ブログ

「生きながらにしてウジが沸いてる老犬を保健所に持ち込む飼い主:その老犬をレスキューして里親さんに命を繋ぐ~宮崎県」

その老犬にはハッキリと目に見えるほどのウジが
沸いていた。
その老犬を保健所でどういう扱いを受けるのか
わかっているのに持ち込んで置いていく元飼い主。

まだ生きているのにウジが沸くって・・・・
そんな飼い方をしていたのか?
そして最後にはガスで苦しんで死んでいく事を
わかっていながら保健所に置いていく。
老犬で世話が大変だったのかもしれない。
でも元気な頃は癒されたはず。

どんな神経をしているのか
本当に疑ってしまう。

そんな老犬をキャパオーバーなのが

わかっていても見捨てられる事などできるはずがない。
宮崎県の団体「☆咲桃虎☆」は
その老犬をレスキューして病院へ直行したのでした。

o0480064113944845978S.jpg

o0480036013945655605.jpg

診察結果
ウジとダニだらけ。
体重 14.6㌔
フィラリア陰性

検便OK
血液検査は異常なし
心臓逆流あり
ウジは全部とったけど、
中に卵があるかもだし、
早めに処置した方がいいので
老犬さんは、このまま入院して、
明日腫瘍摘出手術する事になりました??

老犬という事で手術にはかなりのリスクがあるはずです。
それでも、このまま苦しめる訳にはいかないと
担当の獣医師も決断してくれたそうです。

その結果・・・・・・



《スポンサード リンク》



-----------記事転載ここから------------

おじぃさん昨日退院しましたぁ

ちょ??劇的回復力
すごいぜ?じぃちゃん

縫い目の皮膚自体が
やはり健康な皮膚ではないので
癒着していくのには時間も
要する事が予想されますが
その場その場で対応していきます。

なかなかしっかりした足取りです
ボッボッもナガイさんもそうですが
今まであんまり
触られ慣れてない感じがヒシヒシとします
だから人には興味あるし側にはいたいけど
触られる事には恐怖心がある感じ

まぁでもこれからこれからだもんね

o0480064113949748191S.jpg

おじぃさんの家族になってくださる方を
探してまぁす

よろしくお願いします

お問い合わせは
sakumonto☆gmail.com
☆を@に変えて下さい

お待ちしております

----------記事転載ここまで-------------


記事元
☆おじぃちゃん退院ꉂꉂƱʊ꒰>ꈊ<ૢ꒱❣❣☆
http://ameblo.jp/gourtship/entry-12279440900.html
☆ウジが湧いて捨てられた老犬さんレスキュー※追記あり☆
http://ameblo.jp/gourtship/entry-12277565190.html



《スポンサード リンク》



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る