... TOPIX

2/28センターレポート 4日目部屋  5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


***先週のレポートより写真・文章ともに転用しています***

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



センターを訪れ、この部屋を覗くと必ず
5頭揃って固まって、部屋の一番奥にあるすのこの上に
横たわっている姿を目にすることになります。



いつもの光景ですが、1年を越えてここにいる子もいます。
大部屋で自由に動ける分、人を避けて逃げ回るのが
クセになってしまっている子、
私たちが部屋に入っている時間が早く過ぎてくれないかと
ただただ固まっている子、
ただ、どの子も人に対して攻撃してくることはありません。
なんとかこの子たちにも人の暖かさ、優しさを伝えたいと
毎回毎回訪問するたびに思うばかりです。
どうかこの子たちにも目を向けてあげてくださいませんか。









※8/23よりレポートに登場 (8/8収容)皮膚治療中。
▽茶 オス 1-2歳 13キロくらい
この子もここでの生活が半年を経過しています。
収容当初、皮膚の状態が非常に悪く、
毛はパサパサであちこち毛が薄くなっている部分がありましたが
センターの方々のケアによって、今ではすっかり綺麗な毛に覆われています。
痩せていた身体も大分お肉がついてきて
しっかりとしてきました。








ただ、この子は人との関わりは相当薄いと思われ、
かなりゆっくりとした動きで近づいても
間違いなく人を避けて逃げていきます。



しきりに廊下を何度も覗いていたので、
気になる人がいるのかと思いきや、
隣の収容室との隙間もしきりに鼻をつっこんでみたりしており、
なんとかここから逃げ出そうとしているのだとわかりました。
何をされるかわからない恐怖感から
人を避けることしか知らないだけなのだと思います。
なかなか他犬のそばにも寄り添えなかったこの子も
最近はこの群れにしっかり馴染んできたようで、その点だけは少し安心しました。







※3/1よりレポートに登場 (2/16収容)
▼茶白 オス 2-3歳 12キロ~
気がつけばこの子もここで1年を迎えました。
人に対しての警戒感はまだ抜けていませんが、
他犬に対しては本当に優しく接することが出来る子です。
特に自分より身体の小さい子に対して
そっと寄り添って守ってあげているような姿を何度も目にしてきました。
一頭で飼っていただくよりも、穏やかで優しい先住犬がいるご家庭なら
この子も安心できるのではないかと考えてしまいます。






今日は置いたおやつも食べてくれることはありませんでした。
とても繊細な子だと思いますので、
久しぶりにこの部屋に入った私に対して
また少し警戒していたのかもしれません。
自分から人に近づいてくることはまだないですが
毎週時間をかけて接してあげることで、
優しい心を持ったこの子もきっと心を開いてくれるのでは
と、とても期待しています。
一時期少し警戒心が増してきたように思えた時がありましたが、
その頃の目つきよりも大分穏やかな表情になってきたと思います。








※2/16よりレポートに登場 (2/2収容)
▼薄茶白 オス 4-5歳? 11キロぐらい
この子もすでにここで1年を経過してしまいました。
常に外を気にしていて、



人が通路を通るとガタガタと震えたり、
人がこの部屋に入ると落ち着きなくソワソワして
部屋の中をずっと逃げ回っていたりする子です。
それでもこの子の場合、人から一旦は離れていくものの、
動きまわる時には人の目の前を横切って行ったりもします。
ドキドキしていて回りが目に入らず
ただただ動き回っているだけなのかもしれませんが
この子は時間をかけてあげれば人馴れしていける可能性が
とても高い子だと思います。






数ヵ月前にしばらく毎週この部屋での滞在に時間をかけた時には
3週目くらいで、顔を背けていれば手からおやつも食べてくれるように
なっていました。
なかなかこの部屋ばかりに時間をかけてあげられないのが
本当に歯がゆいところではありますが、
大きな可能性を秘めている子であることは間違いないと思います。

毎週のセンター訪問作業のお手伝いをしてくださる方が増えれば
人と接する時間が必要なこの子たちとの時間を
もっともっと作ってあげられます。
ご協力いただける方は是非お願いしたいと思います。










※8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-13キロくらい
この子も半年を迎えています。
以前は身体を触ろうとするだけでなく、
おやつを近くに置いてあげようとするだけでも
空噛みをしてくるような子でしたが
久しぶりにこの子の口元におやつを差し出しても
顔を背けるだけで、唸ったり空噛みをしようとすることは
一度もありませんでした。
ほんの少しの変化なのかもしれませんが、
この子なりに、ここに来る人は怖いことをするのではない
ということを理解しつつあるのではないでしょうか。






緊張感が伝わってきましたので
今日は身体を触ることはしませんでした。
人の手が怖くないと、この子にもしっかり伝えたいと思います。
すぐそばにおやつを置いてあげましたが
今日も食べることは出来ませんでした。
誰もいなくなったら食べられたかな?
焦らずゆっくりでいいからね。










※8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後
この子ももうここで半年を迎えています。
収容当初、皮膚の状態が悪く、毛がかなりパサパサしていました。
現在は、センターの方々の手厚いケアのおかげで
薄かった毛もきれいになってきました。



この子はこうして横になっていることが多いのですが
この部屋にいる子たちのなかで一番警戒心が薄い子です。
今日もおやつを差し出すと欲しそうにはするものの
手から食べることが出来ませんでしたが、
口元につっこんであげるように与えてみたところ
モグモグと食べてくれて、その後からは普通に手から
食べてくれました。
とても食いしん坊なようです。






身体を触ることは出来ても、長いこと撫でていたり、
顔の近くを触ろうとすると「やめろ!!」と意思表示していましたが、
今日はゆっくりと身体からお顔近くも撫でようとした時に
ビクっとするのと同時にちょっと空噛みしようとするのを
「そんなことする必要ないよ。我慢できてえらいね。」
と、ずっと大げさに褒め続けると
「黙ってても大丈夫なの?」という顔をして
こちらを見つめてきていたので、更に褒め続けてあげると
段々と身体の力が抜けてくるのがわかりました。
がんばれ!がんばれ!もう一息だね。
君に接する人間は皆優しいんだよ。
自信持って!!君なら絶対人の暖かさがわかるよ。












レポートは以上です。


関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る