いつもと変わりなく元気にしていてくれました。

※8/2よりレポートに登場 (7/末 他所からの移送)
▼オス 薄茶 1歳位 11-12キロくらい
f0078320_2133843.jpg
ただただかわいいなー。
おやつだよと口元に持っていっても初めは「いらない」と言ってるのですが、
半ば強引に入れてあげると、「あ、ウマウマだ」とポクポク食べ始めます。
それがなんとも微笑ましいのです。
f0078320_2171356.jpg
f0078320_2172832.jpg
写真だけ見ると、毎週どこが違うのと思われるかもしれませんが、
わずかずつですが違ってきているのです。と、思いたいです。
目が優しくなってきたと思いませんか?
この子はきっと、本当はおちゃめな子なんだろうなーと
思えるようになってきました。
とはいえ、ココにいる限りは人馴れにはまだ時間はかかると思います。
f0078320_2252553.jpg
f0078320_2253722.jpg
f0078320_2255238.jpg
それでも、この4か月間でこんなふうにどこでも触れるように
なったのですから大進歩なのです。
家庭に入れば一気に人馴れが進むかもしれません。
あるいは逆戻りして殻に閉じこもってしまうかもしれません。
だけど、ここで過ごした経験は次に固まった心をほぐす時間を
ずーっと短くしてくれると思います。
そんなことどっちでもいいよと、
ビビり犬をよく理解されている方の目に留まってほしいなー。
f0078320_23018.jpg
f0078320_2301642.jpg
f0078320_2303144.jpg
f0078320_2261217.jpg
ビビリも個性、やんちゃも個性と受け止めて、
まだ若いこの子を、長い目で見てくださる方のお迎えを待ち望んでいます。




※7/12よりレポートに登場 (6/29収容)
▼茶(足先白)オス 10-12ヵ月 9キロ前後
f0078320_238202.jpg
これまでのレポートと何ら変わり映えしませんが、
かわいいので写真はたくさん撮ってきました。
f0078320_240936.jpg
f0078320_2402341.jpg
コンクリートの壁と一体化していた子ですが、
少しだけ隙間ができたように感じます。
それは、やっぱり目です。
最初は鼻先をコンクリートに付けて顔をうずめていたのが、
こんなふうに顔を上げていられるようになったのです。
おやつは手からは食べてくれませんが、
私たちが隣の部屋に移動するとちゃんと食べています。
f0078320_245498.jpg
歯だって見せてくれます。
f0078320_2455347.jpg
f0078320_246978.jpg
f0078320_2475559.jpg
固まっていはいるけれど、ちゃんとこちらのことを観察ししています。
それほど怖くないことは分かってくれていると思います。
まだポニョポニョのやわらかい肉球で、
しっかり地面を踏みしめる日が1日も早く来ますように。
風を感じて野原を駆け回る日が来ますように。
この部屋の2頭を見るといつもそう思います。
若い子たちですから、まだまだ時間はたっぷりあります。
けれども、やっぱり早く人の温かさを知ってほしいと思います。




2-6 2頭



※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▼黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度
f0078320_2564428.jpg
私たちが部屋に入ると吠えていましたが、
扉を開けると出たり入ったりしてウロウロしていました。
動きをよく見ると、それほど怖がっている感じもなく、
おやつも手から食べてくれますから人馴れは問題ないと思います。
f0078320_1561516.jpg
ただ、首のあたりはあまり触られたくないのか、首を傾げてかわします。
f0078320_325955.jpg
ほかは嫌がることもなく普通に触らせてくれますし、
f0078320_33303.jpg
f0078320_373464.jpg
f0078320_381999.jpg
f0078320_3113660.jpg
f0078320_312066.jpg
f0078320_3123970.jpg
ほかの子を撮影していると、入口の方に来て見ています。
若いだけあって好奇心旺盛です。誘導でお座りもすぐに覚えました。
後ろ足にしっかりした狼爪があります。
f0078320_15123992.jpg
トレーニングが入りやすそうな子です。
犬と一緒にアクティビティーを楽しみたい方にピッタリだと思います。




※11/15よりレポートに登場(11/7他抑留所からの移送)
▼茶黒 オス 7ー8か月 7-8キロ
下のメスと同胞
f0078320_15161486.jpg
この日、上の2-5の子以上に固まっていました。
とても可愛いらしいお顔なのに、コンクリートの壁に
めりこむんじゃないの?って思えるくらい壁に引っ付いていました。
f0078320_15211248.jpg
f0078320_15214599.jpg
終始この姿勢で同じような写真ばかりですが、
目だけはチラチラと動いています。
f0078320_15344638.jpg
f0078320_15362035.jpg
f0078320_15363742.jpg
もう少し顔全体を撮らせてねと、あごを持ったり
壁との間に手を入れたりしてみましたが、されるがままです。
嫌だと怒ったり、パニックになったり、
もちろんお口が出たりすることもありません。
f0078320_153547.jpg
f0078320_15352540.jpg
f0078320_15355631.jpg
おやつは手からは食べられませんでしたが
私たちが隣りの部屋に移動したら食べていました。
もう少し時間をかけて仲良しになっていこうと思います。



2-7 2頭
f0078320_15415599.jpg


※11/1よりレポートに登場(10/24収容)
▼こげ茶 テリア系MIX メス 6ヵ月くらい 6キロ強
f0078320_1543280.jpg
一緒に収容された姉妹はすでに預かり宅に行ってしまい
どうしてるかなーと気になっていました。
初めて紹介したときはビビリウン、ビビリションをまき散らしていましたが、
今回はそういうことはありませんでした。
ここにきて1か月ですが、この環境に少しは慣れたのでしょう。
f0078320_15501672.jpg
f0078320_15503833.jpg
f0078320_1551501.jpg
f0078320_1552613.jpg
手からのおやつはまだ無理でしたが、
前に置いてあげると、見ていてもパクパク食べることができます。
抱っこはもう少し時間が必要かなと思います。
f0078320_1614393.jpg
f0078320_15544611.jpg
この子は最初の時も、こうして部屋から出て
動くことができていました。(ビビリウンつきでしたが)
こんなふうにお行儀よさそうにして可愛らしいのですが、
結構気は強いかもしれません。
f0078320_1555286.jpg
この日この部屋から引き出した、空気の読まない子犬ちゃんを怒っていました。
たぶん、おやつを横取りしようとしたためと思いますが、
黙って取られるタイプではないようです。



※11/15よりレポートに登場(11/7他抑留所からの移送)
▼茶黒 メス 7ー8か月 7-8キロ
f0078320_1632958.jpg
2-6のテリア系オスときょうだいです。
見分けがつかないくらい似ています。
f0078320_164632.jpg
f0078320_167351.jpg
お顔だけじゃなく固まり方もきょうだい同じです。
ただ、この子のほうが壁との距離は少しだけあります。
この子のほうがお顔がモシャモシャしています。
f0078320_169792.jpg
先週のレポートでは
それでもかなり大胆に動けます。
とありましたが、今回は動くことはありませんでした。
でも、おやつはこちらの様子を伺いながらでも食べていましたから
仲良しになれる日もそう遠くない気がします。
f0078320_1616947.jpg
f0078320_16162863.jpg
f0078320_16165369.jpg
まだまだ可能性大の仔犬ですから、
よい方向へ変化していけるように触れ合いたいと思います。



2-8 2頭


※12/6レポート初登場(11/28他抑留所より移送)
▼薄茶(クリーム) メス 4-5歳 11-2キロ
f0078320_16244691.jpg
f0078320_16443316.jpg
人馴れ問題なしの新人さんは、出産経験が数回はありそうでした。
足が長くとてもきれいな子ですが、痩せすぎです。
顔だけ見ているとラブミックスかなとも思います。
f0078320_16372377.jpg
f0078320_1629355.jpg
f0078320_16293893.jpg
何をしても、どこを触っても問題なしのとてもいい子です。
f0078320_1631384.jpg
f0078320_16315579.jpg
f0078320_16322331.jpg
f0078320_16324568.jpg
f0078320_1633425.jpg
これから変わっていくかもしれませんが、
穏やかなこの子を見るかぎり、後退はないと思います。


※12/6レポート初登場(11/25収容)
▼茶 メス 1-2歳 11キロ前後
f0078320_16413327.jpg 
初めは上の子と親子かなと思いました。
穏やかで人馴れ問題なしで、「お母さんを見ていい子に育ったね」
なんて思いました。それくらい雰囲気が似ています。
f0078320_16441322.jpg
f0078320_16451170.jpg
何をされても「どうぞよろしく」という感じなのも似ています。
f0078320_16463650.jpg
f0078320_16465530.jpg
f0078320_16471337.jpg
時々見せるひょうきんな表情もとても可愛らしい子です。
まだ緊張気味で、はしゃぎたい気持ちを抑えているのかもしれません。
きっと明るくて遊び好きなお転婆さんじゃないかなって思います。
f0078320_16501131.jpg
f0078320_1651722.jpg
f0078320_16512725.jpg

いつも思うことですが、まだ若くて、なんの問題もない子が
どうしてこうも次々と飼育放棄されるのでしょう。
そもそも何を思って家族に迎えたのでしょう。
どんな理由であれ許されることではありません。
この子たちは、一度は家族と暮らしたことのある子たちだと確信できます。
大丈夫。これから、本当の家族を探そうね。
あなたたちなら、絶対にやさしい人が迎えに来てくれるよ。

表現の仕方は10犬10色ですが、みんな本当にいい子たちです。
新たに犬を家族に迎えようとお考えでしたら、
ぜひ、保護犬に目を向けてください。


レポートは続きます。

" />

... TOPIX

12/6センターレポート 仔犬舎     8頭

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田
★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





2-5 2頭
f0078320_2125010.jpg

いつもと変わりなく元気にしていてくれました。

※8/2よりレポートに登場 (7/末 他所からの移送)
▼オス 薄茶 1歳位 11-12キロくらい
f0078320_2133843.jpg

ただただかわいいなー。
おやつだよと口元に持っていっても初めは「いらない」と言ってるのですが、
半ば強引に入れてあげると、「あ、ウマウマだ」とポクポク食べ始めます。
それがなんとも微笑ましいのです。
f0078320_2171356.jpg

f0078320_2172832.jpg

写真だけ見ると、毎週どこが違うのと思われるかもしれませんが、
わずかずつですが違ってきているのです。と、思いたいです。
目が優しくなってきたと思いませんか?
この子はきっと、本当はおちゃめな子なんだろうなーと
思えるようになってきました。
とはいえ、ココにいる限りは人馴れにはまだ時間はかかると思います。
f0078320_2252553.jpg

f0078320_2253722.jpg

f0078320_2255238.jpg

それでも、この4か月間でこんなふうにどこでも触れるように
なったのですから大進歩なのです。
家庭に入れば一気に人馴れが進むかもしれません。
あるいは逆戻りして殻に閉じこもってしまうかもしれません。
だけど、ここで過ごした経験は次に固まった心をほぐす時間を
ずーっと短くしてくれると思います。
そんなことどっちでもいいよと、
ビビり犬をよく理解されている方の目に留まってほしいなー。
f0078320_23018.jpg

f0078320_2301642.jpg

f0078320_2303144.jpg

f0078320_2261217.jpg

ビビリも個性、やんちゃも個性と受け止めて、
まだ若いこの子を、長い目で見てくださる方のお迎えを待ち望んでいます。




※7/12よりレポートに登場 (6/29収容)
▼茶(足先白)オス 10-12ヵ月 9キロ前後
f0078320_238202.jpg

これまでのレポートと何ら変わり映えしませんが、
かわいいので写真はたくさん撮ってきました。
f0078320_240936.jpg

f0078320_2402341.jpg

コンクリートの壁と一体化していた子ですが、
少しだけ隙間ができたように感じます。
それは、やっぱり目です。
最初は鼻先をコンクリートに付けて顔をうずめていたのが、
こんなふうに顔を上げていられるようになったのです。
おやつは手からは食べてくれませんが、
私たちが隣の部屋に移動するとちゃんと食べています。
f0078320_245498.jpg

歯だって見せてくれます。
f0078320_2455347.jpg

f0078320_246978.jpg

f0078320_2475559.jpg

固まっていはいるけれど、ちゃんとこちらのことを観察ししています。
それほど怖くないことは分かってくれていると思います。
まだポニョポニョのやわらかい肉球で、
しっかり地面を踏みしめる日が1日も早く来ますように。
風を感じて野原を駆け回る日が来ますように。
この部屋の2頭を見るといつもそう思います。
若い子たちですから、まだまだ時間はたっぷりあります。
けれども、やっぱり早く人の温かさを知ってほしいと思います。




2-6 2頭



※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▼黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度
f0078320_2564428.jpg

私たちが部屋に入ると吠えていましたが、
扉を開けると出たり入ったりしてウロウロしていました。
動きをよく見ると、それほど怖がっている感じもなく、
おやつも手から食べてくれますから人馴れは問題ないと思います。
f0078320_1561516.jpg

ただ、首のあたりはあまり触られたくないのか、首を傾げてかわします。
f0078320_325955.jpg

ほかは嫌がることもなく普通に触らせてくれますし、
f0078320_33303.jpg

f0078320_373464.jpg

f0078320_381999.jpg

f0078320_3113660.jpg

f0078320_312066.jpg

f0078320_3123970.jpg

ほかの子を撮影していると、入口の方に来て見ています。
若いだけあって好奇心旺盛です。誘導でお座りもすぐに覚えました。
後ろ足にしっかりした狼爪があります。
f0078320_15123992.jpg

トレーニングが入りやすそうな子です。
犬と一緒にアクティビティーを楽しみたい方にピッタリだと思います。




※11/15よりレポートに登場(11/7他抑留所からの移送)
▼茶黒 オス 7ー8か月 7-8キロ
下のメスと同胞
f0078320_15161486.jpg

この日、上の2-5の子以上に固まっていました。
とても可愛いらしいお顔なのに、コンクリートの壁に
めりこむんじゃないの?って思えるくらい壁に引っ付いていました。
f0078320_15211248.jpg

f0078320_15214599.jpg

終始この姿勢で同じような写真ばかりですが、
目だけはチラチラと動いています。
f0078320_15344638.jpg

f0078320_15362035.jpg

f0078320_15363742.jpg

もう少し顔全体を撮らせてねと、あごを持ったり
壁との間に手を入れたりしてみましたが、されるがままです。
嫌だと怒ったり、パニックになったり、
もちろんお口が出たりすることもありません。
f0078320_153547.jpg

f0078320_15352540.jpg

f0078320_15355631.jpg

おやつは手からは食べられませんでしたが
私たちが隣りの部屋に移動したら食べていました。
もう少し時間をかけて仲良しになっていこうと思います。



2-7 2頭
f0078320_15415599.jpg



※11/1よりレポートに登場(10/24収容)
▼こげ茶 テリア系MIX メス 6ヵ月くらい 6キロ強
f0078320_1543280.jpg

一緒に収容された姉妹はすでに預かり宅に行ってしまい
どうしてるかなーと気になっていました。
初めて紹介したときはビビリウン、ビビリションをまき散らしていましたが、
今回はそういうことはありませんでした。
ここにきて1か月ですが、この環境に少しは慣れたのでしょう。
f0078320_15501672.jpg

f0078320_15503833.jpg

f0078320_1551501.jpg

f0078320_1552613.jpg

手からのおやつはまだ無理でしたが、
前に置いてあげると、見ていてもパクパク食べることができます。
抱っこはもう少し時間が必要かなと思います。
f0078320_1614393.jpg

f0078320_15544611.jpg

この子は最初の時も、こうして部屋から出て
動くことができていました。(ビビリウンつきでしたが)
こんなふうにお行儀よさそうにして可愛らしいのですが、
結構気は強いかもしれません。
f0078320_1555286.jpg

この日この部屋から引き出した、空気の読まない子犬ちゃんを怒っていました。
たぶん、おやつを横取りしようとしたためと思いますが、
黙って取られるタイプではないようです。



※11/15よりレポートに登場(11/7他抑留所からの移送)
▼茶黒 メス 7ー8か月 7-8キロ
f0078320_1632958.jpg

2-6のテリア系オスときょうだいです。
見分けがつかないくらい似ています。
f0078320_164632.jpg

f0078320_167351.jpg

お顔だけじゃなく固まり方もきょうだい同じです。
ただ、この子のほうが壁との距離は少しだけあります。
この子のほうがお顔がモシャモシャしています。
f0078320_169792.jpg

先週のレポートでは
それでもかなり大胆に動けます。
とありましたが、今回は動くことはありませんでした。
でも、おやつはこちらの様子を伺いながらでも食べていましたから
仲良しになれる日もそう遠くない気がします。
f0078320_1616947.jpg

f0078320_16162863.jpg

f0078320_16165369.jpg

まだまだ可能性大の仔犬ですから、
よい方向へ変化していけるように触れ合いたいと思います。



2-8 2頭


※12/6レポート初登場(11/28他抑留所より移送)
▼薄茶(クリーム) メス 4-5歳 11-2キロ
f0078320_16244691.jpg

f0078320_16443316.jpg

人馴れ問題なしの新人さんは、出産経験が数回はありそうでした。
足が長くとてもきれいな子ですが、痩せすぎです。
顔だけ見ているとラブミックスかなとも思います。
f0078320_16372377.jpg

f0078320_1629355.jpg

f0078320_16293893.jpg

何をしても、どこを触っても問題なしのとてもいい子です。
f0078320_1631384.jpg

f0078320_16315579.jpg

f0078320_16322331.jpg

f0078320_16324568.jpg

f0078320_1633425.jpg

これから変わっていくかもしれませんが、
穏やかなこの子を見るかぎり、後退はないと思います。


※12/6レポート初登場(11/25収容)
▼茶 メス 1-2歳 11キロ前後
f0078320_16413327.jpg
 
初めは上の子と親子かなと思いました。
穏やかで人馴れ問題なしで、「お母さんを見ていい子に育ったね」
なんて思いました。それくらい雰囲気が似ています。
f0078320_16441322.jpg

f0078320_16451170.jpg

何をされても「どうぞよろしく」という感じなのも似ています。
f0078320_16463650.jpg

f0078320_16465530.jpg

f0078320_16471337.jpg

時々見せるひょうきんな表情もとても可愛らしい子です。
まだ緊張気味で、はしゃぎたい気持ちを抑えているのかもしれません。
きっと明るくて遊び好きなお転婆さんじゃないかなって思います。
f0078320_16501131.jpg

f0078320_1651722.jpg

f0078320_16512725.jpg


いつも思うことですが、まだ若くて、なんの問題もない子が
どうしてこうも次々と飼育放棄されるのでしょう。
そもそも何を思って家族に迎えたのでしょう。
どんな理由であれ許されることではありません。
この子たちは、一度は家族と暮らしたことのある子たちだと確信できます。
大丈夫。これから、本当の家族を探そうね。
あなたたちなら、絶対にやさしい人が迎えに来てくれるよ。

表現の仕方は10犬10色ですが、みんな本当にいい子たちです。
新たに犬を家族に迎えようとお考えでしたら、
ぜひ、保護犬に目を向けてください。


レポートは続きます。

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る