ブログ

野生のゆず

肛門狭窄の難病で生死も危ぶまれたゆず 病気のせいでかよわいイメージがありますが・・・ いえいえ、とんでもない。 体が軽いので、運動神経抜群 すごいやんちゃ坊主です。 天井の梁でもスイスイ上っていきます。 長らく肛門狭窄による便秘で苦しんだゆずですが、 東大病院での3度の手術のおかげで 今では毎日、朝晩お通じがあります。 便を柔らかくする薬をピーク時の半分に減らし、 人差指を肛門に指す拡張も朝晩から、1日1回に減らしています。 ごはんもよく食べてどんどん成長しています。 2k
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ねりまねこ・地域猫

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る