ブログ

05/26のツイートまとめ – アニマルライツセンター Staff blog –

animalrights_JP

鶏のクチバシは、人間の手のような存在。餌を探し食べるのにも、水を飲むためにも周囲を探索するためにも使う。鶏は1日に1万から1万5千回、地面や草をつつき、探索をし餌を探して過ごす。 https://t.co/9zZGbcCHR9
05-26 23:18

日本のたまごは残酷。保護されたニワトリ。もう二度と立てない。https://t.co/zOvj1YvVvq #NOケージ卵 https://t.co/zloZnEMgON
05-26 21:28

毛皮にされるミンク。 足元は金網。足を地につけて歩くことすら出来ない。 ファッションの犠牲。 せめてもの救いは、約8ヶ月という短さで殺される=苦しみが終わるということだけ。 https://t.co/dZAGoPnACa pic.twi
05-26 20:18

狭いバタリーケージに入れられた鶏たち、羽が抜け骨が見える。喉元の羽毛も抜けている。 卵を食べないで。 https://t.co/HEbQgxVuSz
05-26 19:28

Mountain Mania https://t.co/bLLj4e0DMY がFUR FREE Retailer プログラムに署名! 毛皮を売らないブランドリストhttps://t.co/Z6VEPI7Q63
05-26 18:48

日がな一日、身動きもままならない狭い檻の中に閉じ込められ自由を奪われ何もすることがなく、 土を掘ることも木に体をこすりつけたり泥の中に転がったり、他の仲間と触れ合うことも、産まれてきた子供と戯れることもできない。 ... https://t.co/hxZDiIYCYK
05-26 18:24

機内食、VEGANミールを要望しましょう! https://t.co/XNTGKVhxSf https://t.co/JMFbwy05w2
05-26 16:58

檻の中ではなく、土の上、自然の中で太陽の光を浴びて眠りたい。 ファッションに動物の犠牲は要らない! https://t.co/vhzQaaggJK https://t.co/41LdCN7Ko5
05-26 15:38

2010年、ノルウェーの毛皮動物の飼育場で死んだ子ぎつね。 これがファッションの犠牲。 https://t.co/vhzQaaggJK https://t.co/o2LcBu67sO
05-26 14:38

いわて人模様:「ビーガン」のアップルパイとキッシュを作る 阿部静さん(35) /岩手 - 毎日新聞 https://t.co/AxiG9uuv5b
05-26 14:11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: NPO法人アニマルライツセンター 毛皮、動物実験、工場畜産、犬猫等の虐待的飼育をなくしエシカルな社会への更新情報

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る