f0078320_02343518.jpg

f0078320_02344537.jpg


f0078320_02345308.jpg

f0078320_02345779.jpg

f0078320_02350212.jpg

f0078320_02350740.jpg

f0078320_02351270.jpg




No. II
☆タナカくん

※2016/7/19 よりレポートに登場(2016/7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-12キロ 少し太り気味 12-3キロ
この日も一番撮影に協力的だった田中君です。
部屋から出す時も、戻す時も
とても聞き分けが良く、なによりチャカチャカと興奮することがないので
どの写真も殆どブレずに撮れるのでは田中君と竹蔵君はダントツです。

先週のレポートで紹介しました通りに
収容当時から落ち着きのある性格で
決して一時的なものではないのだと思います。

他犬に対して厳しい面はありますが
全ての犬に対してではなく、比較的大人しいメスには
さほど反応しないこともわかりました。

田中君がストレスを感じずに過ごせる環境で
再出発できることを祈っています。
f0078320_02394302.jpg

f0078320_02394919.jpg

f0078320_02395654.jpg

f0078320_02400203.jpg







No. Ⅲ

※7/4よりレポートに登場(6/26他抑留所より移送)
▽チョコラブ オス(去勢済) 7-8歳 22-25キロ

先週のレポートで、“スタミナが続かず、床にゴロゴロする”と紹介しましたが
実はそうではなく、おやつを見せると
“お座り”からの“伏せ”を一生懸命見せていてくれたのだとわかりました。

そうすることで人が喜ぶことも知っているのだと思います。
今までもそうやって元の家族の前でそうしていたのかと思うと
なんだか健気で少し切なくなりました。

チョコラブのイメージ通りに明るく無邪気な性格で人懐っこい子です。
はっちゃけし過ぎる子ではなく、今までセンターに収容されてきた
ラブの子達に比べると、はるかに落ち着きがあります。

得意の“伏せ”を目を細めて見てくれる
優しく温かい飼い主さんに恵まれますように。
f0078320_02435418.jpg

f0078320_02440141.jpg

f0078320_02440784.jpg

f0078320_02441594.jpg







No. Ⅳ

☆コンくん
※2016/9/6 よりレポートに登場(引取り)
▽茶白 オス 5-6歳 14-15キロ(やせぎみ)

自分の順番が待ち切れなくて
個別ケージに身体ごとガンガンぶつけながら
一生懸命アピールしていたコンくんです。

一日の多くの時間をそこで過ごしているので
興奮してしまうのも無理はないと思います。
ですが、最近は外に出すと落ち着きも出るようになりました。

一時期、意思疎通が難しいほど
たえず動き回るような情緒面での心配は見られなくなりました。

嫌なことは嫌!と意思表示するところもあるようですが
少なくとも撮影時にそういう場面を見たことはないです。
f0078320_02483093.jpg

f0078320_02483581.jpg

f0078320_02484060.jpg
↓先週レポートより

f0078320_23332809.jpgf0078320_23333475.jpg




No. V

☆竹蔵くん
※2/7 よりレポートに登場(11/21収容)
▽白茶 オス(去勢済み) 7-8歳 13.28キロ(適正15キロ程度)
「飼い主募集中!! No.4851」

部屋から出てくると、すぐに自らお座りして
いつもちょっと顔を傾げて、飛び切りの笑顔でカメラ目線の竹蔵くんです。

どの子も最初は少し興奮していて
落ち着くまで待つのですが、タナカくんと竹蔵くんは
瞬時にポーズを決めてくれ、撮影しやすさではセンター内でもダントツです。

撮影後のおやつが楽しみなのだと思いますが
両前脚をしっかり地につけたまま落ち着いていられることは
これから家庭に入ったとしてもあらゆる場面で良い影響がありそうです。

この子の良さを理解し、さらに引き出せる人に巡り会えば
ものすごく輝ける子だと思います。
f0078320_02545244.jpg

f0078320_02545776.jpg

f0078320_02550519.jpg

f0078320_02550939.jpg




※7/18レポート初登場 (7/10他抑留所より移送)
▽薄茶 ラブ風 オス 1-2歳 16-7キロ(やせぎみ)

人馴れ抜群!天真爛漫で無邪気なラブのイメージそのままの子です。

部屋から出すと、もう嬉しくて嬉しくて一生懸命甘えていました。
撮影の順番が一番最後になってしまったので
あまりにも待ちわびてしまったのでしょう。
勢い余って耳たぶにカプカプ甘噛みしてきたそうです。

若さもあってか、まだハチャハチャしていますが
一日の大半を個室で過ごしていますので
人のそばで思う存分甘えられて、運動もしっかりできる環境で
過ごすようになればもう少し落ち着きも出てくると思います。

身体のどこに触れても怒ることはなく
むしろ大喜びで人の手を受け入れてくれます。

健康状態に問題はなさそうですが痩せ気味で
適正体重は18-19キロ程度はあっても良さそうです。
f0078320_10520027.jpg

f0078320_03001275.jpg

f0078320_03003762.jpg


f0078320_03010954.jpg


f0078320_03011605.jpg


f0078320_03012213.jpg


f0078320_03012872.jpg


f0078320_03010244.jpg


f0078320_03013244.jpg




レポートは続きます。


" />

... TOPIX

7/18センターレポート A部屋    6頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





No.Ⅰ

※7/18レポート初登場 (6/27収容)
▽薄茶 秋田犬 メス 4-6歳 20キロ程度

純粋な秋田犬だと思いますが、体格は小ぶりな方で
お顔も良く知る秋田犬の古風な感じではなく
“今どき”な可愛らしいお顔をしています。

人のそばで暮らしていたことが良く分かるほど人馴れしていて
見知らぬ人に警戒する様子はなく
初対面の私たちにも屈託のない表情で接してくれる子です。

職員さんのお話では、無邪気でヤンチャな面もあるそうで
子犬のように甘噛みもするのだとのことです。

この日、私たちが見る限りでは
落ち着きもあるように見えました。
時間の経過と共に変化も見られるかもしれませんので
また時間を掛けて観察してきたいと思います。

f0078320_02343129.jpg



f0078320_02343518.jpg


f0078320_02344537.jpg



f0078320_02345308.jpg


f0078320_02345779.jpg


f0078320_02350212.jpg


f0078320_02350740.jpg


f0078320_02351270.jpg





No. II
☆タナカくん

※2016/7/19 よりレポートに登場(2016/7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-12キロ 少し太り気味 12-3キロ
この日も一番撮影に協力的だった田中君です。
部屋から出す時も、戻す時も
とても聞き分けが良く、なによりチャカチャカと興奮することがないので
どの写真も殆どブレずに撮れるのでは田中君と竹蔵君はダントツです。

先週のレポートで紹介しました通りに
収容当時から落ち着きのある性格で
決して一時的なものではないのだと思います。

他犬に対して厳しい面はありますが
全ての犬に対してではなく、比較的大人しいメスには
さほど反応しないこともわかりました。

田中君がストレスを感じずに過ごせる環境で
再出発できることを祈っています。
f0078320_02394302.jpg


f0078320_02394919.jpg


f0078320_02395654.jpg


f0078320_02400203.jpg








No. Ⅲ

※7/4よりレポートに登場(6/26他抑留所より移送)
▽チョコラブ オス(去勢済) 7-8歳 22-25キロ

先週のレポートで、“スタミナが続かず、床にゴロゴロする”と紹介しましたが
実はそうではなく、おやつを見せると
“お座り”からの“伏せ”を一生懸命見せていてくれたのだとわかりました。

そうすることで人が喜ぶことも知っているのだと思います。
今までもそうやって元の家族の前でそうしていたのかと思うと
なんだか健気で少し切なくなりました。

チョコラブのイメージ通りに明るく無邪気な性格で人懐っこい子です。
はっちゃけし過ぎる子ではなく、今までセンターに収容されてきた
ラブの子達に比べると、はるかに落ち着きがあります。

得意の“伏せ”を目を細めて見てくれる
優しく温かい飼い主さんに恵まれますように。
f0078320_02435418.jpg


f0078320_02440141.jpg


f0078320_02440784.jpg


f0078320_02441594.jpg








No. Ⅳ

☆コンくん
※2016/9/6 よりレポートに登場(引取り)
▽茶白 オス 5-6歳 14-15キロ(やせぎみ)

自分の順番が待ち切れなくて
個別ケージに身体ごとガンガンぶつけながら
一生懸命アピールしていたコンくんです。

一日の多くの時間をそこで過ごしているので
興奮してしまうのも無理はないと思います。
ですが、最近は外に出すと落ち着きも出るようになりました。

一時期、意思疎通が難しいほど
たえず動き回るような情緒面での心配は見られなくなりました。

嫌なことは嫌!と意思表示するところもあるようですが
少なくとも撮影時にそういう場面を見たことはないです。
f0078320_02483093.jpg


f0078320_02483581.jpg


f0078320_02484060.jpg

↓先週レポートより

f0078320_23332809.jpg
f0078320_23333475.jpg





No. V

☆竹蔵くん
※2/7 よりレポートに登場(11/21収容)
▽白茶 オス(去勢済み) 7-8歳 13.28キロ(適正15キロ程度)
「飼い主募集中!! No.4851」

部屋から出てくると、すぐに自らお座りして
いつもちょっと顔を傾げて、飛び切りの笑顔でカメラ目線の竹蔵くんです。

どの子も最初は少し興奮していて
落ち着くまで待つのですが、タナカくんと竹蔵くんは
瞬時にポーズを決めてくれ、撮影しやすさではセンター内でもダントツです。

撮影後のおやつが楽しみなのだと思いますが
両前脚をしっかり地につけたまま落ち着いていられることは
これから家庭に入ったとしてもあらゆる場面で良い影響がありそうです。

この子の良さを理解し、さらに引き出せる人に巡り会えば
ものすごく輝ける子だと思います。
f0078320_02545244.jpg


f0078320_02545776.jpg


f0078320_02550519.jpg


f0078320_02550939.jpg





※7/18レポート初登場 (7/10他抑留所より移送)
▽薄茶 ラブ風 オス 1-2歳 16-7キロ(やせぎみ)

人馴れ抜群!天真爛漫で無邪気なラブのイメージそのままの子です。

部屋から出すと、もう嬉しくて嬉しくて一生懸命甘えていました。
撮影の順番が一番最後になってしまったので
あまりにも待ちわびてしまったのでしょう。
勢い余って耳たぶにカプカプ甘噛みしてきたそうです。

若さもあってか、まだハチャハチャしていますが
一日の大半を個室で過ごしていますので
人のそばで思う存分甘えられて、運動もしっかりできる環境で
過ごすようになればもう少し落ち着きも出てくると思います。

身体のどこに触れても怒ることはなく
むしろ大喜びで人の手を受け入れてくれます。

健康状態に問題はなさそうですが痩せ気味で
適正体重は18-19キロ程度はあっても良さそうです。
f0078320_10520027.jpg


f0078320_03001275.jpg


f0078320_03003762.jpg



f0078320_03010954.jpg



f0078320_03011605.jpg



f0078320_03012213.jpg



f0078320_03012872.jpg



f0078320_03010244.jpg



f0078320_03013244.jpg





レポートは続きます。


関連記事

ページ上部へ戻る