f0078320_00370162.jpgf0078320_00370171.jpg人のことを見つめる目も、おどおどしているようではありませんので
家庭に入ってしまえばきっと人馴れは進んでいくと思います。
今はこうしてフリーになっている環境で、
ビビリちゃんが多いこの部屋の中ではなかなか人馴れも進みません。
ゆっくり近づいて撫でてあげてもお口が出るようなこともありません。
人の手は怖くないというのはわかりつつあると思います。
一日も早く人と一緒に生活する中で、この子の良さを引き出してくださる
ご家族に是非迎えて欲しいと思います。
f0078320_00373022.jpgf0078320_00374775.jpgf0078320_00390561.jpg(先週レポートより)





※5/10よりレポートに登場(4/19収容)
▼黒・茶混じり・白×足先黒斑点 メス 2歳前後 14-15キロ
とても好奇心旺盛な女の子です。
人に興味はあるものの、人とどう接していいのかわからない
といった感じに見えます。
この子の近くに座って他の子の撮影をしていると、
カメラにも興味津々に近づいてきたりするので
ちょっと手を出すと今度は驚いて後ずさりしたり、と
忙しく動き回っています。
おやつには反応するので自分から近寄ってきます。
おやつで上手に仲良くすることが出来そうです。
f0078320_12231375.jpgf0078320_12223815.jpgf0078320_12231479.jpgそれでも今回は少し時間をかけてこの子に接してみました。
今まではツンツンとつついたりしながら
この子の反応をおもしろおかしく見ていたのですが、
今回はこの子がそばに来た時にゆっくりと話しかけながら
ゆっくりと身体を撫でてあげると、
今までのように後ずさりしたり、逃げようとすることもなく
しばらくじっとしたままで身体を撫でさせてくれました。
ついついこの子の反応がおもしろいので
こちらからちょっかいを出すことが多かったのですが
やはりゆっくりと時間をかけて向き合ってあげれば
もっともっと人を信用することが出来るようになるんだなぁと
つくづく感じました。
やはり触れ合いの時間は大事です。
f0078320_12223871.jpgf0078320_12234305.jpgf0078320_12234330.jpg



※10/25よりレポートに登場(10/18引取収容)
▼白×少しベージュ メス 4歳 10キロくらい
いつも横たわったままの姿ばかりの写真になってしまいますが、
この子は本当に私たちが部屋に入るとこの状態で
そこから全く動くことがありません。
それでも身体のどこを触っても嫌がることもなく人の手を受け入れてくれます。
この日、この子を起き上がらせてみたくて何度か試みようとしたのですが
一番奥に陣取っている茶色の子の下になってしまっていて、
この子を引っ張り出そうとすると茶色の子が唸って空噛みしてくるため
断念しました。
f0078320_12354131.jpgf0078320_12354048.jpgf0078320_12350978.jpg他の子に乗っかられていても嫌がるどころか
逆に少し安心といった表情は見ていて切ないです。
触っても抵抗することもありませんし、お口が出ることもありませんので
もう少し他の子から離れている時に、
今度こそこの子を抱き起こしてみて様子を見てみたいと思います。
f0078320_12361032.jpgf0078320_12372809.jpg(先週レポートより)





※2016/2/9よりレポートに登場(2016/1/28収容)
▼茶 メス 2-3歳 11キロくらい
この子が収容されてから1年が経過してしまいました。
最初はとにかく目があっただけでも大きな声で唸り、
「こっちに来るな!」とはっきりと意思表示していた子ですが、
1年経過してその唸り声は段々と小さくなってきています。
すぐ近くまで寄っていくことも出来ますが、
やはり身体を撫でようと手を出すと空噛みをしますが
それも何をされるかわからないという恐怖感からくる自己防衛です。
決してこの子に「噛む」という行為はさせたくありませんので
とにかく時間をかけてあげないといけないと思います。
1年という期間の中で、この子にどれだけ接してあげる時間をとってきたか
それを考えると、この子の警告に怯んでしまっていたことを
本当に反省しています。
f0078320_12523572.jpgf0078320_12520501.jpgf0078320_12520429.jpgそれでもこの子はまだまだ若い子です。
じっくりと毎回時間をかけてあげて、
唸る必要はないんだよ、何も怖いことはしないんだよ、と
根気よく教えてあげないといけないと思います。
今回撮影した写真のこの子の目つきを見てみると
やはり収容当初の頃に比べれば、かなり優しい目になってきていると思いました。
こちら人間側がこの子を怖いと思ってしまえば
それはこの子にも伝わりますし、
この子はそれ以上に怖い思いを抱えているのです。
せっかく残してもらえた命です。
なんとか未来の飼い主さんに繋げてあげられるように
これからもっともっとこの子に接する時間を作ろうと思いました。
f0078320_12530585.jpgf0078320_12523501.jpgf0078320_12530599.jpg




レポートは続きます。




" />

ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

1/31センターレポート D部屋    4頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






※12/28よりレポートに登場 (12/12他抑留所より移送)
∇白 メス 3-4歳 10-11キロ
この子はいつも他の子を頼るような素振りがなく、
一人で行動することが多いです。
その様子を見ても、この子はまだ少し怖がっているところはあるものの、
そこまで臆病な子ではないように思います。
おやつにも興味を示して寄ってきます。
身体を触ろうとすると逃げてしまいますが、
いや~~ん、という感じで怖くて逃げ回っているという感じではありません。
置いてあげたおやつはすぐに食べることが出来ます。
f0078320_00373047.jpg
f0078320_00370162.jpg
f0078320_00370171.jpg
人のことを見つめる目も、おどおどしているようではありませんので
家庭に入ってしまえばきっと人馴れは進んでいくと思います。
今はこうしてフリーになっている環境で、
ビビリちゃんが多いこの部屋の中ではなかなか人馴れも進みません。
ゆっくり近づいて撫でてあげてもお口が出るようなこともありません。
人の手は怖くないというのはわかりつつあると思います。
一日も早く人と一緒に生活する中で、この子の良さを引き出してくださる
ご家族に是非迎えて欲しいと思います。
f0078320_00373022.jpg
f0078320_00374775.jpg
f0078320_00390561.jpg
(先週レポートより)





※5/10よりレポートに登場(4/19収容)
▼黒・茶混じり・白×足先黒斑点 メス 2歳前後 14-15キロ
とても好奇心旺盛な女の子です。
人に興味はあるものの、人とどう接していいのかわからない
といった感じに見えます。
この子の近くに座って他の子の撮影をしていると、
カメラにも興味津々に近づいてきたりするので
ちょっと手を出すと今度は驚いて後ずさりしたり、と
忙しく動き回っています。
おやつには反応するので自分から近寄ってきます。
おやつで上手に仲良くすることが出来そうです。
f0078320_12231375.jpg
f0078320_12223815.jpg
f0078320_12231479.jpg
それでも今回は少し時間をかけてこの子に接してみました。
今まではツンツンとつついたりしながら
この子の反応をおもしろおかしく見ていたのですが、
今回はこの子がそばに来た時にゆっくりと話しかけながら
ゆっくりと身体を撫でてあげると、
今までのように後ずさりしたり、逃げようとすることもなく
しばらくじっとしたままで身体を撫でさせてくれました。
ついついこの子の反応がおもしろいので
こちらからちょっかいを出すことが多かったのですが
やはりゆっくりと時間をかけて向き合ってあげれば
もっともっと人を信用することが出来るようになるんだなぁと
つくづく感じました。
やはり触れ合いの時間は大事です。
f0078320_12223871.jpg
f0078320_12234305.jpg
f0078320_12234330.jpg




※10/25よりレポートに登場(10/18引取収容)
▼白×少しベージュ メス 4歳 10キロくらい
いつも横たわったままの姿ばかりの写真になってしまいますが、
この子は本当に私たちが部屋に入るとこの状態で
そこから全く動くことがありません。
それでも身体のどこを触っても嫌がることもなく人の手を受け入れてくれます。
この日、この子を起き上がらせてみたくて何度か試みようとしたのですが
一番奥に陣取っている茶色の子の下になってしまっていて、
この子を引っ張り出そうとすると茶色の子が唸って空噛みしてくるため
断念しました。
f0078320_12354131.jpg
f0078320_12354048.jpg
f0078320_12350978.jpg
他の子に乗っかられていても嫌がるどころか
逆に少し安心といった表情は見ていて切ないです。
触っても抵抗することもありませんし、お口が出ることもありませんので
もう少し他の子から離れている時に、
今度こそこの子を抱き起こしてみて様子を見てみたいと思います。
f0078320_12361032.jpg
f0078320_12372809.jpg
(先週レポートより)





※2016/2/9よりレポートに登場(2016/1/28収容)
▼茶 メス 2-3歳 11キロくらい
この子が収容されてから1年が経過してしまいました。
最初はとにかく目があっただけでも大きな声で唸り、
「こっちに来るな!」とはっきりと意思表示していた子ですが、
1年経過してその唸り声は段々と小さくなってきています。
すぐ近くまで寄っていくことも出来ますが、
やはり身体を撫でようと手を出すと空噛みをしますが
それも何をされるかわからないという恐怖感からくる自己防衛です。
決してこの子に「噛む」という行為はさせたくありませんので
とにかく時間をかけてあげないといけないと思います。
1年という期間の中で、この子にどれだけ接してあげる時間をとってきたか
それを考えると、この子の警告に怯んでしまっていたことを
本当に反省しています。
f0078320_12523572.jpg
f0078320_12520501.jpg
f0078320_12520429.jpg
それでもこの子はまだまだ若い子です。
じっくりと毎回時間をかけてあげて、
唸る必要はないんだよ、何も怖いことはしないんだよ、と
根気よく教えてあげないといけないと思います。
今回撮影した写真のこの子の目つきを見てみると
やはり収容当初の頃に比べれば、かなり優しい目になってきていると思いました。
こちら人間側がこの子を怖いと思ってしまえば
それはこの子にも伝わりますし、
この子はそれ以上に怖い思いを抱えているのです。
せっかく残してもらえた命です。
なんとか未来の飼い主さんに繋げてあげられるように
これからもっともっとこの子に接する時間を作ろうと思いました。
f0078320_12530585.jpg
f0078320_12523501.jpg
f0078320_12530599.jpg





レポートは続きます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る