f0078320_14130496.jpgf0078320_14131217.jpg
他犬が苦手で、他の子が外にだしてもらっていると
悲鳴に近いような声で泣き叫ぶことが多かったおもちですが、
最近はギャゥっと一喝するものの、
ずっと吠え続けることは少なくなりました。
「おもち、ちゃんとゆっくりあとで出してあげるから待っててね」
と声をかけてあげると、少し理解してくれているようで
大分我慢してくれるようになってきました。



コロコロとした身体を揺らして、テチテチと歩く姿は
本当に憎めないかわいさがあります。
人馴れは抜群ですし、飼い主には従順な子だと思います。
一頭で飼ってくださる方の暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_14210478.jpgf0078320_14212177.jpgf0078320_14220147.jpg



☆りく君

※1/24よりレポートに登場 (1/下旬引取)
▽柴 オス(去勢済) 10歳 11.65キロ
飼い主募集中!!No.4698
とても穏やかで落ち着きがあるおじぃちゃんのりく君です。
収容当初は、以前の飼い主と別れた寂しさもあったのか
どことなく元気がないように思えましたが、
大分表情が豊かになってきたように思います。



もちろん身体のどこを触っても嫌がることもありませんし、
強めに撫でてみても全く問題はありません。
お座りも上手に出来ますし、おやつもゆっくりと食べてくれます。
そっと人に寄り添っているのが幸せな子なのだと思います。

f0078320_14310087.jpgf0078320_14310617.jpgf0078320_14311490.jpgf0078320_14313232.jpg確かに10歳という年齢は、りく君の犬生の半分を過ぎてしまっていますが
今までかわいがってもらったりく君にも
最期まで人との生活をゆっくりと味合わせてあげたい。
そう願うばかりです。
年齢の割りには全く衰えも見られませんし、
こちらの指示もしっかり伝わります。
のんびりと縁側でひなたぼっこしている姿が
本当に絵になりそうなりく君です。
足取りもしっかりしていますのでお散歩にも連れていってあげたいです。
まだまだりく君に残された犬生を
一緒に歩んでくださる方はいらっしゃいませんか。
f0078320_14421407.jpgf0078320_14422520.jpgf0078320_14432832.jpg


☆みすずちゃん

※12/13よりレポートに登場 (12/1収容)
∇薄茶 メス 7-8歳 10キロくらい(腹部脂肪腫?あり)
とても大きな目が印象的な女の子です。
シニアになっていると思われますが元気一杯です。
ケージの中では外に出たい!と猛アピールしていました。
外に出てくると先程までの大騒ぎが嘘のように静かになり、
食いしん坊のようでメンバーの持っているおやつを狙っていました。
人馴れ抜群とはいきませんが、少し慎重なだけだと思います。
f0078320_15114697.jpgf0078320_15121816.jpgf0078320_15124404.jpgf0078320_15131543.jpg抱っこも大人しくさせてくれました。
少し余所行きの顔をしているのがかわいかったです。
収容当初からあるお腹の脂肪腫ですが、
少し大きくなっているような気がしました。
それでも本犬は特に気にしている様子はありません。
目立つ大きさではありますが、良性であれば切除してしまえば
何ら問題はありません。
一日も早く個別にケアしてあげられるよう、
暖かい家庭に迎えてもらえますように。
f0078320_15293979.jpgf0078320_15294707.jpgf0078320_15295716.jpgf0078320_15304589.jpg






【C部屋】2頭

※2/21よりレポートに登場(2/16引き取り)
▽茶白長毛 メス 8歳 14-15キロ 肥満(適正11-12キロ位)ふさふさもこもこの被毛に包まれたかわいこちゃんです。
パッと見た目ではまだ幼い子かと思うほどの童顔ですが
この子もシニアの域にはいっているようです。



とても甘えん坊でケージから出してあげると
飛び出してきて皆にかわるがわる甘えていました。
シニアとはいえ、とても元気です。
常に人に甘えて、じっと見ながらくっついてくる姿は
甘えん坊な子が好きな子にはたまらないものがあります。
人を全く疑うことなく見つめてくる目を見ていると
以前の飼い主のこともきっとこの子は恨んではいないのだろう、
と切ない気持ちになってしまいます。

f0078320_15440514.jpg

f0078320_15441574.jpg

f0078320_15442611.jpg

f0078320_15443405.jpg
ただ、おやつや餌を適正以上に与えられていたのか、
かなりの肥満体です。
かわいく甘えてくる子ですから、
ついついおやつも与えすぎてしまうかもしれませんが、
この子にとって太っていることは何らいいことはありません。
シニアですので尚更ですが、長生きさせたければ体重管理は重要です。
お散歩などの運動を含めての体重管理もしっかりとしてくださり、
この子の思いをしっかりと受け留めてくださるご家族の目に
とまりますように。

f0078320_16050018.jpg

f0078320_16052410.jpg

f0078320_16053921.jpg

f0078320_16054727.jpg



※1/24よりレポートに登場(1/19他抑留所より移送)
▽コッカースパニエル オス 7-8歳 13キロ程度
人が大好きなこの子は、人の気配がするとじっとしていられず
ケージの中でそわそわして吠えながら待っています。
ケージをあけてあげるとなだれ込むように私たちに飛びついてきます。
人が恋しくて仕方がないのでしょう。
外に出てきている間もずっとクネクネと甘えてきて
お腹を見せたり抱きついてきたり、と
ひと時も落ち着いていることがありません。
甘えん坊なこの子が一人ぼっちでここにいることが
どれだけ辛いことなのかよくわかります。

f0078320_16453569.jpg

f0078320_16460356.jpg

f0078320_16463554.jpg
首からお腹にかけて毛が全て抜けてしまっていて
皮膚病なのだと思われますが、
本犬は痒がっている様子はありません。
また、左目が充血していて
少し眼球が飛び出しているように見えました。
問題がなければいいのですが、少し気になりました。
本来であれば頻繁にシャンプーをしてあげて
毛が抜けてしまっている部分を清潔にしてあげるべきですが
こちらにいる間にはそれもままなりません。
一日も早く個別にケアしてあげられる環境に
身をおいてあげたいと願わずにはいられません。

f0078320_16554812.jpg

f0078320_16561956.jpg

f0078320_16571813.jpg




レポートは続きます。




" />

ブログ

3/14センターレポート B部屋 3頭 ・ C部屋 2頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
(譲渡希望は、関東限定となります)

※先週レポートより転用します。


【B部屋】3頭

☆おもち

※10/4よりレポートに登場 (6/24引き取り)
▽柴 茶白 メス 5歳 15-6キロ(適正10キロくらい)
以前は部屋に入るととにかくギャーギャー騒いで
「早くだしなさいよ!」と女王様のような雰囲気を醸し出していましたが
最近は大分理解してきたのか、
私たちが部屋に入ってくるとモゴモゴと何か訴えています。
相変わらずぽっちゃりした身体は健在ですが、
動きはとても機敏です。



今日はロープをかけてみようと挑戦してみましたが、
イヤイヤと拒否していて、しつこくやろうとすると
「何すんのよ!」と空噛みをしてきたので、
いつも通り部屋を施錠してフリーで出てきてもらいました。

f0078320_14125508.jpg
f0078320_14130496.jpg
f0078320_14131217.jpg

他犬が苦手で、他の子が外にだしてもらっていると
悲鳴に近いような声で泣き叫ぶことが多かったおもちですが、
最近はギャゥっと一喝するものの、
ずっと吠え続けることは少なくなりました。
「おもち、ちゃんとゆっくりあとで出してあげるから待っててね」
と声をかけてあげると、少し理解してくれているようで
大分我慢してくれるようになってきました。



コロコロとした身体を揺らして、テチテチと歩く姿は
本当に憎めないかわいさがあります。
人馴れは抜群ですし、飼い主には従順な子だと思います。
一頭で飼ってくださる方の暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_14210478.jpg
f0078320_14212177.jpg
f0078320_14220147.jpg




☆りく君

※1/24よりレポートに登場 (1/下旬引取)
▽柴 オス(去勢済) 10歳 11.65キロ
飼い主募集中!!No.4698
とても穏やかで落ち着きがあるおじぃちゃんのりく君です。
収容当初は、以前の飼い主と別れた寂しさもあったのか
どことなく元気がないように思えましたが、
大分表情が豊かになってきたように思います。



もちろん身体のどこを触っても嫌がることもありませんし、
強めに撫でてみても全く問題はありません。
お座りも上手に出来ますし、おやつもゆっくりと食べてくれます。
そっと人に寄り添っているのが幸せな子なのだと思います。

f0078320_14310087.jpg
f0078320_14310617.jpg
f0078320_14311490.jpg
f0078320_14313232.jpg
確かに10歳という年齢は、りく君の犬生の半分を過ぎてしまっていますが
今までかわいがってもらったりく君にも
最期まで人との生活をゆっくりと味合わせてあげたい。
そう願うばかりです。
年齢の割りには全く衰えも見られませんし、
こちらの指示もしっかり伝わります。
のんびりと縁側でひなたぼっこしている姿が
本当に絵になりそうなりく君です。
足取りもしっかりしていますのでお散歩にも連れていってあげたいです。
まだまだりく君に残された犬生を
一緒に歩んでくださる方はいらっしゃいませんか。
f0078320_14421407.jpg
f0078320_14422520.jpg
f0078320_14432832.jpg



☆みすずちゃん

※12/13よりレポートに登場 (12/1収容)
∇薄茶 メス 7-8歳 10キロくらい(腹部脂肪腫?あり)
とても大きな目が印象的な女の子です。
シニアになっていると思われますが元気一杯です。
ケージの中では外に出たい!と猛アピールしていました。
外に出てくると先程までの大騒ぎが嘘のように静かになり、
食いしん坊のようでメンバーの持っているおやつを狙っていました。
人馴れ抜群とはいきませんが、少し慎重なだけだと思います。
f0078320_15114697.jpg
f0078320_15121816.jpg
f0078320_15124404.jpg
f0078320_15131543.jpg
抱っこも大人しくさせてくれました。
少し余所行きの顔をしているのがかわいかったです。
収容当初からあるお腹の脂肪腫ですが、
少し大きくなっているような気がしました。
それでも本犬は特に気にしている様子はありません。
目立つ大きさではありますが、良性であれば切除してしまえば
何ら問題はありません。
一日も早く個別にケアしてあげられるよう、
暖かい家庭に迎えてもらえますように。
f0078320_15293979.jpg
f0078320_15294707.jpg
f0078320_15295716.jpg
f0078320_15304589.jpg







【C部屋】2頭

※2/21よりレポートに登場(2/16引き取り)
▽茶白長毛 メス 8歳 14-15キロ 肥満(適正11-12キロ位)ふさふさもこもこの被毛に包まれたかわいこちゃんです。
パッと見た目ではまだ幼い子かと思うほどの童顔ですが
この子もシニアの域にはいっているようです。



とても甘えん坊でケージから出してあげると
飛び出してきて皆にかわるがわる甘えていました。
シニアとはいえ、とても元気です。
常に人に甘えて、じっと見ながらくっついてくる姿は
甘えん坊な子が好きな子にはたまらないものがあります。
人を全く疑うことなく見つめてくる目を見ていると
以前の飼い主のこともきっとこの子は恨んではいないのだろう、
と切ない気持ちになってしまいます。

f0078320_15440514.jpg


f0078320_15441574.jpg


f0078320_15442611.jpg


f0078320_15443405.jpg

ただ、おやつや餌を適正以上に与えられていたのか、
かなりの肥満体です。
かわいく甘えてくる子ですから、
ついついおやつも与えすぎてしまうかもしれませんが、
この子にとって太っていることは何らいいことはありません。
シニアですので尚更ですが、長生きさせたければ体重管理は重要です。
お散歩などの運動を含めての体重管理もしっかりとしてくださり、
この子の思いをしっかりと受け留めてくださるご家族の目に
とまりますように。

f0078320_16050018.jpg


f0078320_16052410.jpg


f0078320_16053921.jpg


f0078320_16054727.jpg




※1/24よりレポートに登場(1/19他抑留所より移送)
▽コッカースパニエル オス 7-8歳 13キロ程度
人が大好きなこの子は、人の気配がするとじっとしていられず
ケージの中でそわそわして吠えながら待っています。
ケージをあけてあげるとなだれ込むように私たちに飛びついてきます。
人が恋しくて仕方がないのでしょう。
外に出てきている間もずっとクネクネと甘えてきて
お腹を見せたり抱きついてきたり、と
ひと時も落ち着いていることがありません。
甘えん坊なこの子が一人ぼっちでここにいることが
どれだけ辛いことなのかよくわかります。

f0078320_16453569.jpg


f0078320_16460356.jpg


f0078320_16463554.jpg

首からお腹にかけて毛が全て抜けてしまっていて
皮膚病なのだと思われますが、
本犬は痒がっている様子はありません。
また、左目が充血していて
少し眼球が飛び出しているように見えました。
問題がなければいいのですが、少し気になりました。
本来であれば頻繁にシャンプーをしてあげて
毛が抜けてしまっている部分を清潔にしてあげるべきですが
こちらにいる間にはそれもままなりません。
一日も早く個別にケアしてあげられる環境に
身をおいてあげたいと願わずにはいられません。

f0078320_16554812.jpg


f0078320_16561956.jpg


f0078320_16571813.jpg





レポートは続きます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る