... TOPIX

迷子札着用のお願い

滋賀県動物保護管理センターには毎日のように
犬や猫が迷子として収容され、飼い主さんのお迎えを待っています。

現在収容されている犬や猫達、
詳しくは『滋賀県動物保護管理協会』 のホームページをご覧ください。

犬猫達が収容されている建物には、暖房設備がありません。
鉄のオリに床はコンクリートです。窓もなく日の光が入りません。
この時期、とても過酷な環境です。

体力のない老犬や怪我をしている犬猫達は
飼い主さんのお迎えが来る前に、凍えて亡くなってしまうこともあります。

◆犬が居なくなった理由トップ10
・首輪が抜けた
・サークル(柵)の隙間から逃げた
・散歩用リードに付け替えるときに逃げた
・ドアが開いた隙に逃げた
・散歩中に放したら、そのまま逃げた
・雷や花火の音に驚いて逃げた
・チェーンの留め具は外れた
・首輪やリードが切れた
・気が付いたらいなかった
・猫や他の動物を追いかけて行った


パニックになりやみくもに走り回り、
家の方向が分らなくなって自分で帰れなくなります。

迷い犬として管理センターに収容された犬達の
約半数は飼い主さんのお迎えがありません。
迷い猫にいたっては、
飼い主のお迎えがあったのは1割にもなりません。

その理由として
探しかたを知らない、又は
「そのうち自力で帰ってくるだろう」と安易に考え
探さない方がいるためです。

すべての犬や猫に帰巣本能が有るわけではありません。

大切なペット、もし迷子になっても帰れるように、
鑑札や迷子札の着用をお願いします。

「マイクロチップ」を入れているから大丈夫という方もおられますが
マイクロチップにも欠点があります。
もし迷子になってしまい、一般家庭で保護された場合
一般の家には読み取り機がありません。
外見上マイクロチップが入っていることに気付いてもらえないことです。


迷子札があれば、
見つけてくれた方が飼い主さんに連絡する事が出来ます。
飼い主さんの元へ帰してあげる事が出来ます。

迷子札を着けている迷い犬が保護されたけど、
連絡先が消えてしまい、飼い主さんに連絡をすることが出来ない
ということもあります。
定期的に確認、交換をしてください。

100円均一で購入できるネームタグで代用もできます。
首輪に直接、電話番号を記入するだけでも十分です。

大切な家族を迷子にしないでください。

今年も残り1ヶ月を切りました
クリスマスプレゼントや新年にむけて新調してみせんか?






首に何かぶら下がっているのを嫌がる仔や噛んでしまう仔には、
首輪に直接記入するタイプの首輪もあります。





暖かいお家で家族と一緒に
新しい年を迎えられますように。

もし迷子になってしまったら、
直ぐに『滋賀県動物保護管理センター』にご連絡下さい。

  『滋賀県動物保護管理センター』
 所在地: 〒520-3252 滋賀県湖南市岩根136-98
  電話: 0748-75-1911 
  FAX: 0748−75−4450
  mail: el31@pref.shiga.lg.jp
 開館日: 毎週月曜日~金曜日および第1.第3日曜日 (第2.第4日曜日を除く)
開館時間: 午前10時~午後4時30分
 閉館日: 毎週土曜日、第2、第4日曜日、祝祭日
      (年末年始12月29日~1月3日まで)


関連記事

ページ上部へ戻る