。
f0078320_2351483.jpgf0078320_2351948.jpgf0078320_2352366.jpg





※8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 1-2歳 13キロくらい
こんなに不安げで悲しい表情をしていて
無理やりケージの外に出して胸が痛くなる思いがしました。
でもこの子がここにひっそり居ることを知ってもらうために
家庭犬として生きていけるように
どんな表情せも紹介せねばなりません。
f0078320_2382369.jpgf0078320_238308.jpgf0078320_2383488.jpgf0078320_238398.jpgf0078320_2384549.jpg
攻撃的な面はなく、身を固くしてじっと時が過ぎるのを待つような子です。
人とのふれあい方をおそらくは知らぬまま成長した感じがします。
それでも犬は人との生活に必ず慣れていきます。
温かい家庭で不安のない生活がこの子に巡ってきますように。



レポートは続きます。


" />

ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

10/11センターレポート 収容室③  6頭

ひなのんさんのレポートです。

加筆・修正しています。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田
★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
(譲渡希望は、関東限定となります)



※10/11レポート初登場 (9/30収容)
▽黒白 メス 2歳位 10キロ前後

ケージから出すと、腰を低くし、尻尾をパタパタ
子犬っぽい甘え方をしてきました。
一緒にいたメンバーと共に思わず
「可愛い~」と口揃えて言ってしまうほど
キュートな見た目と、人懐っこい仕草にメロメロになりました。
f0078320_22504100.jpg
f0078320_2250106.jpg
f0078320_22501561.jpg
f0078320_2250248.jpg
f0078320_22503062.jpg
f0078320_22503555.jpg
f0078320_22504080.jpg

穏やかな男の子に合わせて見たのですが、あまり気に入らなかったのか
ウウ~と低く唸っていました。
喧嘩に発展するほどではありません。
他犬は少し苦手なようで、ケージ越しに吠える場面も見られましたが
深刻ではないように見受けられました。





※9/13よりレポートに登場 (9/1収容)
▽白・薄茶 メス 6歳くらい 12-13キロ

いつもケージの扉を開けると
奥で唸っていて、少し手を近づけようとすると
さらに興奮させてしまうので、無理強いは今のところ止めています。
f0078320_22521075.jpg
f0078320_22522214.jpg
f0078320_22522751.jpg

f0078320_2355328.jpg

柵越しにおやつを与えてみたら
ちゃんと手から食べました。
これはいい兆候だと感じましたので
食べ物を上手く使って少しも警戒心を和らげられるようにしてみようと思います。






※10/4よりレポートに登場  (9/26収容)
▽薄茶白 メス 8-10歳 6-7キロやせぎみ(適正8-9キロ)

先週のオドオドした感じが無くなり
落ち着いたテンションで接することができるようになっていました。
おやつもよく食べ、体調は悪くなさそうです。
右眼にイボのようなものができていますが
目ヤニも多いので怪我をしているように見えますが
目そのものは問題なく見えています。
f0078320_22551444.jpg
f0078320_22551933.jpg
f0078320_22552384.jpg
f0078320_22552862.jpg
f0078320_2255325.jpg






※10/11レポート初登場 (9/30収容)
▽黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度野良に近い生活をしていた子だと思われます。

毛はとてもきれいでツヤツヤしていて
痩せてもいませんので、人から食べ物は貰っていたようです。
触れられること自体には慣れておらず
体中こわばらせ、神経を張り巡らしていて
触る度にビクッ、ビクッと反応していました。
f0078320_2323876.jpg

f0078320_2331356.jpg
f0078320_2332099.jpg
f0078320_2332564.jpg
f0078320_2333036.jpg
f0078320_2333411.jpg

攻撃的な面は見受けられません。
抱き上げたり口の中を見ても、ただ固まるだけでした。
1-2歳と若い子なので、まだまだ柔軟性があると思います。
家庭に入り、人のそばで暮らすことができれば
家庭犬への変化は比較的早いのでは・・と思われます。




※9/6よりレポート登場 (8/29収容)  
▽黒茶 オス 5-7歳 14-15キロ

私たちが他の子を見ていると
早くこっちに来て!とアピールしてきます。
外に出すと嬉しそうに動き回り実に楽しそうです。
活発な子が一日の大半を個別ケージの中で過ごすので無理もありません。
おやつも大好きで、手ごと食べる勢いです。
構ってあげる時間がちゃんと取れて
シッカリお散歩や運動ができる環境であれば
もう少し落ち着きも出ると思います。
f0078320_2351483.jpg
f0078320_2351948.jpg
f0078320_2352366.jpg






※8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 1-2歳 13キロくらい
こんなに不安げで悲しい表情をしていて
無理やりケージの外に出して胸が痛くなる思いがしました。
でもこの子がここにひっそり居ることを知ってもらうために
家庭犬として生きていけるように
どんな表情せも紹介せねばなりません。
f0078320_2382369.jpg
f0078320_238308.jpg
f0078320_2383488.jpg
f0078320_238398.jpg
f0078320_2384549.jpg

攻撃的な面はなく、身を固くしてじっと時が過ぎるのを待つような子です。
人とのふれあい方をおそらくは知らぬまま成長した感じがします。
それでも犬は人との生活に必ず慣れていきます。
温かい家庭で不安のない生活がこの子に巡ってきますように。



レポートは続きます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る