ブログ

手術費用は誰が負担するのか?

野良猫の不妊手術をすすめる地域で、住民の方から餌やりさんを説得してほしいと相談がありました。 どうやら手術費用を負担したくないから不妊手術に協力しないという話のようです。 【保護は時間・場所・労力・お金がかかり大変です】 私達の場合、練馬区登録ボランティアの助成金と協力病院のおかげで自己負担は5千円以下で済みます。 それを説明すればたいてい同意してもらえるので早速お訪ねしました。 餌やりさんは手術には反対しませんでした。 実際、過去に愛護団体が何日も通い、捕獲と不妊手術何匹もの子猫の保
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ねりまねこ・地域猫

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る