f0078320_02224665.jpgf0078320_02225859.jpgここまで怖がるようなことは何もしていないと思うのですが
いつからか常にこういう行動をとるようになってしまいました。
それでも身体を触ったりしてもお口が出ることはありません。
とにかく必死に逃げたい気持ちで一杯なのでしょう。
この子がこういう行動をすることで、
他の2頭も真似をして逃げよう逃げようとしてしまうので
この子がこういう行動を取らなくても大丈夫なように
どう接していけばいいのか考えてあげないといけないなと
思いました。
f0078320_02313127.jpgf0078320_02313948.jpgf0078320_02315291.jpg


※2/14よりレポートに登場 (2/9他抑留所からの移送)
▽白 背中・耳・頭に薄茶のブチ オス 6ヵ月くらい 5-6キロ?7-8キロ
(↓下の子と兄弟です)
この子も↑の茶色の子の悪い影響を受けているのか、
部屋に入ってすぐはなんとか我慢できているものの
ゆっくりと近づいてはいるのですが
茶色の子の上に上がろうと必死になっていました。
茶色の子もその勢いで下に落ちてしまいそうでしたので
危ないからやめなさい、と身体を触ると空噛みをしてきました。
登れないと諦めると、今度はもう1頭の兄弟の子の身体に顔をうずめ
「ボクはいませんから」と言っているかのようでした。
その状態の時に身体を触っても空噛みすることはありませんでした。
f0078320_02452749.jpgf0078320_02453609.jpgf0078320_02464111.jpg結局私たちが部屋の中にいる間は、
茶色の子同様なかなか撮影ができなかったので
他の部屋の撮影が終わってから、ドアの外からの撮影になってしまいました。
私たちを見つめる目は、猜疑心で一杯で
怖がらせるようなことは何もしていないのですが
どうしてあげたらいいのか、本当に悩んでしまいました。
まだ子犬のこの子にもなんとか人の暖かさを教えてあげたいのですが
この部屋にいる3頭共に、単純にゆっくりと部屋に入るというだけでなく
しばらくはドアを開けずに様子を見るなど
もう少し接し方も変えていく必要がありそうです。
f0078320_03014902.jpgf0078320_03015741.jpgf0078320_03020649.jpg


※2/14よりレポートに登場 (2/9他抑留所からの移送)
▽白 薄茶あり 先折れ耳 オス 6ヵ月くらい 5-6キロ?7-8キロ
(↑上の子と兄弟です)
こちらの子は↑の子と違って、ずっと伏せたままで
じっとしているだけでした。
近づいても逃げることもなく、ただひたすらこの時をやり過ごそう
そんな感じに見えました。
もちろん身体を触ることも問題なく出来ます。
顔を隠しているわけでもなく、きちんとこちらの様子は伺っています。
f0078320_20160066.jpgf0078320_20163457.jpgf0078320_20161555.jpgずっと同じ格好をしているので
同じような写真ばかりになってしまいましたが
これだけじっとしているこの子が
他の二頭がずっと大騒ぎして窓際に登ろうとしていたら
なんとこの子も一緒になって窓際に登ろうとしてしまいました。
負の連鎖になってしまったので、これ以上刺激しないように
私たちは慌てて部屋を出ました。
何をしたわけでもなく、この子まで急にそのような行動に出たことは
本当に驚きでした。
やはり来週以降もう少し接し方を考えたいと思います。
f0078320_20260696.jpgf0078320_20283108.jpgf0078320_20284569.jpg




<2-6> 2頭

※12/13よりレポートに登場 (11/28収容)
∇茶白黒 オス 1-2歳 12-3キロ
ちょうど子犬舎を訪れた時、部屋のお掃除をしてもらっている最中で
この子と黒い子が部屋の外に出ていました。
黒い子はキョトンとこちらを見ていましたが、
この子は後ずさりながらこちらに向かって吠えていましたが、
お掃除が終わり、部屋に入ると途端に大人しくなっていて
先程の威勢のよさはどこへやら?という感じでした。
自分に近づいて来れないとわかっていれば
吠えて警戒しているのでしょうが、
いざ近くにいくと小さくなってしまう内弁慶な子のようです。
f0078320_20352658.jpgf0078320_20363465.jpgf0078320_20365289.jpgとても綺麗な顔立ちをした男の子なのに
上目遣いでこちらを見つめる目は
おまえたちなんて信用しないんだからな!
とでも言っているかのようで少し寂しくなりました。
腰を下ろしてゆっくりと近づいていけば
逃げていくことはありません。
しかしながらまだおやつは手から食べられません。
逃げ回るほどのビビリくんではありませんので
少しずつでも人への恐怖心を取り除いてあげられたらと思います。
f0078320_20445103.jpgf0078320_20463193.jpgf0078320_20462071.jpg


※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▼黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度15-16キロ
あと半月ほどで半年を迎えてしまいます。
人馴れ抜群とはいえないかもしれませんが、
人には興味津々で近づいてきます。
手を出すとちょっと驚いて後退りしますが、
そのまま逃げることもなく、またすぐに近づいてきます。
まだまだ人とどう接していけばいいのかわからないのだと思います。
ゆっくりと撫でてあげれば人の手は受け入れることが出来、
人に対する恐怖心というものはそれほどないと思います。
f0078320_20572141.jpgf0078320_20571137.jpgf0078320_20573298.jpgf0078320_20575115.jpgおやつも大好きで、持っているのをみつけると
ぐいぐい近寄ってきます。
カメラにも興味津々でぬ~っと顔を寄せてくるので
この子の鼻先がレンズについてしまったりして
ついつい笑ってしまいます。
これだけいろいろなことに興味を持って
好奇心旺盛な子ですから、
まだまだ若いこの子にも一日も早く人との生活を
味合わせてあげたいと思います。
f0078320_21032323.jpgf0078320_21035653.jpgf0078320_21042647.jpg




<2-7> 1頭

※11/29よりレポートに登場 (11/21収容)
▽薄茶 メス 2歳ぐらい 13ー14キロ
7頭の子犬を育てたお母さんです。
この日、6頭いた子犬のうち4頭を引き出し、
残り2頭も他団体さん引き受けが決まっていましたので
お母さんの子育てもこれで一段落を迎えます。
それほど体格の良い子ではありませんでしたが、
7頭の子犬たちは皆すくすくと育ちました。
お腹パンパンのコロコロとした子犬に育てあげた
子育て上手なお母さんです。
本当にお疲れさま、と声をかけてあげたいです。
f0078320_21131037.jpgf0078320_21134239.jpgf0078320_21141209.jpgf0078320_21144246.jpgこれからはママが幸せになる番です。
人馴れしているとまではいきませんが、
そこまで臆病というほどではないと思います。
おやつは手から食べられませんが、
置いてあげたおやつは、私たちが見ていても食べることが出来ます。
手足が長く、やや長毛な子ですので
子育てがひと段落して栄養をしっかり取れれば
見違えるような美人さんになると思います。
頑張ったママにも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_21224980.jpgf0078320_21230553.jpgf0078320_21231235.jpgf0078320_21242034.jpg




<2-8> 3頭

f0078320_21252806.jpg
※2/21よりレポートに登場(2/16引き取り)
▽茶白(鼻ピンク) メス 1歳弱 11-12キロ(↓下の子と姉妹?です)
ちょっと困った顔をしているようなかわいい女の子です。
ついついこの子の顔を見ていると
おやつもたくさんあげてしまいたくなります。
最初はゆっくりとおそるおそる食べているようでしたが、
段々馴れてきたようで、他の子にあげようとしても
横から顔を出してゆっくりと奪っていくようになりました。
食いしん坊さんのようです。
おやつに誘われるだけでなく、人のこともそれほど警戒しておらず
身体や顔などを触っても抵抗することはありません。
f0078320_21435397.jpgf0078320_21441255.jpgf0078320_21443483.jpg先週はまだ少しおとなしくしていたようですが、
大分人が怖いことをするものではないと
学習できてきたのかもしれません。
人と暮らしてきたことのある子ですから
家庭に入りたっぷりの愛情を注いであげれば
すぐに馴染んでくれそうな子です。
他の子のおやつを盗んで行く時も、
グイグイ来て横取りしていくのではなく
す~っと近寄ってきてゆっくり持っていく感じで
そこまで我の強い子ではないと思います。
f0078320_21525210.jpgf0078320_21530551.jpgf0078320_21531640.jpg


※2/21よりレポートに登場(2/16引き取り)
▽茶白(鼻黒) メス 1歳弱 11-12キロ(↑上の子と姉妹?)
端正な顔立ちで均整のとれた美人さんです。
↑の子と同郷ですが、控えめな子のようです。
この子におやつをあげようとしたところを
↑の子が横からゆっくりとって行こうとしても
怒ることもありませんし、ただただ見つめているだけでした。
元々の性格がとても穏やかな子なのだと思います。
やはりこの子も人と暮らしてきた子ですから
人が怖いというほどの臆病さは感じられません。
ただ、人と一緒に暮らしてきたとはいえ
あまり接する機会がなかったのか、人との接し方が
よくわからないようです。
f0078320_22055188.jpgf0078320_22060136.jpgf0078320_22063083.jpg身体を触ることも出来ますし、
人に対して攻撃的になることはありません。
おやつも食べようとする意欲は見せてくれます。
この控えめな感じが、守ってあげたくなります。
まだまだ幼い表情をしているこの子にも、
人を怖がってしまう前に
本当のご家族に迎えてもらいたいと願ってやみません。
f0078320_22220851.jpgf0078320_22223545.jpgf0078320_22230529.jpg


※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?
↑の茶色の子にぺったりと寄り添い、
出来るだけ顔は隠しつつもこちらの様子が気になるようで
チラチラとこちらを伺っていました。
アイラインがくっきりと出ていて、とても美人さんです。
以前、収容室にいた頃には抱っこも出来た子なので
人に対しての攻撃性はないと思います。
身体も触らせてくれますし、人との関わりが少なかっただけで
そこまで臆病なだけの子ではないと思います。
f0078320_22322798.jpgf0078320_22324278.jpgf0078320_22325492.jpgせっかくの美人さんが台無しだよ、
お顔をもっと見せて!と顔をくいっとこちらに向けると
嫌がることもなくお顔を見せてくれました。
とても素直な子だと思います。
人と関わることがほとんどなかったのではないかと思われますが
その分、人への恐怖心もそれほど重症ではないと思いますので
一日も早く家庭に入って人の暖かさを感じてもらいたいです。
f0078320_22395826.jpgf0078320_22400501.jpgf0078320_22401395.jpg



レポートは続きます。



" />

ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

3/14センターレポート 子犬舎     9頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



<2-5> 3頭

※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 7ヵ月ぐらい 6-7キロ?8-9キロ
収容当初はここまで怖がることがなかったのですが、
最近は部屋に入ると、真っ先にこの子が窓の方に逃げようとして
必死の形相で窓枠のところに登ろうとしますが
そこに登ってしまえば落ち着くということではなく
とにかく人から遠ざかりたい一心のように思います。
しっかりと登りきれずにおかしな格好で止まってしまいます。
見ているこちらが心配になるくらい不安定な格好で
下から支えてあげようとしますが、それも怖いようです。
結局この部屋に入った時にこの子のお顔が撮影出来ず
一旦外に出てから落ち着いたところを撮影するしかありませんでした。
f0078320_02222546.jpg
f0078320_02224665.jpg
f0078320_02225859.jpg
ここまで怖がるようなことは何もしていないと思うのですが
いつからか常にこういう行動をとるようになってしまいました。
それでも身体を触ったりしてもお口が出ることはありません。
とにかく必死に逃げたい気持ちで一杯なのでしょう。
この子がこういう行動をすることで、
他の2頭も真似をして逃げよう逃げようとしてしまうので
この子がこういう行動を取らなくても大丈夫なように
どう接していけばいいのか考えてあげないといけないなと
思いました。
f0078320_02313127.jpg
f0078320_02313948.jpg
f0078320_02315291.jpg



※2/14よりレポートに登場 (2/9他抑留所からの移送)
▽白 背中・耳・頭に薄茶のブチ オス 6ヵ月くらい 5-6キロ?7-8キロ
(↓下の子と兄弟です)
この子も↑の茶色の子の悪い影響を受けているのか、
部屋に入ってすぐはなんとか我慢できているものの
ゆっくりと近づいてはいるのですが
茶色の子の上に上がろうと必死になっていました。
茶色の子もその勢いで下に落ちてしまいそうでしたので
危ないからやめなさい、と身体を触ると空噛みをしてきました。
登れないと諦めると、今度はもう1頭の兄弟の子の身体に顔をうずめ
「ボクはいませんから」と言っているかのようでした。
その状態の時に身体を触っても空噛みすることはありませんでした。
f0078320_02452749.jpg
f0078320_02453609.jpg
f0078320_02464111.jpg
結局私たちが部屋の中にいる間は、
茶色の子同様なかなか撮影ができなかったので
他の部屋の撮影が終わってから、ドアの外からの撮影になってしまいました。
私たちを見つめる目は、猜疑心で一杯で
怖がらせるようなことは何もしていないのですが
どうしてあげたらいいのか、本当に悩んでしまいました。
まだ子犬のこの子にもなんとか人の暖かさを教えてあげたいのですが
この部屋にいる3頭共に、単純にゆっくりと部屋に入るというだけでなく
しばらくはドアを開けずに様子を見るなど
もう少し接し方も変えていく必要がありそうです。
f0078320_03014902.jpg
f0078320_03015741.jpg
f0078320_03020649.jpg



※2/14よりレポートに登場 (2/9他抑留所からの移送)
▽白 薄茶あり 先折れ耳 オス 6ヵ月くらい 5-6キロ?7-8キロ
(↑上の子と兄弟です)
こちらの子は↑の子と違って、ずっと伏せたままで
じっとしているだけでした。
近づいても逃げることもなく、ただひたすらこの時をやり過ごそう
そんな感じに見えました。
もちろん身体を触ることも問題なく出来ます。
顔を隠しているわけでもなく、きちんとこちらの様子は伺っています。
f0078320_20160066.jpg
f0078320_20163457.jpg
f0078320_20161555.jpg
ずっと同じ格好をしているので
同じような写真ばかりになってしまいましたが
これだけじっとしているこの子が
他の二頭がずっと大騒ぎして窓際に登ろうとしていたら
なんとこの子も一緒になって窓際に登ろうとしてしまいました。
負の連鎖になってしまったので、これ以上刺激しないように
私たちは慌てて部屋を出ました。
何をしたわけでもなく、この子まで急にそのような行動に出たことは
本当に驚きでした。
やはり来週以降もう少し接し方を考えたいと思います。
f0078320_20260696.jpg
f0078320_20283108.jpg
f0078320_20284569.jpg





<2-6> 2頭

※12/13よりレポートに登場 (11/28収容)
∇茶白黒 オス 1-2歳 12-3キロ
ちょうど子犬舎を訪れた時、部屋のお掃除をしてもらっている最中で
この子と黒い子が部屋の外に出ていました。
黒い子はキョトンとこちらを見ていましたが、
この子は後ずさりながらこちらに向かって吠えていましたが、
お掃除が終わり、部屋に入ると途端に大人しくなっていて
先程の威勢のよさはどこへやら?という感じでした。
自分に近づいて来れないとわかっていれば
吠えて警戒しているのでしょうが、
いざ近くにいくと小さくなってしまう内弁慶な子のようです。
f0078320_20352658.jpg
f0078320_20363465.jpg
f0078320_20365289.jpg
とても綺麗な顔立ちをした男の子なのに
上目遣いでこちらを見つめる目は
おまえたちなんて信用しないんだからな!
とでも言っているかのようで少し寂しくなりました。
腰を下ろしてゆっくりと近づいていけば
逃げていくことはありません。
しかしながらまだおやつは手から食べられません。
逃げ回るほどのビビリくんではありませんので
少しずつでも人への恐怖心を取り除いてあげられたらと思います。
f0078320_20445103.jpg
f0078320_20463193.jpg
f0078320_20462071.jpg



※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▼黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度15-16キロ
あと半月ほどで半年を迎えてしまいます。
人馴れ抜群とはいえないかもしれませんが、
人には興味津々で近づいてきます。
手を出すとちょっと驚いて後退りしますが、
そのまま逃げることもなく、またすぐに近づいてきます。
まだまだ人とどう接していけばいいのかわからないのだと思います。
ゆっくりと撫でてあげれば人の手は受け入れることが出来、
人に対する恐怖心というものはそれほどないと思います。
f0078320_20572141.jpg
f0078320_20571137.jpg
f0078320_20573298.jpg
f0078320_20575115.jpg
おやつも大好きで、持っているのをみつけると
ぐいぐい近寄ってきます。
カメラにも興味津々でぬ~っと顔を寄せてくるので
この子の鼻先がレンズについてしまったりして
ついつい笑ってしまいます。
これだけいろいろなことに興味を持って
好奇心旺盛な子ですから、
まだまだ若いこの子にも一日も早く人との生活を
味合わせてあげたいと思います。
f0078320_21032323.jpg
f0078320_21035653.jpg
f0078320_21042647.jpg





<2-7> 1頭

※11/29よりレポートに登場 (11/21収容)
▽薄茶 メス 2歳ぐらい 13ー14キロ
7頭の子犬を育てたお母さんです。
この日、6頭いた子犬のうち4頭を引き出し、
残り2頭も他団体さん引き受けが決まっていましたので
お母さんの子育てもこれで一段落を迎えます。
それほど体格の良い子ではありませんでしたが、
7頭の子犬たちは皆すくすくと育ちました。
お腹パンパンのコロコロとした子犬に育てあげた
子育て上手なお母さんです。
本当にお疲れさま、と声をかけてあげたいです。
f0078320_21131037.jpg
f0078320_21134239.jpg
f0078320_21141209.jpg
f0078320_21144246.jpg
これからはママが幸せになる番です。
人馴れしているとまではいきませんが、
そこまで臆病というほどではないと思います。
おやつは手から食べられませんが、
置いてあげたおやつは、私たちが見ていても食べることが出来ます。
手足が長く、やや長毛な子ですので
子育てがひと段落して栄養をしっかり取れれば
見違えるような美人さんになると思います。
頑張ったママにも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_21224980.jpg
f0078320_21230553.jpg
f0078320_21231235.jpg
f0078320_21242034.jpg





<2-8> 3頭

f0078320_21252806.jpg

※2/21よりレポートに登場(2/16引き取り)
▽茶白(鼻ピンク) メス 1歳弱 11-12キロ(↓下の子と姉妹?です)
ちょっと困った顔をしているようなかわいい女の子です。
ついついこの子の顔を見ていると
おやつもたくさんあげてしまいたくなります。
最初はゆっくりとおそるおそる食べているようでしたが、
段々馴れてきたようで、他の子にあげようとしても
横から顔を出してゆっくりと奪っていくようになりました。
食いしん坊さんのようです。
おやつに誘われるだけでなく、人のこともそれほど警戒しておらず
身体や顔などを触っても抵抗することはありません。
f0078320_21435397.jpg
f0078320_21441255.jpg
f0078320_21443483.jpg
先週はまだ少しおとなしくしていたようですが、
大分人が怖いことをするものではないと
学習できてきたのかもしれません。
人と暮らしてきたことのある子ですから
家庭に入りたっぷりの愛情を注いであげれば
すぐに馴染んでくれそうな子です。
他の子のおやつを盗んで行く時も、
グイグイ来て横取りしていくのではなく
す~っと近寄ってきてゆっくり持っていく感じで
そこまで我の強い子ではないと思います。
f0078320_21525210.jpg
f0078320_21530551.jpg
f0078320_21531640.jpg



※2/21よりレポートに登場(2/16引き取り)
▽茶白(鼻黒) メス 1歳弱 11-12キロ(↑上の子と姉妹?)
端正な顔立ちで均整のとれた美人さんです。
↑の子と同郷ですが、控えめな子のようです。
この子におやつをあげようとしたところを
↑の子が横からゆっくりとって行こうとしても
怒ることもありませんし、ただただ見つめているだけでした。
元々の性格がとても穏やかな子なのだと思います。
やはりこの子も人と暮らしてきた子ですから
人が怖いというほどの臆病さは感じられません。
ただ、人と一緒に暮らしてきたとはいえ
あまり接する機会がなかったのか、人との接し方が
よくわからないようです。
f0078320_22055188.jpg
f0078320_22060136.jpg
f0078320_22063083.jpg
身体を触ることも出来ますし、
人に対して攻撃的になることはありません。
おやつも食べようとする意欲は見せてくれます。
この控えめな感じが、守ってあげたくなります。
まだまだ幼い表情をしているこの子にも、
人を怖がってしまう前に
本当のご家族に迎えてもらいたいと願ってやみません。
f0078320_22220851.jpg
f0078320_22223545.jpg
f0078320_22230529.jpg



※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?
↑の茶色の子にぺったりと寄り添い、
出来るだけ顔は隠しつつもこちらの様子が気になるようで
チラチラとこちらを伺っていました。
アイラインがくっきりと出ていて、とても美人さんです。
以前、収容室にいた頃には抱っこも出来た子なので
人に対しての攻撃性はないと思います。
身体も触らせてくれますし、人との関わりが少なかっただけで
そこまで臆病なだけの子ではないと思います。
f0078320_22322798.jpg
f0078320_22324278.jpg
f0078320_22325492.jpg
せっかくの美人さんが台無しだよ、
お顔をもっと見せて!と顔をくいっとこちらに向けると
嫌がることもなくお顔を見せてくれました。
とても素直な子だと思います。
人と関わることがほとんどなかったのではないかと思われますが
その分、人への恐怖心もそれほど重症ではないと思いますので
一日も早く家庭に入って人の暖かさを感じてもらいたいです。
f0078320_22395826.jpg
f0078320_22400501.jpg
f0078320_22401395.jpg




レポートは続きます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る