f0078320_02041793.jpg

f0078320_02042334.jpg

f0078320_02043025.jpg

f0078320_02043775.jpg

f0078320_02044429.jpg

f0078320_02051941.jpg

f0078320_02045180.jpg






※5/23レポート初登場 (3/31収容)

▽白黒ブチ オス 10歳もしくはそれ以上

ケージの中から「早く出して!」と吠えてアピールしていて
外に出すと元気にはしゃいでいたので、一瞬若い子かと思いました。
よく見てみると目は白くなっていて、左目の瞼にはイボのようなものがあり
シニアであることが分かりました。
この子も譲渡対象として適するか観察の期間が少しありましたが
どんな環境でもいじけず明るく、人馴れにも問題なく
残りの犬生を新しい環境で過ごすチャンスをもらうことができました。

セッターのような猟犬の血が入っているのか
まだまだ元気で良く動きます。
散歩もとても好きそうな子です。

どこを触っても怒ったりすることはありませんが
抱っこは苦手なようでした。


f0078320_02091824.jpg

f0078320_02092635.jpg

f0078320_02093496.jpg

f0078320_02094449.jpg

f0078320_02095474.jpg

f0078320_02100262.jpg




収容室② 2頭

※5/23レポート初登場 (3/21収容)

▽薄茶白(長毛)オス 10歳もしくはそれ以上 11-12キロ
毛がフワフワのベビーフェイスな男の子です。
この子も譲渡対象になるまで保留期間が長かったのですが
その間いつもケージの中を覗き込むと、のんびりとこちらの顔を見つめてきた
穏やかなお爺ちゃんワンコです。
広くはない場所でしばらくあまり動かない生活をしていたので
後脚がすっかり弱くなってしまいました。

外に出すとヨロヨロしながら一生懸命歩いていて
しばらくうろうろしていましたが
すぐに座り込んでいる様子が見られました。

頭を撫でようとすると、耳を伏せぎゅっと目を瞑ります。
センターに来る前に、叩かれていた過去があったのでしょうか。
撮影中、何度も「叩かないよ、大丈夫だからね」と
思わず言葉を掛けてしまうほど。

常に怯えてビクビクしているわけではなく
頭上に手が来る時だけそんな感じでした。

歯石がビッシリついているので
固い物は食べにくいのかもしれません。
柔らかいおやつ持参でまた様子を見てきたいと思います。
f0078320_02200755.jpg

f0078320_02201303.jpg

f0078320_02201899.jpg

f0078320_02202418.jpg

f0078320_02203048.jpg

f0078320_02203633.jpg

f0078320_02205208.jpg

f0078320_02205849.jpg








※3/21よりレポートに登場 (3/7収容)
メス 黒茶白 2-3歳 10キロ程度

以前はロープを掛けようとしただけで
キャーキャー声を出していましたが
だいぶすんなり外にも出てくるようになりました。
怖がりさんですが、野良っ子のような
人と接したことが無い。という感じの子でもありません。
触れられることにはむしろ慣れているように思います。

ただ、環境の変化に敏感に反応してしまうことと
見知らぬ人にすぐに心を開ける子ではないこと
加えてもともと少しビビりさんな性格であることで
全く人馴れしていないように一瞬見えますが

家庭の中で、世話をしてくれる人には心を開き
むしろ甘えん坊さんになりそうな子です。

賑やか過ぎない、大人ばかりの静かな家庭
もしくはフレンドリーな先住ワンがいるお家など
向いているのではないかと思います。

f0078320_02235064.jpgf0078320_02235520.jpg


f0078320_02250290.jpg

f0078320_02240189.jpg

f0078320_02240871.jpg

f0078320_02241381.jpg



収容室③ 1頭

※5/23レポート初登場 (5/9収容)
▽茶 オス 1歳前後 7-8キロ

野良の子犬のようで、人に触れられることには慣れていない様子でした。
まだびくびくしていて、どこかに身を隠す場所を必死に探していました。
逃げられないとわかると観念して大人しくなり
ひたすら固まっていて、抱き上げたり触れたりしても
歯を当ててくることはありませんでした。

マズルの先には何度もこすったような傷痕がありました。
ケージの中から必死に逃げようとしたのでしょうか。
まだ若い子なので、一日も早く家庭で様子を見てあげたい子です。
f0078320_02340380.jpg

f0078320_02341005.jpg

f0078320_02341603.jpg

f0078320_02342220.jpg

f0078320_02342735.jpg


レポートは続きます。


" />

ブログ

5/23センターレポート 収容室①②③ 5頭

ひなのんさんのレポートです
加筆・修正しています。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田





収容室① 2頭




※5/23レポート初登場 (2/10収容)
▽薄茶白 テリア系 オス 10歳もしくはそれ以上 11-12キロ

人懐っこい穏やかなシニアの男の子です。
構ってもらう事が好きなようで可愛らしく甘えてきました。
撫でられることはとても好きな様子です。
でも抱っこは少し苦手なようでした。
しばらくの間、譲渡に適するかどうか観察の期間がありましたが
少し年齢は上ですが、性格が良く朗らかなお爺ちゃんワンコさんで
残りの犬生を再出発させるチャンスが巡ってきました。

ケージの中でじっとしていることが多かったので
後脚の筋肉が減ってしまい、少し足の震えがありふらつくことがあります。
リハビリを兼ねてゆっくりお散歩に連れだしてくれる
優しい飼い主さん募集中です。

f0078320_02041150.jpg


f0078320_02041793.jpg


f0078320_02042334.jpg


f0078320_02043025.jpg


f0078320_02043775.jpg


f0078320_02044429.jpg


f0078320_02051941.jpg


f0078320_02045180.jpg







※5/23レポート初登場 (3/31収容)

▽白黒ブチ オス 10歳もしくはそれ以上

ケージの中から「早く出して!」と吠えてアピールしていて
外に出すと元気にはしゃいでいたので、一瞬若い子かと思いました。
よく見てみると目は白くなっていて、左目の瞼にはイボのようなものがあり
シニアであることが分かりました。
この子も譲渡対象として適するか観察の期間が少しありましたが
どんな環境でもいじけず明るく、人馴れにも問題なく
残りの犬生を新しい環境で過ごすチャンスをもらうことができました。

セッターのような猟犬の血が入っているのか
まだまだ元気で良く動きます。
散歩もとても好きそうな子です。

どこを触っても怒ったりすることはありませんが
抱っこは苦手なようでした。


f0078320_02091824.jpg


f0078320_02092635.jpg


f0078320_02093496.jpg


f0078320_02094449.jpg


f0078320_02095474.jpg


f0078320_02100262.jpg





収容室② 2頭

※5/23レポート初登場 (3/21収容)

▽薄茶白(長毛)オス 10歳もしくはそれ以上 11-12キロ
毛がフワフワのベビーフェイスな男の子です。
この子も譲渡対象になるまで保留期間が長かったのですが
その間いつもケージの中を覗き込むと、のんびりとこちらの顔を見つめてきた
穏やかなお爺ちゃんワンコです。
広くはない場所でしばらくあまり動かない生活をしていたので
後脚がすっかり弱くなってしまいました。

外に出すとヨロヨロしながら一生懸命歩いていて
しばらくうろうろしていましたが
すぐに座り込んでいる様子が見られました。

頭を撫でようとすると、耳を伏せぎゅっと目を瞑ります。
センターに来る前に、叩かれていた過去があったのでしょうか。
撮影中、何度も「叩かないよ、大丈夫だからね」と
思わず言葉を掛けてしまうほど。

常に怯えてビクビクしているわけではなく
頭上に手が来る時だけそんな感じでした。

歯石がビッシリついているので
固い物は食べにくいのかもしれません。
柔らかいおやつ持参でまた様子を見てきたいと思います。
f0078320_02200755.jpg


f0078320_02201303.jpg


f0078320_02201899.jpg


f0078320_02202418.jpg


f0078320_02203048.jpg


f0078320_02203633.jpg


f0078320_02205208.jpg


f0078320_02205849.jpg









※3/21よりレポートに登場 (3/7収容)
メス 黒茶白 2-3歳 10キロ程度

以前はロープを掛けようとしただけで
キャーキャー声を出していましたが
だいぶすんなり外にも出てくるようになりました。
怖がりさんですが、野良っ子のような
人と接したことが無い。という感じの子でもありません。
触れられることにはむしろ慣れているように思います。

ただ、環境の変化に敏感に反応してしまうことと
見知らぬ人にすぐに心を開ける子ではないこと
加えてもともと少しビビりさんな性格であることで
全く人馴れしていないように一瞬見えますが

家庭の中で、世話をしてくれる人には心を開き
むしろ甘えん坊さんになりそうな子です。

賑やか過ぎない、大人ばかりの静かな家庭
もしくはフレンドリーな先住ワンがいるお家など
向いているのではないかと思います。

f0078320_02235064.jpg
f0078320_02235520.jpg



f0078320_02250290.jpg


f0078320_02240189.jpg


f0078320_02240871.jpg


f0078320_02241381.jpg




収容室③ 1頭

※5/23レポート初登場 (5/9収容)
▽茶 オス 1歳前後 7-8キロ

野良の子犬のようで、人に触れられることには慣れていない様子でした。
まだびくびくしていて、どこかに身を隠す場所を必死に探していました。
逃げられないとわかると観念して大人しくなり
ひたすら固まっていて、抱き上げたり触れたりしても
歯を当ててくることはありませんでした。

マズルの先には何度もこすったような傷痕がありました。
ケージの中から必死に逃げようとしたのでしょうか。
まだ若い子なので、一日も早く家庭で様子を見てあげたい子です。
f0078320_02340380.jpg


f0078320_02341005.jpg


f0078320_02341603.jpg


f0078320_02342220.jpg


f0078320_02342735.jpg



レポートは続きます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る