f0078320_02400736.jpg


f0078320_02401509.jpg


f0078320_02402048.jpg





NO,Ⅱ

☆タナカくん

※7/19よりレポートに登場(7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-2キロ

人の目をしっかり見て、
言葉に一生懸命耳を傾けてくれる、穏やかでとってもいい子です。
歯もしっかり見せてくれます。


そんな良い子が、他犬に対しては別犬のようになる時があります。

この日も隣の犬に凄い剣幕で威嚇していました。
それもいきなり、下の10センチ程の隙間からわざわざ覗いてですから、
なんでそこまでしてと思ってしまいました。
1頭飼いが望ましく、散歩等で犬に会った時は距離をとるなど、
人間側でしっかりコントロールをしてあげる必要があります。
この子を理解してくだされば、人には従順だと感じますので、
良きパートナーになれる子です。
そんな家族様に迎えていただきたいです。

f0078320_02485500.jpg


f0078320_02490151.jpg


f0078320_02490804.jpg


f0078320_02491311.jpg


f0078320_02491912.jpg





NO、Ⅲ

※3/7よりレポートに登場(3/2他抑留所より移送)
▽白薄茶 メス 1-2歳 12-13キロ

まだまだ幼さの残る子で、限りなく1歳に近いのではと感じました。
目が中心に寄っているのが、この子のチャームポイントです。

バランスの良い体型で、美しい女の子です。

ケージから出してもらえた嬉しさで、
しばらくはとにかく落ち着きがなくて、写真を撮るのが大変でした。

とても明るい子なのですが、それでも今はまだビクビクしている様子も伺うことができ、
特に音にとても敏感に反応していました。

余りにもチョコチョコと動くので抱いてみたら、
カチィーンと固まってしまいましたが、
決して暴れることはなく、嫌だというよりただ慣れていないだけのようです。
人に信頼を寄せている様子ですから、身体のどこを触っても怒りません。

↑ タナカくんから激しく威嚇された時は、売られたものは買う性格のようで、
負けていませんでした。
様子を見ていると、自分から仕掛けることはこの日は全くありませんでしたが、なかなか勝気なところもあるようです。

歯もピカピカです。
まだまだ若い子ですから、側に居る人間次第で、
もっともっと変わると思いますので、
とても楽しみな子です。


f0078320_03015165.jpg


f0078320_02574278.jpg


f0078320_02574846.jpg


f0078320_02575387.jpg


f0078320_02575935.jpg


f0078320_03015723.jpg






NO、Ⅳ

☆コンくん
※9/6よりレポートに登場 (引取)
▽茶白 オス 5-6歳 17ー18キロ

いつも元気一杯なコンくんです。
ケージの中では、早く出してもらいたくて、
ずっと飛び跳ねて猛アピールしてましたので、
出してあげた時は、既に息が上がっていたほどです。
頭に新しい傷があったのは、この猛アピールで作ってしまったのかもしれません。

出してあげたら真っ先に部屋の扉に向かって行きました。
もう随分な時間をここで過ごしています。
しばらく扉から動こうとはしませんでしたが、
その後諦め、時間一杯私達に甘えて来る可愛いコン君。

そんな甘えん坊さんですから、
今の生活は、コン君にはストレスになってるのではと心配になります。
しっかり食べている様子なのに身に付かないのは、
そんなことも関係しているかもしれません。
上記の体重より今は少ないと思います。

大好きな人の側で、一日も早く生活が出来ますよう願っています。

f0078320_03040657.jpg


f0078320_03041150.jpg


f0078320_03041699.jpg


f0078320_03042155.jpg


f0078320_03042509.jpg



NO、Ⅴ

※2/14よりレポートに登場(2/9他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 4歳くらい 14キロ程度


ケージの中に居ることがかなりストレスなのか、
硬いステンレスケージをずっと齧っていて、
キーキー音を立てていました。



出してあげると、全くの別犬になり、
同じ犬とは思えないほど動きも止まり、とても落ち着きのある子です。

間違いなくこの子も人の愛情を知っています。
一時は可愛がられていたのでしょう。
オヤツをあげると、どんなに小さくしても、
手に歯を当てないように、上手に優しく食べてくれます。
人から何か言ってもらうのを、
顔をじっと見て待っている姿は、普通の家庭犬と何ら変わりありません。

この子も一日も早く安心できる家族の一員にしてあげたいです。

f0078320_03073396.jpg


f0078320_03073897.jpg


f0078320_03074390.jpg


f0078320_03074937.jpg


f0078320_03075585.jpg





NO、Ⅶ

※2/28よりレポートに登場 (2/23他抑留所より移送)
▽茶黒 メス 2-3歳 8-9キロ

小振りでとても愛嬌のある子です。
この子も人と生活をしていた子でしょう。
そして愛情も注がれていたはずです。
人に信頼を寄せているので、何一つ抵抗せずになすがままです。

どんな理由があったにせよ、なぜ手放すことが出来たのか、
理解に苦しみます。
何一つこの子に原因が見つかりません。

早く出して欲しくて、ケージの中ではかなり騒いでいましたので、
この子もそれなりにストレスもあるのか、
隣の子に、やはり下の隙間から覗いては八つ当たりのように怒っていました。

まだ若いこの子にはタップリ時間があります。
この子がこれから後十数年。
もう裏切られることなく、最期の日まで穏やかに暮らせる家族と巡り合えますようにと、
そんな気持ちで一杯です。


f0078320_03103145.jpg


f0078320_03110779.jpg


f0078320_03111286.jpg


f0078320_03111767.jpg

↓先週レポートより

f0078320_03122369.jpg




A-Ⅷ

☆アサヒくん

※3/7よりレポートに登場 (2/20収容)
▽オス 7-8歳 7-8キロ 


当初は悲鳴のような鳴き声が響き渡っていて聞いている方も辛くなるほどでしたが
声が枯れたのか環境に慣れてきたのか最近は落ち着いて来ました。
と言ってもケージから出ると大はしゃぎで嬉しさ全開です。

ずっとあっちこっちと動き回っていました。
今まで自由に外を駆け回っていたのだから無理もありません。
一生懸命はしゃいでいる姿は天真爛漫でとても愛らしいです。
十分なお散歩をしてもらえれば落ち着いて過ごせる子なのではと感じます。



f0078320_03145094.jpg


f0078320_03144509.jpg


f0078320_03145546.jpg


f0078320_03150068.jpg

レポートは続きます。


" />

... TOPIX

4/11センターレポート A部屋    7頭

ひなのんさんのレポートです。

加筆・修正しています。

一部先週レポートより転用しています。
写真は最新です。

引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






NO,Ⅰ

※2/28よりレポートに登場 (2/14収容)
▽茶白 メス 3歳くらい 12-13キロ
ケージ内に居る時から、淑やかで物静かと感じた子です。

ケージから出してあげた直後は、
こちらを伺う様子があり、少し距離を持ちたがりましたが、
警戒しているというよりは、慎重なだけのように感じます。
尻尾は下がることなく、しっかり上がっていました。

オヤツを差し出すと、少し考え
その後は自ら寄って来て、ガッツクことなく優しく食べていました。

身体も触らせてくれますが、
その度にビクッとしていましたので、
触られることには慣れていない様子でした。
それでも逃げる訳でもありませんから、
生活が落ち着けば、そんな様子もなくなると思います。

元々穏やかな性格の子なのか、
それとも環境に慣れてないから静かなのかはわかりませんが、
極端にハッチャけるような感じは受けない子です。

優しくて女の子らしい雰囲気を放っている子です。

f0078320_02395804.jpg



f0078320_02400736.jpg



f0078320_02401509.jpg



f0078320_02402048.jpg






NO,Ⅱ

☆タナカくん

※7/19よりレポートに登場(7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-2キロ

人の目をしっかり見て、
言葉に一生懸命耳を傾けてくれる、穏やかでとってもいい子です。
歯もしっかり見せてくれます。


そんな良い子が、他犬に対しては別犬のようになる時があります。

この日も隣の犬に凄い剣幕で威嚇していました。
それもいきなり、下の10センチ程の隙間からわざわざ覗いてですから、
なんでそこまでしてと思ってしまいました。
1頭飼いが望ましく、散歩等で犬に会った時は距離をとるなど、
人間側でしっかりコントロールをしてあげる必要があります。
この子を理解してくだされば、人には従順だと感じますので、
良きパートナーになれる子です。
そんな家族様に迎えていただきたいです。

f0078320_02485500.jpg



f0078320_02490151.jpg



f0078320_02490804.jpg



f0078320_02491311.jpg



f0078320_02491912.jpg






NO、Ⅲ

※3/7よりレポートに登場(3/2他抑留所より移送)
▽白薄茶 メス 1-2歳 12-13キロ

まだまだ幼さの残る子で、限りなく1歳に近いのではと感じました。
目が中心に寄っているのが、この子のチャームポイントです。

バランスの良い体型で、美しい女の子です。

ケージから出してもらえた嬉しさで、
しばらくはとにかく落ち着きがなくて、写真を撮るのが大変でした。

とても明るい子なのですが、それでも今はまだビクビクしている様子も伺うことができ、
特に音にとても敏感に反応していました。

余りにもチョコチョコと動くので抱いてみたら、
カチィーンと固まってしまいましたが、
決して暴れることはなく、嫌だというよりただ慣れていないだけのようです。
人に信頼を寄せている様子ですから、身体のどこを触っても怒りません。

↑ タナカくんから激しく威嚇された時は、売られたものは買う性格のようで、
負けていませんでした。
様子を見ていると、自分から仕掛けることはこの日は全くありませんでしたが、なかなか勝気なところもあるようです。

歯もピカピカです。
まだまだ若い子ですから、側に居る人間次第で、
もっともっと変わると思いますので、
とても楽しみな子です。


f0078320_03015165.jpg



f0078320_02574278.jpg



f0078320_02574846.jpg



f0078320_02575387.jpg



f0078320_02575935.jpg



f0078320_03015723.jpg







NO、Ⅳ

☆コンくん
※9/6よりレポートに登場 (引取)
▽茶白 オス 5-6歳 17ー18キロ

いつも元気一杯なコンくんです。
ケージの中では、早く出してもらいたくて、
ずっと飛び跳ねて猛アピールしてましたので、
出してあげた時は、既に息が上がっていたほどです。
頭に新しい傷があったのは、この猛アピールで作ってしまったのかもしれません。

出してあげたら真っ先に部屋の扉に向かって行きました。
もう随分な時間をここで過ごしています。
しばらく扉から動こうとはしませんでしたが、
その後諦め、時間一杯私達に甘えて来る可愛いコン君。

そんな甘えん坊さんですから、
今の生活は、コン君にはストレスになってるのではと心配になります。
しっかり食べている様子なのに身に付かないのは、
そんなことも関係しているかもしれません。
上記の体重より今は少ないと思います。

大好きな人の側で、一日も早く生活が出来ますよう願っています。

f0078320_03040657.jpg



f0078320_03041150.jpg



f0078320_03041699.jpg



f0078320_03042155.jpg



f0078320_03042509.jpg




NO、Ⅴ

※2/14よりレポートに登場(2/9他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 4歳くらい 14キロ程度


ケージの中に居ることがかなりストレスなのか、
硬いステンレスケージをずっと齧っていて、
キーキー音を立てていました。



出してあげると、全くの別犬になり、
同じ犬とは思えないほど動きも止まり、とても落ち着きのある子です。

間違いなくこの子も人の愛情を知っています。
一時は可愛がられていたのでしょう。
オヤツをあげると、どんなに小さくしても、
手に歯を当てないように、上手に優しく食べてくれます。
人から何か言ってもらうのを、
顔をじっと見て待っている姿は、普通の家庭犬と何ら変わりありません。

この子も一日も早く安心できる家族の一員にしてあげたいです。

f0078320_03073396.jpg



f0078320_03073897.jpg



f0078320_03074390.jpg



f0078320_03074937.jpg



f0078320_03075585.jpg






NO、Ⅶ

※2/28よりレポートに登場 (2/23他抑留所より移送)
▽茶黒 メス 2-3歳 8-9キロ

小振りでとても愛嬌のある子です。
この子も人と生活をしていた子でしょう。
そして愛情も注がれていたはずです。
人に信頼を寄せているので、何一つ抵抗せずになすがままです。

どんな理由があったにせよ、なぜ手放すことが出来たのか、
理解に苦しみます。
何一つこの子に原因が見つかりません。

早く出して欲しくて、ケージの中ではかなり騒いでいましたので、
この子もそれなりにストレスもあるのか、
隣の子に、やはり下の隙間から覗いては八つ当たりのように怒っていました。

まだ若いこの子にはタップリ時間があります。
この子がこれから後十数年。
もう裏切られることなく、最期の日まで穏やかに暮らせる家族と巡り合えますようにと、
そんな気持ちで一杯です。


f0078320_03103145.jpg



f0078320_03110779.jpg



f0078320_03111286.jpg



f0078320_03111767.jpg


↓先週レポートより

f0078320_03122369.jpg





A-Ⅷ

☆アサヒくん

※3/7よりレポートに登場 (2/20収容)
▽オス 7-8歳 7-8キロ 


当初は悲鳴のような鳴き声が響き渡っていて聞いている方も辛くなるほどでしたが
声が枯れたのか環境に慣れてきたのか最近は落ち着いて来ました。
と言ってもケージから出ると大はしゃぎで嬉しさ全開です。

ずっとあっちこっちと動き回っていました。
今まで自由に外を駆け回っていたのだから無理もありません。
一生懸命はしゃいでいる姿は天真爛漫でとても愛らしいです。
十分なお散歩をしてもらえれば落ち着いて過ごせる子なのではと感じます。



f0078320_03145094.jpg



f0078320_03144509.jpg



f0078320_03145546.jpg



f0078320_03150068.jpg


レポートは続きます。


関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る