... TOPIX

2/7センターレポート 別室        3頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


※先週レポートより転用します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






☆ピグちゃん

※12/20よりレポートに登場(12/6収容)
▼白 メス 10歳以上 10-11キロ(太り気味)
ひと月ほど前、尻尾に酷い怪我を負ってしまったため縫ったのですがその傷口が開いてしまい、引き続き別室にて治療中です。
傷も気になることと思い、ここ数週間撮影を控えていました。
この日は落ち着いているようでしたので、クレートから出てきてもらいました。



以前、E部屋にいた時と変わらずおっとりした表情で、
尻尾の傷も気にしていないようでしたが、
まるで断尾したコーギーのような尻尾になってしまっていました。
相当痛かったものと思いますが、それほど大騒ぎすることもなく
おとなしく治療させてくれていたそうです。






シニアの落ち着きなのか、元々のこの子の性格もあるのかもしれませんが、
とても穏やかなおばぁちゃんです。
抱っこも大人しくさせてくれましたし、
人馴れも全く問題ありません。
とても甘えん坊ですし、ゆったりと犬との生活を楽しみたい方には
ぴったりな子だと思います。
ちょっとぽっちゃり気味ではありますが、小さめな子ですし、
今も以前もこの子が吠えている姿は見たことがありませんので、
集合住宅などでも飼育可能かと思います。
まだまだこの子の犬生も長くあると思います。
シニアの魅力たっぷりなこの子にも是非目を向けてあげてください。










☆ミールくん

※1/24よりレポートに登場 (1/5他抑留所より移送)
▽白薄茶まだら オス 4-6歳 13-14キロ
先週まではC部屋にいました。
全体的に色素が薄く、透明感のある美しい男の子です。

出して暫くは、写真が撮れない位動き回ってました。

人に馴れてはいますが、
身体に触るたびにぴくっぴくっとさせます。
驚いてというより、くすぐったいのかとも思えるように、
クネクネするときもありました。
決して触られるのが嫌だといった様子でも無さそうでした。

珍しい毛色で、綺麗にしたら目を引きそうな子です。

毛色の感じからか、写真の撮り方からか、
少々強面に見えてしまうかもしれませんが、
表情を変えずにそっと甘えて来る可愛い子です。

ロープで引かれることに抵抗なく従います。
抱っこはうまくスルリと交わされ出来ませんでしたが、
その際も口が出ることはありませんでした。














☆ちょこちゃん

※11/29よりレポートに登場(11/24他抑留所にて引き取り・移送)
▼テリア系MIX 薄茶 メス 10歳 15キロくらい(太り過ぎ)
先週まではE部屋にいました。
どの部屋にいても一番の大音量で私たちを呼んでいるのは
いつもこのテリアばぁちゃんです。
その叫び声はもう待てない!というこの子の思いが伝わるくらい、
必死に何度も何度も吠えています。
人馴れ抜群で、とにかく人に甘えたくて仕方がないこの子にとって
人が来た気配を感じただけで必死になる気持ちもわかります。
ケージの外にだしてあげると、人に走って寄って行き
ベタベタと甘えてスリスリしてきます。
顔中ペロペロと舐めてきたりして、
この子の嬉しさがひしひしと伝わってきて切なくなります。
とても10歳とは思えないほど元気一杯なおばぁちゃんですが
かなり体重オーバーで背中が平らになってしまっています。
それでも以前はかわいがられていたのでしょう、
抱っこもされ馴れている感じですが、とてもずっしりときます。
お座りや待ても出来て、恐らく以前の飼い主に教えてもらったことを
私たちの前でも何度も見せてくれます。
こんなに人懐こい子が人と離れて暮らすことは
私たちの想像を遥かに超えるくらい辛いことだと思います。
今度こそ本当の暖かいご家族に迎えてもらって
体重管理もしてもらえたらと思います。


レポートは続きます。




関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る