f0078320_00390251.jpg


f0078320_00391302.jpg


f0078320_00390822.jpg






☆カブ二郎くん

※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-8キロ

ドアの外から覗き込むと、尻尾ブンブンで迎えてくれるのは
カブ二郎くんの方で、一見するとこの子の方が
人馴れしていると思いきや
まだあまり触られ慣れてはいません。

頭を撫でるぐらいは全く嫌がりませんが
身体に触れると、急にしゅんとした表情になり
少し距離を取ろうとします。

今にも抜けそうな暑苦しい冬毛を
怖がらせずに抜いてあげたいと
メンバーの一人が部屋に入り、時間を掛けてゆっくりと
撫でながら抜いてくれました。

いずれカブ二郎くんも家庭犬として再出発していかねばなりませんので
もう少し人の“手”を受け入れてもらえるよう
無理のない範囲でもう少し踏み込んで接してあげたいと思います。

f0078320_00421491.jpg


f0078320_00421968.jpg


f0078320_11321171.jpg






☆カブ壱くん

※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)

端っこであまり動かずに
一見するとカブ壱くんの方がシャイな子に見えますが
ナデナデしても動じないのはカブ壱くんの方です。


オヤツも手から食べられますし、触られるのも問題ありません。
決して人を拒否している風でもなく、微かに尻尾を振り、
気持ちを表現してくれていました。

兄弟犬がソワソワと動いている中、
この子はずっと伏せたままでした。

ここで見る限りは穏やか以外の言葉が見つからないほどの子ですが、
そこそこの体格の男の子ですので、
しっかりとコントロールできる方が望ましいかもしれません。

この子の自信あふれた笑顔が見てみたいです。
きっと素敵な子に変身しそうな気がします。

f0078320_00433699.jpg


f0078320_00434464.jpg




<1-2> 3頭

f0078320_11534229.jpg






※3/28よりレポートに登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロ?

身体も小さく臆病さんだからか、
最初の頃は、同室の子達に唸る場面をよく目にしました。
怖かったからなのだと思います。
今は私達が小部屋に入ると、
逆に他の子達の陰に隠れよう隠れようと、
必死に動き回っています。

この日は隣の部屋から、自分の3倍ほどの体格の子が入って来たときに、
久々に唸る場面を見ました。
見知らぬ犬に対しては、最初はお約束のような行動なのかもしれません。

ある程度すると動きが止まり落ち着きます。
毎回同じ動きで、これがわかってしまうと、
その後は触ることも何とか出来ます。

あまり人馴れしていませんが、全くしてないとも思えない子で、
人との生活は経験があるのだろうと思われます。
一体、どんな飼われ方だったのでしょう…。

以下 ↓ 以前のコメントを引き継ぎます。
子犬と見間違ほど小さくて
ちょこまか動く姿は本当に可愛らしいです。
この可愛らしさだけで安易に迎えるのは賛成できませんが
ゆっくり焦らずに向き合ってくださる方と巡り会えますように。

f0078320_01085818.jpg


f0078320_00452301.jpg


f0078320_00452943.jpg






※2/28よりレポートに登場(2/20他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳前後 10キロぐらい

いつも端っこにいる姿しか写せておらず
アピール不足を感じていましたので
今回はなるべく驚かせないように抱っこしてみました。
ビビリションはしていたものの、さほど抵抗せずに
ましてや歯を当てることせずに抱っこさてくれました。

実際の見た目は10キロもなさそうな
とても小ぶりな男の子です。
ビーグルMIXのような見た目をしていますが
その犬種独特の活発さはまだ見られません。

同室のビビリっ子達と同調し合っているように見えます。
ですがこの子自体はそれほどビビリっ子ではないと思います。
経験不足から、どう人と関わっていいか
知らずに生きてきただけだと思います。

f0078320_00521503.jpg


f0078320_00522138.jpg


f0078320_00523049.jpg


f0078320_00523618.jpg








※5/2よりレポート登場(4/17収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月8-9ヵ月(7/11修正) 11-12キロ

同室の子の中で一番大きいのに
一番身体の小さい子の後ろに隠れているシャイな男の子です。

と言ってもあまり人と触れ合うことを知らずに
経験不足のまま育ってきたので仕方ありません。
基本的な性格は穏やかなタイプだと思います。

この子を最初に見た時は
大きく育ちそうだと思っていましたが
割と成長は緩やかです。

元々の気質がボス犬タイプではないですし
人の肌に歯を当てることを知らずに今まで育っていますので
家庭犬に導くこともそう難しくない子だと思います。
これから関わる人次第では素晴らしい家庭犬になれる
そんな可能性を大いに秘めた子です。

f0078320_01085278.jpg


f0078320_01084476.jpg


f0078320_01102735.jpg


f0078320_01104049.jpg


f0078320_01104534.jpg






<1-3> 1頭


※28/8/2よりレポートに登場
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
(28.7/28他抑留所より移送)

センターでの暮らしももう間もなく1年になろうとしています。

扉を開けると、決まって棚の下に向かって走って行きますが
この日は珍しく部屋に留まって、差し出したおやつを
落ち着いた様子で食べていました。

f0078320_01162756.jpg


f0078320_01163468.jpg


f0078320_01164177.jpg


f0078320_01164614.jpg

以下 ↓ 以前のコメントを転用します。
保護前に多頭で餌だけもらい過ごしていた子達の中の一頭で
家庭に入った子達はすでに人との暮らしに慣れつつあります。

この子はたまたま収容期間が長くなってしまいましたが
特に問題が多くあったわけではなく
部屋の顔ぶれが変わる度に、同室になる犬達に頼りにされ
慕われてきた子です。
先住犬のいるお家でも全く問題なく溶け込めると思います。
センターでの生活が長くなり、落ち着いてきたのは良いことですが
ここは決してこの子の終の棲家ではありません。
多頭で問題なく過ごせることなど
良い面に目を向けていただき
うちにおいでと言ってくださる方と巡り会えますように。




<1-4> 3頭


※28/8/9よりレポートに登場 (28/7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 13-4キロ(7/11修正)

いつものようにビビりションはしてしまうものの
さほど抵抗せずに抱っこをさせてくれました。

ストレスになるかと思いきや
しっかりと食べることはできていて
最近はややウエイトオーバー気味です。

どんな風に触っても、誰が抱き上げても
歯を人の肌に当ててくることは知る限りではありません。

ですが、人との触れ合いを知らずに
3-4歳になるまで生きてきた子ですので
それを慣れさせるのには時間を掛けることと
やはり環境を変えることが何よりも大切だと思います。

いわゆる“ドッグトレーニング”などをする
はるか前段階にいる子です。

決して大げさに言っているのではなく
1年間見てきて、穏やかな子に間違いはないと思います。

この子が頑なに人を避けるようになった
その背景をご理解いただいた上で
ゆっくり向き合ってくださる
そんな方がこの子には必要だと思います。

f0078320_01220435.jpg


f0078320_01221292.jpg


f0078320_01221901.jpg


f0078320_01222560.jpg


f0078320_01223060.jpg


f0078320_01223444.jpg










※3/14よりレポートに登場 (2/13収容)
▽黒 メス 1-2歳 11キロ前後

小部屋の扉を開けると、真っ先に入口に走って行って
右端っこで用を足すので
こちらもそこに新聞を敷いて待つようにしました。
自分のスペースは汚したくないタイプのようなので
トイレの躾は簡単に入りそうな子です。

まだ人との間に一定の距離を保とうとはしますが
その距離は以前に比べるとかなり短くなってきています。

“人は未知”なものから“怖くはないもの”に変わりつつあり
心が開きつつある今、この子が変わって行くチャンスでもあると思います。


f0078320_01252754.jpg


f0078320_01254026.jpg


f0078320_01254656.jpg


f0078320_01255606.jpg


f0078320_01260154.jpg

一緒なら勇気100倍!
とばかりに、ピッタリくっつきながら
おやつをもらいに来た可愛い2頭です。





※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 7-8歳? 13-4キロ

最近は同室の黒い子一緒になって
「ふたりなら勇気100倍!」と言った表情で
近づいてくるようになりました。

経験不足のビビリ同士で、同調してしまうかと思いきや
この2頭に関しては良い影響がでているようです。

と言っても、まだ撫でるまでには至っていません。
この子はシニア期に差し掛かっていますので
性格をガラリと変えることは難しいかもしれません。

人は見慣れているけれども
コミュニケーションは苦手という
現在のこの子をまずは理解することが必要と思われます。

f0078320_01302961.jpg


f0078320_01303511.jpg


f0078320_01305222.jpg


f0078320_01305801.jpg


f0078320_01310464.jpg



レポートは続きます。




" />

... TOPIX

7/18センターレポート 旧子犬舎   9頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




<1-1> 2頭

f0078320_00385627.jpg



f0078320_00390251.jpg



f0078320_00391302.jpg



f0078320_00390822.jpg







☆カブ二郎くん

※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-8キロ

ドアの外から覗き込むと、尻尾ブンブンで迎えてくれるのは
カブ二郎くんの方で、一見するとこの子の方が
人馴れしていると思いきや
まだあまり触られ慣れてはいません。

頭を撫でるぐらいは全く嫌がりませんが
身体に触れると、急にしゅんとした表情になり
少し距離を取ろうとします。

今にも抜けそうな暑苦しい冬毛を
怖がらせずに抜いてあげたいと
メンバーの一人が部屋に入り、時間を掛けてゆっくりと
撫でながら抜いてくれました。

いずれカブ二郎くんも家庭犬として再出発していかねばなりませんので
もう少し人の“手”を受け入れてもらえるよう
無理のない範囲でもう少し踏み込んで接してあげたいと思います。

f0078320_00421491.jpg



f0078320_00421968.jpg



f0078320_11321171.jpg







☆カブ壱くん

※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)

端っこであまり動かずに
一見するとカブ壱くんの方がシャイな子に見えますが
ナデナデしても動じないのはカブ壱くんの方です。


オヤツも手から食べられますし、触られるのも問題ありません。
決して人を拒否している風でもなく、微かに尻尾を振り、
気持ちを表現してくれていました。

兄弟犬がソワソワと動いている中、
この子はずっと伏せたままでした。

ここで見る限りは穏やか以外の言葉が見つからないほどの子ですが、
そこそこの体格の男の子ですので、
しっかりとコントロールできる方が望ましいかもしれません。

この子の自信あふれた笑顔が見てみたいです。
きっと素敵な子に変身しそうな気がします。

f0078320_00433699.jpg



f0078320_00434464.jpg





<1-2> 3頭

f0078320_11534229.jpg







※3/28よりレポートに登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロ?

身体も小さく臆病さんだからか、
最初の頃は、同室の子達に唸る場面をよく目にしました。
怖かったからなのだと思います。
今は私達が小部屋に入ると、
逆に他の子達の陰に隠れよう隠れようと、
必死に動き回っています。

この日は隣の部屋から、自分の3倍ほどの体格の子が入って来たときに、
久々に唸る場面を見ました。
見知らぬ犬に対しては、最初はお約束のような行動なのかもしれません。

ある程度すると動きが止まり落ち着きます。
毎回同じ動きで、これがわかってしまうと、
その後は触ることも何とか出来ます。

あまり人馴れしていませんが、全くしてないとも思えない子で、
人との生活は経験があるのだろうと思われます。
一体、どんな飼われ方だったのでしょう…。

以下 ↓ 以前のコメントを引き継ぎます。
子犬と見間違ほど小さくて
ちょこまか動く姿は本当に可愛らしいです。
この可愛らしさだけで安易に迎えるのは賛成できませんが
ゆっくり焦らずに向き合ってくださる方と巡り会えますように。

f0078320_01085818.jpg



f0078320_00452301.jpg



f0078320_00452943.jpg







※2/28よりレポートに登場(2/20他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳前後 10キロぐらい

いつも端っこにいる姿しか写せておらず
アピール不足を感じていましたので
今回はなるべく驚かせないように抱っこしてみました。
ビビリションはしていたものの、さほど抵抗せずに
ましてや歯を当てることせずに抱っこさてくれました。

実際の見た目は10キロもなさそうな
とても小ぶりな男の子です。
ビーグルMIXのような見た目をしていますが
その犬種独特の活発さはまだ見られません。

同室のビビリっ子達と同調し合っているように見えます。
ですがこの子自体はそれほどビビリっ子ではないと思います。
経験不足から、どう人と関わっていいか
知らずに生きてきただけだと思います。

f0078320_00521503.jpg



f0078320_00522138.jpg



f0078320_00523049.jpg



f0078320_00523618.jpg









※5/2よりレポート登場(4/17収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月8-9ヵ月(7/11修正) 11-12キロ

同室の子の中で一番大きいのに
一番身体の小さい子の後ろに隠れているシャイな男の子です。

と言ってもあまり人と触れ合うことを知らずに
経験不足のまま育ってきたので仕方ありません。
基本的な性格は穏やかなタイプだと思います。

この子を最初に見た時は
大きく育ちそうだと思っていましたが
割と成長は緩やかです。

元々の気質がボス犬タイプではないですし
人の肌に歯を当てることを知らずに今まで育っていますので
家庭犬に導くこともそう難しくない子だと思います。
これから関わる人次第では素晴らしい家庭犬になれる
そんな可能性を大いに秘めた子です。

f0078320_01085278.jpg



f0078320_01084476.jpg



f0078320_01102735.jpg



f0078320_01104049.jpg



f0078320_01104534.jpg







<1-3> 1頭


※28/8/2よりレポートに登場
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
(28.7/28他抑留所より移送)

センターでの暮らしももう間もなく1年になろうとしています。

扉を開けると、決まって棚の下に向かって走って行きますが
この日は珍しく部屋に留まって、差し出したおやつを
落ち着いた様子で食べていました。

f0078320_01162756.jpg



f0078320_01163468.jpg



f0078320_01164177.jpg



f0078320_01164614.jpg


以下 ↓ 以前のコメントを転用します。
保護前に多頭で餌だけもらい過ごしていた子達の中の一頭で
家庭に入った子達はすでに人との暮らしに慣れつつあります。

この子はたまたま収容期間が長くなってしまいましたが
特に問題が多くあったわけではなく
部屋の顔ぶれが変わる度に、同室になる犬達に頼りにされ
慕われてきた子です。
先住犬のいるお家でも全く問題なく溶け込めると思います。
センターでの生活が長くなり、落ち着いてきたのは良いことですが
ここは決してこの子の終の棲家ではありません。
多頭で問題なく過ごせることなど
良い面に目を向けていただき
うちにおいでと言ってくださる方と巡り会えますように。




<1-4> 3頭


※28/8/9よりレポートに登場 (28/7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 13-4キロ(7/11修正)

いつものようにビビりションはしてしまうものの
さほど抵抗せずに抱っこをさせてくれました。

ストレスになるかと思いきや
しっかりと食べることはできていて
最近はややウエイトオーバー気味です。

どんな風に触っても、誰が抱き上げても
歯を人の肌に当ててくることは知る限りではありません。

ですが、人との触れ合いを知らずに
3-4歳になるまで生きてきた子ですので
それを慣れさせるのには時間を掛けることと
やはり環境を変えることが何よりも大切だと思います。

いわゆる“ドッグトレーニング”などをする
はるか前段階にいる子です。

決して大げさに言っているのではなく
1年間見てきて、穏やかな子に間違いはないと思います。

この子が頑なに人を避けるようになった
その背景をご理解いただいた上で
ゆっくり向き合ってくださる
そんな方がこの子には必要だと思います。

f0078320_01220435.jpg



f0078320_01221292.jpg



f0078320_01221901.jpg



f0078320_01222560.jpg



f0078320_01223060.jpg



f0078320_01223444.jpg











※3/14よりレポートに登場 (2/13収容)
▽黒 メス 1-2歳 11キロ前後

小部屋の扉を開けると、真っ先に入口に走って行って
右端っこで用を足すので
こちらもそこに新聞を敷いて待つようにしました。
自分のスペースは汚したくないタイプのようなので
トイレの躾は簡単に入りそうな子です。

まだ人との間に一定の距離を保とうとはしますが
その距離は以前に比べるとかなり短くなってきています。

“人は未知”なものから“怖くはないもの”に変わりつつあり
心が開きつつある今、この子が変わって行くチャンスでもあると思います。


f0078320_01252754.jpg



f0078320_01254026.jpg



f0078320_01254656.jpg



f0078320_01255606.jpg



f0078320_01260154.jpg


一緒なら勇気100倍!
とばかりに、ピッタリくっつきながら
おやつをもらいに来た可愛い2頭です。





※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 7-8歳? 13-4キロ

最近は同室の黒い子一緒になって
「ふたりなら勇気100倍!」と言った表情で
近づいてくるようになりました。

経験不足のビビリ同士で、同調してしまうかと思いきや
この2頭に関しては良い影響がでているようです。

と言っても、まだ撫でるまでには至っていません。
この子はシニア期に差し掛かっていますので
性格をガラリと変えることは難しいかもしれません。

人は見慣れているけれども
コミュニケーションは苦手という
現在のこの子をまずは理解することが必要と思われます。

f0078320_01302961.jpg



f0078320_01303511.jpg



f0078320_01305222.jpg



f0078320_01305801.jpg



f0078320_01310464.jpg




レポートは続きます。




関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る