f0078320_13572003.jpgf0078320_13571162.jpgf0078320_13573016.jpg
黒くてクルクルとカールした長毛が、やはり外に出ると
とても綺麗に見えました。
部屋の中ではわかり辛かったお顔も今回はしっかり
撮影することができました。


ケージから出して首輪やハーネスをつける間はいつものように大騒ぎでしたが、
外に出るとまるで別犬のように落ち着いていました。
あれだけいつもケージから出ると大騒ぎしていたこの子も、
ドッグランに出して「走っておいで!」と放してあげても
(ドッグランはしっかりと施錠されています)
走るどころかキョトンとしたお顔で
その場に佇んでいました。

f0078320_14003726.jpgf0078320_14005380.jpgf0078320_14010305.jpgf0078320_14012588.jpg誘導して歩かせてみると、一定のリズムで上手に歩くことが
できました。
以前はお散歩もさせてもらっていたのでしょう。
上手にお散歩できる様子を動画で撮影してみました。
(人の声や犬の鳴き声が大きいので音量に気をつけて
ご覧ください)



ドッグランの外に人がいると、それだけで嬉しくなってしまい
駆け寄っていきます。
甘えん坊で、こちらがしゃがみこむとすぐにお腹を見せ
べたべたと甘えてきます。
こんなに人懐こい子が飼い主と離れ離れになってしまい
寂しくて寂しくてたまらない毎日を送っています。
f0078320_14233865.jpgf0078320_14235464.jpgf0078320_14240549.jpg
お腹を見せている写真をご覧いただければわかるように
首からお腹にかけてと足の内側はまだ皮膚の状態が悪く、
毛が生えてきていません。
なぜか授乳したことがあるようなお乳に
見えますが、れっきとした男の子です。

人が大好きですし、皮膚の状態を改善するためには
やはり家庭に入って個別にケアしてあげることが一番だと
思います。
部屋の中ではあれだけ落ち着きのない子も、
こうして外に出してお散歩してあげたりするだけで、
こうして落ち着くことができるのを見ていると
本当に一日も早く、この子も家庭に入れてあげたいと
願う気持ちが更に強まりました。



新たに犬を家族として迎えられる方
どうぞ、この子にも目を向けてあげてください。

f0078320_14293927.jpgf0078320_14292926.jpgf0078320_14294843.jpgf0078320_14295600.jpg



レポートは続きます。




" />

ブログ

6/27センターレポート C部屋     1頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


今週も、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





※1/24よりレポートに登場(1/19他抑留所より移送)
▽コッカースパニエル オス 7-8歳 13キロ程度

ケージの中でいつも大騒ぎしながら待っているこの子も
あともう少しでセンター生活半年を迎えようとしています。
いつも撮影の時には異常なほど甘えて落ち着きがなく、
部屋も暗いうえに黒毛なので、あまり良い写真を撮ることができず、
この子のかわいさをなかなかお伝えできないことを
訪問メンバーともども歯がゆく思っていました。

そこで、今回はこの子をお外のドッグランに連れ出し、
日頃のストレス発散と、外に出た時の反応を見たかったこともあり、
時間をかけて接してみることにしました。

f0078320_13565866.jpg
f0078320_13572003.jpg
f0078320_13571162.jpg
f0078320_13573016.jpg

黒くてクルクルとカールした長毛が、やはり外に出ると
とても綺麗に見えました。
部屋の中ではわかり辛かったお顔も今回はしっかり
撮影することができました。


ケージから出して首輪やハーネスをつける間はいつものように大騒ぎでしたが、
外に出るとまるで別犬のように落ち着いていました。
あれだけいつもケージから出ると大騒ぎしていたこの子も、
ドッグランに出して「走っておいで!」と放してあげても
(ドッグランはしっかりと施錠されています)
走るどころかキョトンとしたお顔で
その場に佇んでいました。

f0078320_14003726.jpg
f0078320_14005380.jpg
f0078320_14010305.jpg
f0078320_14012588.jpg
誘導して歩かせてみると、一定のリズムで上手に歩くことが
できました。
以前はお散歩もさせてもらっていたのでしょう。
上手にお散歩できる様子を動画で撮影してみました。
(人の声や犬の鳴き声が大きいので音量に気をつけて
ご覧ください)



ドッグランの外に人がいると、それだけで嬉しくなってしまい
駆け寄っていきます。
甘えん坊で、こちらがしゃがみこむとすぐにお腹を見せ
べたべたと甘えてきます。
こんなに人懐こい子が飼い主と離れ離れになってしまい
寂しくて寂しくてたまらない毎日を送っています。
f0078320_14233865.jpg
f0078320_14235464.jpg
f0078320_14240549.jpg

お腹を見せている写真をご覧いただければわかるように
首からお腹にかけてと足の内側はまだ皮膚の状態が悪く、
毛が生えてきていません。
なぜか授乳したことがあるようなお乳に
見えますが、れっきとした男の子です。

人が大好きですし、皮膚の状態を改善するためには
やはり家庭に入って個別にケアしてあげることが一番だと
思います。
部屋の中ではあれだけ落ち着きのない子も、
こうして外に出してお散歩してあげたりするだけで、
こうして落ち着くことができるのを見ていると
本当に一日も早く、この子も家庭に入れてあげたいと
願う気持ちが更に強まりました。



新たに犬を家族として迎えられる方
どうぞ、この子にも目を向けてあげてください。

f0078320_14293927.jpg
f0078320_14292926.jpg
f0078320_14294843.jpg
f0078320_14295600.jpg




レポートは続きます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る