f0078320_10385125.jpg

人がそばにいる間はずっとこの姿勢のまま。
時々目だけを動かしてこちらの様子を伺っています。
f0078320_1039149.jpg
f0078320_10391649.jpg

ただ、微かにではあっても
人との距離は近くなっているのではないかという印象がありました。
しばらくそばにいると、小さく震えていた身体も時おり緩んでいるように思えます。
自分の体に触れる人の手を、少しずつ受け入れてくれているようにも感じます。

人が近くにいてもその間何ごとも起こらない…ということを
理解してくれているのでしょうか。

以前のレポートでは身を起こして、キリっと凛々しい顔を見せてくれたこともあります。
f0078320_10393190.jpg
( ↑ の写真は以前のレポートから)
f0078320_10392432.jpg
( ↑ の写真は12月28日訪問時のレポートから)

写真でわかるように、ちょっとコーギーを思わせる容貌で
白黒茶のトライカラーがきれいな男の子です。
一般の家庭で暮らし始めれば、それほど人馴れが難しい子のようには感じませんでした。
日常的に人がいる環境での生活を、早くスタートできるよう祈っています。





※1/17 レポート初登場(12/27収容)
▽ベージュ オス 2-3歳 8-9キロ(適正11キロくらい)

大人しいけれど無邪気な印象の男の子です。
f0078320_10394780.jpg
f0078320_10395678.jpg

外から個室の中にいるこの子を見たときは遠目でもわかるほど大きく震えていましたが
私たちが近づいてそっと手を伸ばすや否や、みるみるお股を開いてくれました。
f0078320_10401838.jpg
f0078320_1040287.jpg
f0078320_10401052.jpg

ひとまず敵意がないことを相手にわかってもらうのが
得策だということを知っているのでしょう。
立ち上がる勇気はないので、ひとまずこのままお腹を見せる…という感じでした。

今まで人のすぐそばで生活してきたわけではないという印象ですが
薄い関係ぐらいはなくもないような環境にいたのではないでしょうか。
f0078320_10404437.jpg
f0078320_10405270.jpg

歯も比較的きれいでしたので、表記の年齢程度だと思われます。

あちこちどこを触っても問題ありません。

触っているうちに震えもなくなりましたし、
普通の家庭で暮らし始めれば、
みるみる心を開いて本来の無邪気さで応えてくれるのではないかと感じました。







2-6 2頭



※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▼黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度

相変わらずスラリとかっこいい姿をしています。
f0078320_10421283.jpg
f0078320_10415982.jpg

はじめて会ったときに比べれば、
人がそばに来ることにどんどん慣れてきている印象です。

この建物に人が入ってくると、最初はけっこう吠えているのですが
個室に入ると静かになります。
警戒している…というよりは、「なんだ?なんだ?」という好奇心だと思います。
f0078320_1041643.jpg

はじめはすこしオドオドしている感じなのですが
同じ空間にいることに慣れてくると、行動が少しずつ大胆になってきて
自分から興味津々な感じで近づいてきます。
f0078320_10412744.jpg
f0078320_1041161.jpg
f0078320_10414051.jpg
f0078320_10414984.jpg


撫でられるのは慣れておらず、撫でようとするとゆっくり身を引いたりして
それほど歓迎しているわけでもなさそうですが
かといって、どこを触っても唸ったり、口が出たりということはありません。
f0078320_10422199.jpg

体がある程度大きいですし、運動能力が高そうなので
しっかり運動させてくださる方とのご縁が、早くありますようにと願っています。






※11/15よりレポートに登場(11/7他抑留所からの移送)
▼茶黒 オス 7ー8か月 7-8キロ

申し訳ないくらい同じような写真しか撮れないのですが
いつもこの状態で固まってしまいます。
f0078320_12153244.jpg
f0078320_12154490.jpg

ジリジリとそばに寄っても、
これ以上縮こまるわけでも震えるわけでもありませんし
目ではこちらの動きを追っていたりもします。

「人が来ても、別に何も起こらない」ということがわかってきて
なんとなく固まっていればその場をやり過ごせる…というような
「こうしていれば大丈夫」という気持ちの余裕?のようなものが
生まれているのかもしれないとも思いました。
f0078320_12155357.jpg
f0078320_1216369.jpg

そっと撫でると、
固まってはいますが、それほど緊張している感じではありません。
f0078320_12161291.jpg

ここから出て次の一歩を踏み出そうとするとき、
環境の変化に戸惑って、頑なになってしまうこともあるかもしれませんが
まだまだ若いこの子は、きっと多くの体験をすることで
ぐんぐん自分の可能性を広げてくれるように思えます。

普通の生活が、この子にとっては大いなる刺激であり体験だと思います。
この子のペースでゆっくりと心を開いてくださる方とご縁がありますように。


今回は全体像を撮影しそびれたので、前回撮影の写真でご確認下さい。
f0078320_12162297.jpg






2-8 1頭


※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?

とても美人さん。
f0078320_1344416.jpg
固まっているばかりでしっかりお顔の様子を撮影できませんでしたので
上の写真はまだ収容室②のケージにいた12/28のレポートより転用しています。


同じ場所から動かずにジッと身を硬くしており、緊張で表情もこわばっていました。
f0078320_1310789.jpg
f0078320_10423992.jpg
f0078320_10424729.jpg
f0078320_1043413.jpg

ただ、鼻先に持って行った手はクンクンと匂いをかいでくれましたし
体を撫でても、大げさに震えたり、唸ったりという様子はなく
静かに受け入れてくれている印象です。
f0078320_1043212.jpg
f0078320_10431016.jpg
f0078320_10432850.jpg

撫でている間、やはり緊張はしているのですが
どこでも触らせてくれるのをいいことに、マッサージするように細かく手を動かしていたら
少しずつ気持ちが解けて来るのがわかりました。

はじめは目を合わせてはくれませんでしたが
一旦外に出て、再度個室の前に戻ると、しっかりこちらを見ていてくれました。
穏やかなおとなしやかな女の子ですし、落ち着いた性格のようでもあります。
家庭に入れば、ほどなく甘えてくれるようになるのではないでしょうか。



レポートは続きます。" />

ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

1/17センターレポート 子犬舎      5頭

はなこさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)







2-5 2頭


※12/13よりレポートに登場 (11/28収容)
∇茶白黒 オス 1-2歳 12-3キロ

はじめは少し顔を上げていてくれたのですが、
近づくと、やはりいつものように壁の隅に隠れるようにして固まってしまいました。
f0078320_10384227.jpg

f0078320_10385125.jpg


人がそばにいる間はずっとこの姿勢のまま。
時々目だけを動かしてこちらの様子を伺っています。
f0078320_1039149.jpg

f0078320_10391649.jpg


ただ、微かにではあっても
人との距離は近くなっているのではないかという印象がありました。
しばらくそばにいると、小さく震えていた身体も時おり緩んでいるように思えます。
自分の体に触れる人の手を、少しずつ受け入れてくれているようにも感じます。

人が近くにいてもその間何ごとも起こらない…ということを
理解してくれているのでしょうか。

以前のレポートでは身を起こして、キリっと凛々しい顔を見せてくれたこともあります。
f0078320_10393190.jpg

( ↑ の写真は以前のレポートから)
f0078320_10392432.jpg

( ↑ の写真は12月28日訪問時のレポートから)

写真でわかるように、ちょっとコーギーを思わせる容貌で
白黒茶のトライカラーがきれいな男の子です。
一般の家庭で暮らし始めれば、それほど人馴れが難しい子のようには感じませんでした。
日常的に人がいる環境での生活を、早くスタートできるよう祈っています。





※1/17 レポート初登場(12/27収容)
▽ベージュ オス 2-3歳 8-9キロ(適正11キロくらい)

大人しいけれど無邪気な印象の男の子です。
f0078320_10394780.jpg

f0078320_10395678.jpg


外から個室の中にいるこの子を見たときは遠目でもわかるほど大きく震えていましたが
私たちが近づいてそっと手を伸ばすや否や、みるみるお股を開いてくれました。
f0078320_10401838.jpg

f0078320_1040287.jpg

f0078320_10401052.jpg


ひとまず敵意がないことを相手にわかってもらうのが
得策だということを知っているのでしょう。
立ち上がる勇気はないので、ひとまずこのままお腹を見せる…という感じでした。

今まで人のすぐそばで生活してきたわけではないという印象ですが
薄い関係ぐらいはなくもないような環境にいたのではないでしょうか。
f0078320_10404437.jpg

f0078320_10405270.jpg


歯も比較的きれいでしたので、表記の年齢程度だと思われます。

あちこちどこを触っても問題ありません。

触っているうちに震えもなくなりましたし、
普通の家庭で暮らし始めれば、
みるみる心を開いて本来の無邪気さで応えてくれるのではないかと感じました。







2-6 2頭



※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▼黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度

相変わらずスラリとかっこいい姿をしています。
f0078320_10421283.jpg

f0078320_10415982.jpg


はじめて会ったときに比べれば、
人がそばに来ることにどんどん慣れてきている印象です。

この建物に人が入ってくると、最初はけっこう吠えているのですが
個室に入ると静かになります。
警戒している…というよりは、「なんだ?なんだ?」という好奇心だと思います。
f0078320_1041643.jpg


はじめはすこしオドオドしている感じなのですが
同じ空間にいることに慣れてくると、行動が少しずつ大胆になってきて
自分から興味津々な感じで近づいてきます。
f0078320_10412744.jpg

f0078320_1041161.jpg

f0078320_10414051.jpg

f0078320_10414984.jpg



撫でられるのは慣れておらず、撫でようとするとゆっくり身を引いたりして
それほど歓迎しているわけでもなさそうですが
かといって、どこを触っても唸ったり、口が出たりということはありません。
f0078320_10422199.jpg


体がある程度大きいですし、運動能力が高そうなので
しっかり運動させてくださる方とのご縁が、早くありますようにと願っています。






※11/15よりレポートに登場(11/7他抑留所からの移送)
▼茶黒 オス 7ー8か月 7-8キロ

申し訳ないくらい同じような写真しか撮れないのですが
いつもこの状態で固まってしまいます。
f0078320_12153244.jpg

f0078320_12154490.jpg


ジリジリとそばに寄っても、
これ以上縮こまるわけでも震えるわけでもありませんし
目ではこちらの動きを追っていたりもします。

「人が来ても、別に何も起こらない」ということがわかってきて
なんとなく固まっていればその場をやり過ごせる…というような
「こうしていれば大丈夫」という気持ちの余裕?のようなものが
生まれているのかもしれないとも思いました。
f0078320_12155357.jpg

f0078320_1216369.jpg


そっと撫でると、
固まってはいますが、それほど緊張している感じではありません。
f0078320_12161291.jpg


ここから出て次の一歩を踏み出そうとするとき、
環境の変化に戸惑って、頑なになってしまうこともあるかもしれませんが
まだまだ若いこの子は、きっと多くの体験をすることで
ぐんぐん自分の可能性を広げてくれるように思えます。

普通の生活が、この子にとっては大いなる刺激であり体験だと思います。
この子のペースでゆっくりと心を開いてくださる方とご縁がありますように。


今回は全体像を撮影しそびれたので、前回撮影の写真でご確認下さい。
f0078320_12162297.jpg







2-8 1頭


※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?

とても美人さん。
f0078320_1344416.jpg

固まっているばかりでしっかりお顔の様子を撮影できませんでしたので
上の写真はまだ収容室②のケージにいた12/28のレポートより転用しています。


同じ場所から動かずにジッと身を硬くしており、緊張で表情もこわばっていました。
f0078320_1310789.jpg

f0078320_10423992.jpg

f0078320_10424729.jpg

f0078320_1043413.jpg


ただ、鼻先に持って行った手はクンクンと匂いをかいでくれましたし
体を撫でても、大げさに震えたり、唸ったりという様子はなく
静かに受け入れてくれている印象です。
f0078320_1043212.jpg

f0078320_10431016.jpg

f0078320_10432850.jpg


撫でている間、やはり緊張はしているのですが
どこでも触らせてくれるのをいいことに、マッサージするように細かく手を動かしていたら
少しずつ気持ちが解けて来るのがわかりました。

はじめは目を合わせてはくれませんでしたが
一旦外に出て、再度個室の前に戻ると、しっかりこちらを見ていてくれました。
穏やかなおとなしやかな女の子ですし、落ち着いた性格のようでもあります。
家庭に入れば、ほどなく甘えてくれるようになるのではないでしょうか。



レポートは続きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る