f0078320_01290511.jpg



f0078320_01291121.jpg



f0078320_01291785.jpg



f0078320_01292447.jpg



f0078320_01293030.jpg





※2/7レポート初登場 (1/24収容)
▽テリア系雑 オス 8歳くらい 5-6キロ(適正7-8キロ)
毛玉だらけで皮膚の状態が悪く
ネグレクトに遭っていたとしか思えない子です。
本犬は全く悲壮感などなく、人懐っこくて
小型犬らしいマイペースさで
表情の可愛らしさも相まって、とても魅力のある子だと思いました。
抱っこも慣れています。
人にも馴れているので可愛がられていた時期もあるのでしょう。
歯は歳相応に汚れていました。

f0078320_01360091.jpg



f0078320_01355472.jpg



f0078320_01360588.jpg



f0078320_01361665.jpg



f0078320_01361217.jpg






【収容室②】 3頭

※2/7レポート初登場 (1/30収容)
▽白黒 オス 3歳位 13-14キロ

人馴れ抜群の男の子です。
実に楽しそうにぴょんぴょこ飛び跳ねて
フレンドリーさと若さが弾けるようでした。

隣のケージの子を覗き込んで
ウガッと怒られても全くへっちゃらで
ただただ嬉しそうにしていました。

頭が大きく、脚は短めで
昔ながらの和犬っぽい体型ですが
垂れ耳と陽気さは洋犬MIXの雰囲気です。

白い子が黒い着ぐるみを着させられているかのような
神がかった色合いで、とても目を引きます。
身体のどこに触れられても怒ることは無く
ハイパーすぎもしないので
すぐにでも再出発できそうな子です。


f0078320_01432577.jpg



f0078320_01433070.jpg



f0078320_01433663.jpg



f0078320_01434329.jpg



f0078320_01435645.jpg



f0078320_01440537.jpg



f0078320_01435079.jpg



※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-18キロ
ケージ外でトイレをしたい気持ちの方が勝ってか
ロープを掛けるとわりとすんなり自分から出てきてくれました。
そしてちゃんと座ってオシッコを済ますと
いつもなら床にぺったり張り付くのですが
この日は顔をいつもより上げたまま辺りを見回し
少し余裕が感じられました。

外に出されても怖いことはないと少し学んだのかもしれません。

この子も同郷の男の子と会わせてみても
あまり興味も持たずに、ただわさわさと動き回るだけでした。

身体のどこに触れても、逃げようとはすれど
決して攻撃的になったりはしません。
f0078320_11215392.jpg


f0078320_11220774.jpg


f0078320_11220060.jpg

↓以前のレポートより


f0078320_11264083.jpg


f0078320_11264688.jpg




※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)
先週は少し落ち着きがなかったようですが
この日はいつもの通りに、ややシャイながらおっとりとした
穏やかな雰囲気のを醸し出していました。

おやつにはやはり惹かれるようです。
少し食べるのを戸惑う場面もありましたが
時間を掛けると思いだしたように食べ始めました。

歯を見たり、腹部などを触ったりしても
唸り声ひとつあげず、威嚇することもありません。
身体は大き目ですが、性格は穏やかだと思います。

耳が千切れたようになっているのは
犬同士で争ったことはあるのかもしれません。


f0078320_11271939.jpg


f0078320_11273531.jpg


f0078320_11271489.jpg


f0078320_11272752.jpg

↓以前のレポートより



f0078320_11290120.jpg



以前2頭を会わせてみた時は、お互いそれどころではないほど緊張していましたが
この日会わせてみたところ、少しお互いの匂いを嗅ぎ
寄り添う場面が見られました。
見知らぬ場所に連れてこられ、不安と孤独を感じた日々を過ごしていたと思います。
久々に知った顔に会ってほっとした様子でした。

身体は大きいけれど、少し気の弱いきょうだいのような2頭が
それぞれ安心して暮らせるお家が一日も早く見つかりますように。
f0078320_11293180.jpg

f0078320_11292561.jpg

f0078320_11294200.jpg

f0078320_11293689.jpg



【収容室③】 3頭

※1/31よりレポートに登場 (1/16収容)
▽白茶 メス 1-2歳 12-13キロ
ケージの中をのぞき込むとなんとも困った表情をしていました。
その表情はまるで母犬とはぐれた子犬のようです。
不安でしかたがないのか、扉を開けると小刻みに震えていました。

それほど痩せてはいませんし
毛並もきれいなので、野良っ子ではなさそうです。
人の手も怖がりはしませんので
飼い犬であったのだろう思われます。

ロープは嫌がりすぐに噛み切ろうとして
あっという間に一本噛み切ってしまいました。
ですが人が触れても歯を当てることはしませんでした。
人は怖くないと理解するのもそう時間は掛からなそうです。

f0078320_12075849.jpg
f0078320_22462373.jpg

f0078320_12060491.jpg

f0078320_12055610.jpg

f0078320_12074215.jpg




※11/29よりレポートに登場 (11/18収容)
▽茶白 メス 1歳ぐらい 10キロ程度
この日もロープをつけるのを断念してしまいました。
扉を開けてもなかなか出てこようとはしなかったため
ケージの中でのいつもと同じ姿しか撮れませんでした。

と、言ってもあまり嫌な経験をさせたくないと思っただけで
この子が激しく抵抗したわけではありません。

看護師のOさんにお聞きしたところ
ロープは掛けられるようになっているそうです。
f0078320_12144829.jpg

f0078320_12145410.jpg

f0078320_12150077.jpg↓以前のレポートより


f0078320_22292721.jpg






※12/20よりレポート登場 (12/8収容)
∇メス 茶黒 1-2歳 10キロ未満

ケージから外出すと最初だけバタバタと暴れますが
すぐに隅っこで小さく固まります。
おそらくリードなどで引かれる経験は全くないのでしょう。

この子の場合、パニックの最中にこちらが触れても
恐怖のあまりお口が出たりはしませんので
リードで引かれることにさえ馴れてしまえば
あとは徐々に人を受け入れて行ってくれると思います。

抱き上げたりしても変な恰好で固まりますが
抵抗したりお口が出ることはありません。
f0078320_12183263.jpg

f0078320_12185329.jpg

f0078320_12185989.jpg

f0078320_12190603.jpg

f0078320_22333695.jpg

レポートは続きます。
" />

... TOPIX

2/7センターレポート 収容室①②③    8頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。

引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





【収容室①】 3頭

※2/7レポート初登場 (11/21収容)
▽白茶 オス 7-8歳 12キロ程度(適正14-15キロ)

ヤンチャっ子そうなお顔をした男の子ですが
意外に落ち着きがあり、
人の顔を良く見る子でした。
当初はフードガードのような様子が見られたそうですが
(その後問題なしということが分かりました)
痩せ過ぎの身体からもわかるように
放浪していた時にかなり飢えていた時期があったのかもしれません。

おやつを見せると掛け声に従ってお座りをし
お手も理解していました。

常にお腹いっぱい食べられるようになって
さらに落ち着いてくると思います。

身体のどこに触れても嫌がりませんが
抱っこは苦手のようです。

f0078320_01285910.jpg




f0078320_01290511.jpg




f0078320_01291121.jpg




f0078320_01291785.jpg




f0078320_01292447.jpg




f0078320_01293030.jpg






※2/7レポート初登場 (1/24収容)
▽テリア系雑 オス 8歳くらい 5-6キロ(適正7-8キロ)
毛玉だらけで皮膚の状態が悪く
ネグレクトに遭っていたとしか思えない子です。
本犬は全く悲壮感などなく、人懐っこくて
小型犬らしいマイペースさで
表情の可愛らしさも相まって、とても魅力のある子だと思いました。
抱っこも慣れています。
人にも馴れているので可愛がられていた時期もあるのでしょう。
歯は歳相応に汚れていました。

f0078320_01360091.jpg




f0078320_01355472.jpg




f0078320_01360588.jpg




f0078320_01361665.jpg




f0078320_01361217.jpg







【収容室②】 3頭

※2/7レポート初登場 (1/30収容)
▽白黒 オス 3歳位 13-14キロ

人馴れ抜群の男の子です。
実に楽しそうにぴょんぴょこ飛び跳ねて
フレンドリーさと若さが弾けるようでした。

隣のケージの子を覗き込んで
ウガッと怒られても全くへっちゃらで
ただただ嬉しそうにしていました。

頭が大きく、脚は短めで
昔ながらの和犬っぽい体型ですが
垂れ耳と陽気さは洋犬MIXの雰囲気です。

白い子が黒い着ぐるみを着させられているかのような
神がかった色合いで、とても目を引きます。
身体のどこに触れられても怒ることは無く
ハイパーすぎもしないので
すぐにでも再出発できそうな子です。


f0078320_01432577.jpg




f0078320_01433070.jpg




f0078320_01433663.jpg




f0078320_01434329.jpg




f0078320_01435645.jpg




f0078320_01440537.jpg




f0078320_01435079.jpg




※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-18キロ
ケージ外でトイレをしたい気持ちの方が勝ってか
ロープを掛けるとわりとすんなり自分から出てきてくれました。
そしてちゃんと座ってオシッコを済ますと
いつもなら床にぺったり張り付くのですが
この日は顔をいつもより上げたまま辺りを見回し
少し余裕が感じられました。

外に出されても怖いことはないと少し学んだのかもしれません。

この子も同郷の男の子と会わせてみても
あまり興味も持たずに、ただわさわさと動き回るだけでした。

身体のどこに触れても、逃げようとはすれど
決して攻撃的になったりはしません。
f0078320_11215392.jpg



f0078320_11220774.jpg



f0078320_11220060.jpg


↓以前のレポートより


f0078320_11264083.jpg



f0078320_11264688.jpg





※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)
先週は少し落ち着きがなかったようですが
この日はいつもの通りに、ややシャイながらおっとりとした
穏やかな雰囲気のを醸し出していました。

おやつにはやはり惹かれるようです。
少し食べるのを戸惑う場面もありましたが
時間を掛けると思いだしたように食べ始めました。

歯を見たり、腹部などを触ったりしても
唸り声ひとつあげず、威嚇することもありません。
身体は大き目ですが、性格は穏やかだと思います。

耳が千切れたようになっているのは
犬同士で争ったことはあるのかもしれません。


f0078320_11271939.jpg



f0078320_11273531.jpg



f0078320_11271489.jpg



f0078320_11272752.jpg


↓以前のレポートより



f0078320_11290120.jpg




以前2頭を会わせてみた時は、お互いそれどころではないほど緊張していましたが
この日会わせてみたところ、少しお互いの匂いを嗅ぎ
寄り添う場面が見られました。
見知らぬ場所に連れてこられ、不安と孤独を感じた日々を過ごしていたと思います。
久々に知った顔に会ってほっとした様子でした。

身体は大きいけれど、少し気の弱いきょうだいのような2頭が
それぞれ安心して暮らせるお家が一日も早く見つかりますように。
f0078320_11293180.jpg


f0078320_11292561.jpg


f0078320_11294200.jpg


f0078320_11293689.jpg




【収容室③】 3頭

※1/31よりレポートに登場 (1/16収容)
▽白茶 メス 1-2歳 12-13キロ
ケージの中をのぞき込むとなんとも困った表情をしていました。
その表情はまるで母犬とはぐれた子犬のようです。
不安でしかたがないのか、扉を開けると小刻みに震えていました。

それほど痩せてはいませんし
毛並もきれいなので、野良っ子ではなさそうです。
人の手も怖がりはしませんので
飼い犬であったのだろう思われます。

ロープは嫌がりすぐに噛み切ろうとして
あっという間に一本噛み切ってしまいました。
ですが人が触れても歯を当てることはしませんでした。
人は怖くないと理解するのもそう時間は掛からなそうです。

f0078320_12075849.jpg

f0078320_22462373.jpg


f0078320_12060491.jpg


f0078320_12055610.jpg


f0078320_12074215.jpg





※11/29よりレポートに登場 (11/18収容)
▽茶白 メス 1歳ぐらい 10キロ程度
この日もロープをつけるのを断念してしまいました。
扉を開けてもなかなか出てこようとはしなかったため
ケージの中でのいつもと同じ姿しか撮れませんでした。

と、言ってもあまり嫌な経験をさせたくないと思っただけで
この子が激しく抵抗したわけではありません。

看護師のOさんにお聞きしたところ
ロープは掛けられるようになっているそうです。
f0078320_12144829.jpg


f0078320_12145410.jpg


f0078320_12150077.jpg
↓以前のレポートより


f0078320_22292721.jpg







※12/20よりレポート登場 (12/8収容)
∇メス 茶黒 1-2歳 10キロ未満

ケージから外出すと最初だけバタバタと暴れますが
すぐに隅っこで小さく固まります。
おそらくリードなどで引かれる経験は全くないのでしょう。

この子の場合、パニックの最中にこちらが触れても
恐怖のあまりお口が出たりはしませんので
リードで引かれることにさえ馴れてしまえば
あとは徐々に人を受け入れて行ってくれると思います。

抱き上げたりしても変な恰好で固まりますが
抵抗したりお口が出ることはありません。
f0078320_12183263.jpg


f0078320_12185329.jpg


f0078320_12185989.jpg


f0078320_12190603.jpg


f0078320_22333695.jpg


レポートは続きます。

関連記事

ページ上部へ戻る