f0078320_22332742.jpg




f0078320_22334117.jpg




f0078320_22340588.jpg















※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ (6/2収容)

穏やかな性格の野良っ子が多い地域で捕獲された子で
まだ限りなく子犬に近い1歳だと思います。
人にはあまり馴れていませんが
触れられても抱き上げられてもお口が出る様子はありません。

他のビビリっ子や野良っ子の中では
ビビリ度はそう高くはありません。

私たちが見ている時には器にいれたおやつを口にしていましたが
センター職員さんによると、人の手からもおやつを食べられるそうです。
f0078320_17381770.jpg


f0078320_17382318.jpg


f0078320_17391196.jpg


f0078320_17390379.jpg


f0078320_17391751.jpg


f0078320_17392351.jpg


f0078320_17393152.jpg


収容室② 3頭


※6/20レポート初登場 (6/6収容)
▽茶白 オス 6-7歳 15-16キロ

屈託のない笑顔を見せる人懐っこい男の子です。
推定年齢は6-7歳ですが
動きは軽やかで若々しい子です。
人に対してはとてもフレンドリーなので
嫌な気持ちは微塵も持っておらず
ちゃんと可愛がられていたのだろうと思います。
抱っこをしても身体のどこに触れても
怒るどころか嬉しそうにはしゃいでいました。

何かの拍子に住み慣れたお家から飛び出してしまい
そのままお散歩に出ているつもりなのかもしれません。

この子の家族も、いつか帰ってくるだろう
そんな風に思っているのかもしれません。
この地域では、そういうケースは決して少なくないと思われます。

人大好きなこの子が安心して暮らせて
決して手を離さないでいてくれる優しい家族が見つかりますように。
f0078320_04022170.jpg

f0078320_04022824.jpg

f0078320_04023371.jpg

f0078320_04023859.jpg

f0078320_04024598.jpg




※6/20レポート初登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 8-9キロ

顔は青年っぽいのですが
引きで見ると身体はまだ成長途中で
7-8ヵ月の一番アンバランスな体型の時期のようです。

緊張の真っただ中にいるのでしょう。
目が釣り上がり険しい表情をしていました。

ケージ扉を開けると小さく唸っていたので
今回は無理に出すのをやめておきました。
他の野良っぽい子の中では
ビビり度合ではそう高くはないようで
唸っていても、口が出たりはしないそうです。
f0078320_04040241.jpg

f0078320_04040786.jpg

f0078320_04041319.jpg

f0078320_04042358.jpg





※6/6よりレポートに登場 (5/23収容)
▽茶黒テリア系 メス 6ヵ月ぐらい (6/20時点)9-10キロ

ロープをかけて外に出てくる一連の流れが
この子の中ではすっかり慣れたものになっているようで
この日も抵抗することなくすんなり出てきました。

人との生活はしてきたことがないと思われますが
柔軟性のある幼さということを除いても
人との生活にすんなり馴染みそうな子です。
良い意味で諦めが早いというか、抵抗する方へ意識が向かない
もともとそんな子なのだと思います。

抱き上げられても一切抵抗せずされるがまま。
撮影するうえでも、今まで一切大変だったことはありません。
手足先がとても大きいので
この子自身大きく成長するのが想定されます。

f0078320_04072083.jpg

f0078320_04073271.jpg

f0078320_04073780.jpg

f0078320_04074283.jpg

f0078320_04074797.jpg

f0078320_04075282.jpg






レポートは続きます。



" />

ブログ

6/20センターレポート 収容室①②   5頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにて、譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




収容室①の2頭は先週レポートより転用しています。
収容室① 2頭



※6/13よりレポートに登場 (6/1収容)
▽茶 メス 4-5歳 12-13キロ 

餌付けはされていたのかもしれませんが
飼い主のいない野良っ子だったと思われます。
生き抜いていた証のような顔の傷と
何度も出産・授乳を繰り返してきたことを物語るお乳をしています。

人に触れられた経験もなさそうなので
ケージ外に出した瞬間はプチパニックになり
一生懸命隠れる場所を探していましたが
抱き上げてしまったらもう観念して大人しくなりました。

人からの影響を変に受けていないので
ピュアな子犬のようです。

多少時間が掛かるかもしれませんし、根気が要りますが
まずは人との生活に触れさせるしかないように思います。


f0078320_22331183.jpg





f0078320_22332742.jpg





f0078320_22334117.jpg





f0078320_22340588.jpg
















※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ (6/2収容)

穏やかな性格の野良っ子が多い地域で捕獲された子で
まだ限りなく子犬に近い1歳だと思います。
人にはあまり馴れていませんが
触れられても抱き上げられてもお口が出る様子はありません。

他のビビリっ子や野良っ子の中では
ビビリ度はそう高くはありません。

私たちが見ている時には器にいれたおやつを口にしていましたが
センター職員さんによると、人の手からもおやつを食べられるそうです。
f0078320_17381770.jpg



f0078320_17382318.jpg



f0078320_17391196.jpg



f0078320_17390379.jpg



f0078320_17391751.jpg



f0078320_17392351.jpg



f0078320_17393152.jpg



収容室② 3頭


※6/20レポート初登場 (6/6収容)
▽茶白 オス 6-7歳 15-16キロ

屈託のない笑顔を見せる人懐っこい男の子です。
推定年齢は6-7歳ですが
動きは軽やかで若々しい子です。
人に対してはとてもフレンドリーなので
嫌な気持ちは微塵も持っておらず
ちゃんと可愛がられていたのだろうと思います。
抱っこをしても身体のどこに触れても
怒るどころか嬉しそうにはしゃいでいました。

何かの拍子に住み慣れたお家から飛び出してしまい
そのままお散歩に出ているつもりなのかもしれません。

この子の家族も、いつか帰ってくるだろう
そんな風に思っているのかもしれません。
この地域では、そういうケースは決して少なくないと思われます。

人大好きなこの子が安心して暮らせて
決して手を離さないでいてくれる優しい家族が見つかりますように。
f0078320_04022170.jpg


f0078320_04022824.jpg


f0078320_04023371.jpg


f0078320_04023859.jpg


f0078320_04024598.jpg





※6/20レポート初登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 8-9キロ

顔は青年っぽいのですが
引きで見ると身体はまだ成長途中で
7-8ヵ月の一番アンバランスな体型の時期のようです。

緊張の真っただ中にいるのでしょう。
目が釣り上がり険しい表情をしていました。

ケージ扉を開けると小さく唸っていたので
今回は無理に出すのをやめておきました。
他の野良っぽい子の中では
ビビり度合ではそう高くはないようで
唸っていても、口が出たりはしないそうです。
f0078320_04040241.jpg


f0078320_04040786.jpg


f0078320_04041319.jpg


f0078320_04042358.jpg






※6/6よりレポートに登場 (5/23収容)
▽茶黒テリア系 メス 6ヵ月ぐらい (6/20時点)9-10キロ

ロープをかけて外に出てくる一連の流れが
この子の中ではすっかり慣れたものになっているようで
この日も抵抗することなくすんなり出てきました。

人との生活はしてきたことがないと思われますが
柔軟性のある幼さということを除いても
人との生活にすんなり馴染みそうな子です。
良い意味で諦めが早いというか、抵抗する方へ意識が向かない
もともとそんな子なのだと思います。

抱き上げられても一切抵抗せずされるがまま。
撮影するうえでも、今まで一切大変だったことはありません。
手足先がとても大きいので
この子自身大きく成長するのが想定されます。

f0078320_04072083.jpg


f0078320_04073271.jpg


f0078320_04073780.jpg


f0078320_04074283.jpg


f0078320_04074797.jpg


f0078320_04075282.jpg







レポートは続きます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る