f0078320_2311155.jpg
f0078320_23111190.jpg
f0078320_23112222.jpg
f0078320_23113217.jpg
f0078320_21322743.jpg
↑後ろ肢は傷痕を治療しやすいように毛を刈ったそうです。

f0078320_21323727.jpg
f0078320_23114985.jpg
排尿排便は介助なく自力でできていますが
その場で垂れ流しの状態です。

介護の必要な身体ですので
受け入れ家庭には覚悟も準備もいると思いますが
穏やかで優しいこの男の子に
どうか家庭犬として生きるチャンスが巡ってきますように。





【E部屋プール内】



※1/5レポート初登場 (1/5他抑留所より移送)
▽生後1.5か月ほどの兄妹犬6頭です。
※幼犬は、2頭以上での預かり先のみ募集しています

本来なら母犬のそばで守られているくらいの幼い子達です。
皆不安げな表情をしていました。

食事を与えた時は様子が一変して
ものすごい勢いでがっついて食べていました。

見た限りは健康そうな仔犬たちです。
f0078320_21393630.jpg
f0078320_23255579.jpg
f0078320_2326315.jpg
f0078320_23261190.jpg




▽メス
f0078320_21342618.jpg
f0078320_23272161.jpg
f0078320_232730100.jpg



▽オス
f0078320_21352497.jpg
f0078320_23283895.jpg



▽メス
f0078320_21361088.jpg
f0078320_23291664.jpg




▽オス
f0078320_21364272.jpg
f0078320_23295444.jpg




▽メス
f0078320_21371159.jpg
f0078320_2330281.jpg





▽オス
f0078320_21374795.jpg
f0078320_2331599.jpg






" />

ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

1/5センターレポート 別室1頭・幼犬6頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



1/5は引き出しはありませんでしたが
年末訪問日に時間切れで写真を撮れなかった子たちの
撮影のためセンターを訪問しました。



こちらでは新たに選定された1頭と
E部屋プール内にいる幼犬6頭を紹介します。

※幼犬6頭は、2頭以上での預かり先のみ募集しています。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





【別室】


※1/5レポート初登場 (12月下旬他抑留所からの移送)
▽茶黒 オス 3-4歳 8-9キロ 下半身麻痺
事故によるものでしょうか。下半身が麻痺していて
毛布の上で横たわっていました。
痩せた身体に、赤くむきだしの皮膚に
明らかに怪我をしていると思われる子が横たわっていて
一瞬瀕死の状態なのかと心臓がドキリとしました。

近づくと「オウオウ」と鳴いていて思いのほか元気があり
傷が痛むのかと思いきや、ただ見知らぬ人を見て吠えただけのようです。

何らかの原因で麻痺状態になったようですが、
その後時間は結構経過しているようで
収容された時点よりはるか前にこのような状態になり
そのまま治療をしてもらえずに放置されていたのではないかと推測されます。

床擦れがあちこちに出来ていて
センターで治療を開始する前はもっと広範囲がジュクジュクしていたそうです。
現在は一部を除き傷は乾いてきていました。

こんな状態になりながらも、攻撃的な面は全く見られず
傷の手当ても大人しくさせてくれる性格花丸な男の子です。
f0078320_21321810.jpg

f0078320_2311155.jpg

f0078320_23111190.jpg

f0078320_23112222.jpg

f0078320_23113217.jpg

f0078320_21322743.jpg

↑後ろ肢は傷痕を治療しやすいように毛を刈ったそうです。

f0078320_21323727.jpg

f0078320_23114985.jpg

排尿排便は介助なく自力でできていますが
その場で垂れ流しの状態です。

介護の必要な身体ですので
受け入れ家庭には覚悟も準備もいると思いますが
穏やかで優しいこの男の子に
どうか家庭犬として生きるチャンスが巡ってきますように。





【E部屋プール内】



※1/5レポート初登場 (1/5他抑留所より移送)
▽生後1.5か月ほどの兄妹犬6頭です。
※幼犬は、2頭以上での預かり先のみ募集しています

本来なら母犬のそばで守られているくらいの幼い子達です。
皆不安げな表情をしていました。

食事を与えた時は様子が一変して
ものすごい勢いでがっついて食べていました。

見た限りは健康そうな仔犬たちです。
f0078320_21393630.jpg

f0078320_23255579.jpg

f0078320_2326315.jpg

f0078320_23261190.jpg





▽メス
f0078320_21342618.jpg

f0078320_23272161.jpg

f0078320_232730100.jpg




▽オス
f0078320_21352497.jpg

f0078320_23283895.jpg




▽メス
f0078320_21361088.jpg

f0078320_23291664.jpg





▽オス
f0078320_21364272.jpg

f0078320_23295444.jpg





▽メス
f0078320_21371159.jpg

f0078320_2330281.jpg






▽オス
f0078320_21374795.jpg

f0078320_2331599.jpg







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る