f0078320_1293345.jpg
f0078320_1294258.jpg
f0078320_129566.jpg
f0078320_1210832.jpg今回も、静かに入り口を開けてもらえるのを待っていました。
人が大好きで、何をしても穏やかに接してくるほど、
人を信用しきっています。
触れ合っていると安心ができているるのだと思います。

自分の居場所を綺麗に使いたい子で、
中ではトイレを我慢しているようです。
この年の子に、我慢をさせることにとても切なくなります。

オヤツにキラキラ輝かしている目は、
微かに白濁しています。
食欲もあるようで元気そうですが、
しかし、今は痩せています。
抱くとフワッとして、頼りない身体つきです。

人を選ばず接することができる子ですので、
家庭犬として直ぐにでもやっていけると思います。
どうか残りの犬生大好きな人のそばで、
安心して暮らせますようにと、切に願っています。


以前の写真・コメント転用します。
f0078320_12102121.jpg右の後ろ肢が外側に不自然に向いていて
良く見ると足首から下はプレスされたように平べったくなっています。
小動物用の罠に掛かったのかもしれません。
現在は痛みはあまりないようですが
歩き方はすこしぎこちなさが残っています。

この穏やかな子に過去どんな試練があったのか
想像すると胸がいたくなりますが
この子自身はふんわり優しい性格のまま今に至っているようです。












<E-2>

☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(2016/6/13他抑留所からの移送)
▽薄茶足先白 メス 4-5歳  7-8キロ 10キロぐらい
f0078320_12133953.jpg
f0078320_12135037.jpg
f0078320_1214137.jpg
f0078320_12141079.jpg
f0078320_12142880.jpg
f0078320_12243598.jpg
いつものように部屋に入ると、
出して欲しくて猛アピールしていました。

かつて激痩せしていた身体には、
今は充分なほどお肉が付き、オヤツの受け取り方も優しくなり、
同時に情緒的にも落ち着きも見られていたのですが、
今回は特定の人限定ですが、動きに対して「嫌だ」と
意思表示する場面もありました。
今後、そのような様子を見て行きたいと思います。

以下 ↓ 以前のコメントも転用します。
甘えたくて仕方がない子ですので、ココでの生活は寂しいだろうと思います。
尻尾をブンブン振ってお座りを見せてくれたり、
立ち上がって人に手をかけて見たり、
触れ合っている時の幸せそうなお顔は本当に可愛いです。
人の言うことを良く聞いていて
会話の中に参加しているように耳を立てています。

どうしても他犬との関わり方がへたくそで、
他犬との相性があるためになかなかご縁が繋がりませんが
人には従順で、とてもかわいい甘えん坊さんです。
1頭飼いで接していただけるなら、とてもいいパートナーになることは
間違いないと思います。
人のそばにいることがあぐちゃんにとって一番幸せなことです。
たっぷりあぐちゃんをかわいがってくださる方に
迎えていただけますように。








<E-3>

※5/2よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
▽薄茶黒 オス 7-8歳 7キロぐらい(8/22修正)


f0078320_12264758.jpg
f0078320_1227042.jpg
f0078320_12271483.jpg
f0078320_12273012.jpg
f0078320_12275038.jpg
f0078320_1228613.jpg皮膚の状態は良くなく、背中の脱毛が広がって来ているように感じました。
センターでも対応下さっていますが、
湿度の高い季節ですから、
肌の清潔を保ったりなど、個別のケアが必要な子です。

人が大好きな子ですので、
人恋しさから、ケージ内では激しく吠えてしまいますが、
出してあげると、いつもの様ピタッと止まり、
メンバーの顔を代わる代わる見ていました。
とても可愛い子です。

落ち着いた環境の下で生活をすれば、
吠える必要がないことを学習してくれるのではないでしょうか。

以下 ↓ 以前のコメントも転用します。
性格がとても明るく元気いっぱいで見ていると救われる思いです。
抱かれてお耳をペタンとしている姿は愛らしいです。
皮膚の状態が良くなって、被毛が生え揃えば美しい愛らしい子になるはずです。

人馴れ抜群のこの子にどうか穏やかな暮らしが訪れますように願っています








<E-4>

※5/23よりレポート登場(3/31収容)
▽白黒ブチ メス 10歳もしくはそれ以上 13-4キロ
f0078320_12311191.jpg
f0078320_12312498.jpg
f0078320_12313931.jpg
f0078320_12315556.jpg
f0078320_12321092.jpg
f0078320_12322541.jpg
f0078320_12323839.jpg日によって体調の気になる時がある子なのですが、
今回は、ケージ内でとても元気に吠えてアピールしていました。
食事は完食しており、
オヤツも催促するほどでした。
目が少々白濁し始めていて見えにくくなっているのか、
手まで食べそうな様子が、見ていてとっても可愛いお婆ちゃんです。

一時足に力の入らない時がありましたが、
ここのところは安定していて、
ニコニコしながらウロウロしてました。

抱っこもされるがままです。

左目から毛が汚れるほどの涙が出ていました。
本犬は鬱陶しがる様子はありませんでした。

人馴れ全く問題なく、穏やかで性格のとても良い子です。
シニアの良いところ満載ですので、
人と共に生活しやすい上、若い子には無いのんびり時間を過ごせると思います。
しかし、この体格のシニアですので、そう遠くない介護などを考えると、
どうしても躊躇されてしまうのか、なかなかお声がかからず、
本当に悔しいです。

当の本犬は、とても前向きに今を一生懸命に生きています。
どうか、この子のこれからの大切な時間を、
共に歩んで下さる方の目に止まりますようにと祈っています。











<E-5>

※7/4よりレポートに登場(6/21収容)
▽茶・白 メス 9-10歳 12-13キロ14-15キロ(8/22修正)
f0078320_1234125.jpg
f0078320_12341557.jpg
f0078320_12342930.jpg
f0078320_12344033.jpg
f0078320_12345659.jpg
f0078320_12351496.jpgちょっとぽっちゃりし始めました。

この子もシニアの魅力を満載の子です。
周りが騒いでいても動じることなく、
慌てずゆっくりとケージから出て来てくれました。
のんびり犬と暮らしたいという方には、
最高のパートナーになる子だと思います。

今回は、外に行けないのを察したら、
直ぐにケージに戻りたがりロープを緩めたら戻ってしまいました。
その際、決してイジケてというわけではなく、
今の状況を受け止めているようでした。

以前のコメントも転用します。
以下 ↓ 以前のコメントも転用します。
これぞシニアの魅力といった穏やかさをもった
かわいいおばあちゃんです。
ケージから完全に外に出てきたところで止まってしまい
ずっとその場でニコニコと笑顔をふりまいていました。
顔をわしゃわしゃと触っても、体をぎゅーっと抱きしめても
嫌な顔一つせず、ずっとニコニコしていました。
一緒にそばで添い寝したくなるほどかわいい子です。








<E-6>

※2/14よりレポートに登場(2/2他抑留所より移送)
▽白薄茶・左目茶のブチ メス 3歳ぐらい 16-1717-18キロ(8/22修正)
f0078320_12365229.jpg
f0078320_1237113.jpg
f0078320_12372664.jpg
f0078320_12374562.jpg
f0078320_12375967.jpg
f0078320_12381489.jpg
f0078320_12383268.jpgここでの生活も半年。
当初から比べたら、
本当に明るい表情を見せてくれるようになりました。

落ち着きはそのままですので、
年齢の割には落ち着いた子と感じます。
人の顔をよく見る子で、
理解力も高いように思いますので、
そこそこの体格の子ではありますが、
人との生活がし易いように感じます。

以下 ↓ 以前のコメントも転用します。
他の犬には相性があるのか、やきもち焼きなのか吠えかかることがあるそうです。
私が見ている時には他犬に強く出たことはありませんが注意は必要です。
穏やかな愛らしい目で見つめられると抱きしめたくなる魅力的な子です。
子育てをして苦労してきたのでしょうか、

これからはたくさん甘えてゆったりと生きて行って欲しいと思います。









<E-7>

※8/22よりレポートに登場(8/2収容)
▽茶・白・黒 オス 6-7歳 12-13キロ
f0078320_12394679.jpg
f0078320_1240476.jpg
f0078320_12401862.jpg
f0078320_12403891.jpg
f0078320_1241072.jpg
f0078320_12411485.jpg
f0078320_12413014.jpg
f0078320_12414335.jpg
f0078320_12415897.jpg
f0078320_12422156.jpg頭の大きさの割には、身体がこじんまりとしていて、
とても愛嬌のある子です。
お目目にくっきりアイラインが引かれているせいか、
少しキツイ表情に見えてしまいますが、
至って温厚です。

お肉がしっかりついててギュっと締まっているので、
抱くと見た目よりズシッと感じます。

外に出たい様子で、しきりにドアの方を気にしていました。
理解できなくて当然だと思います。

人馴れ全く問題ないのですが、
今回もまだ、オヤツは人の手からオヤツを食べることはできませんでした。

先週のコメントも転用します。
歯もちゃんと見せてくれて、人を信用しきっています。
この子も人との生活を知っていて、
一時は大切に育てられた子だと感じます。
環境の変化に戸惑いはまだあるのでしょう。
直ぐにでも家庭犬としてやっていける子だと思います。




レポートは続きます。" />

... TOPIX

8/29センターレポート E部屋   7頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。

引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






<E-1>

※8/8よりレポートに登場 (7/27収容)
▽茶白黒 メス 10歳ぐらい 7キロ程度(痩せすぎ)
後右肢骨折歴あり?
f0078320_1292119.jpg

f0078320_1293345.jpg

f0078320_1294258.jpg

f0078320_129566.jpg

f0078320_1210832.jpg
今回も、静かに入り口を開けてもらえるのを待っていました。
人が大好きで、何をしても穏やかに接してくるほど、
人を信用しきっています。
触れ合っていると安心ができているるのだと思います。

自分の居場所を綺麗に使いたい子で、
中ではトイレを我慢しているようです。
この年の子に、我慢をさせることにとても切なくなります。

オヤツにキラキラ輝かしている目は、
微かに白濁しています。
食欲もあるようで元気そうですが、
しかし、今は痩せています。
抱くとフワッとして、頼りない身体つきです。

人を選ばず接することができる子ですので、
家庭犬として直ぐにでもやっていけると思います。
どうか残りの犬生大好きな人のそばで、
安心して暮らせますようにと、切に願っています。


以前の写真・コメント転用します。
f0078320_12102121.jpg
右の後ろ肢が外側に不自然に向いていて
良く見ると足首から下はプレスされたように平べったくなっています。
小動物用の罠に掛かったのかもしれません。
現在は痛みはあまりないようですが
歩き方はすこしぎこちなさが残っています。

この穏やかな子に過去どんな試練があったのか
想像すると胸がいたくなりますが
この子自身はふんわり優しい性格のまま今に至っているようです。












<E-2>

☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(2016/6/13他抑留所からの移送)
▽薄茶足先白 メス 4-5歳  7-8キロ 10キロぐらい
f0078320_12133953.jpg

f0078320_12135037.jpg

f0078320_1214137.jpg

f0078320_12141079.jpg

f0078320_12142880.jpg

f0078320_12243598.jpg

いつものように部屋に入ると、
出して欲しくて猛アピールしていました。

かつて激痩せしていた身体には、
今は充分なほどお肉が付き、オヤツの受け取り方も優しくなり、
同時に情緒的にも落ち着きも見られていたのですが、
今回は特定の人限定ですが、動きに対して「嫌だ」と
意思表示する場面もありました。
今後、そのような様子を見て行きたいと思います。

以下 ↓ 以前のコメントも転用します。
甘えたくて仕方がない子ですので、ココでの生活は寂しいだろうと思います。
尻尾をブンブン振ってお座りを見せてくれたり、
立ち上がって人に手をかけて見たり、
触れ合っている時の幸せそうなお顔は本当に可愛いです。
人の言うことを良く聞いていて
会話の中に参加しているように耳を立てています。

どうしても他犬との関わり方がへたくそで、
他犬との相性があるためになかなかご縁が繋がりませんが
人には従順で、とてもかわいい甘えん坊さんです。
1頭飼いで接していただけるなら、とてもいいパートナーになることは
間違いないと思います。
人のそばにいることがあぐちゃんにとって一番幸せなことです。
たっぷりあぐちゃんをかわいがってくださる方に
迎えていただけますように。








<E-3>

※5/2よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
▽薄茶黒 オス 7-8歳 7キロぐらい(8/22修正)


f0078320_12264758.jpg

f0078320_1227042.jpg

f0078320_12271483.jpg

f0078320_12273012.jpg

f0078320_12275038.jpg

f0078320_1228613.jpg
皮膚の状態は良くなく、背中の脱毛が広がって来ているように感じました。
センターでも対応下さっていますが、
湿度の高い季節ですから、
肌の清潔を保ったりなど、個別のケアが必要な子です。

人が大好きな子ですので、
人恋しさから、ケージ内では激しく吠えてしまいますが、
出してあげると、いつもの様ピタッと止まり、
メンバーの顔を代わる代わる見ていました。
とても可愛い子です。

落ち着いた環境の下で生活をすれば、
吠える必要がないことを学習してくれるのではないでしょうか。

以下 ↓ 以前のコメントも転用します。
性格がとても明るく元気いっぱいで見ていると救われる思いです。
抱かれてお耳をペタンとしている姿は愛らしいです。
皮膚の状態が良くなって、被毛が生え揃えば美しい愛らしい子になるはずです。

人馴れ抜群のこの子にどうか穏やかな暮らしが訪れますように願っています








<E-4>

※5/23よりレポート登場(3/31収容)
▽白黒ブチ メス 10歳もしくはそれ以上 13-4キロ
f0078320_12311191.jpg

f0078320_12312498.jpg

f0078320_12313931.jpg

f0078320_12315556.jpg

f0078320_12321092.jpg

f0078320_12322541.jpg

f0078320_12323839.jpg
日によって体調の気になる時がある子なのですが、
今回は、ケージ内でとても元気に吠えてアピールしていました。
食事は完食しており、
オヤツも催促するほどでした。
目が少々白濁し始めていて見えにくくなっているのか、
手まで食べそうな様子が、見ていてとっても可愛いお婆ちゃんです。

一時足に力の入らない時がありましたが、
ここのところは安定していて、
ニコニコしながらウロウロしてました。

抱っこもされるがままです。

左目から毛が汚れるほどの涙が出ていました。
本犬は鬱陶しがる様子はありませんでした。

人馴れ全く問題なく、穏やかで性格のとても良い子です。
シニアの良いところ満載ですので、
人と共に生活しやすい上、若い子には無いのんびり時間を過ごせると思います。
しかし、この体格のシニアですので、そう遠くない介護などを考えると、
どうしても躊躇されてしまうのか、なかなかお声がかからず、
本当に悔しいです。

当の本犬は、とても前向きに今を一生懸命に生きています。
どうか、この子のこれからの大切な時間を、
共に歩んで下さる方の目に止まりますようにと祈っています。











<E-5>

※7/4よりレポートに登場(6/21収容)
▽茶・白 メス 9-10歳 12-13キロ14-15キロ(8/22修正)
f0078320_1234125.jpg

f0078320_12341557.jpg

f0078320_12342930.jpg

f0078320_12344033.jpg

f0078320_12345659.jpg

f0078320_12351496.jpg
ちょっとぽっちゃりし始めました。

この子もシニアの魅力を満載の子です。
周りが騒いでいても動じることなく、
慌てずゆっくりとケージから出て来てくれました。
のんびり犬と暮らしたいという方には、
最高のパートナーになる子だと思います。

今回は、外に行けないのを察したら、
直ぐにケージに戻りたがりロープを緩めたら戻ってしまいました。
その際、決してイジケてというわけではなく、
今の状況を受け止めているようでした。

以前のコメントも転用します。
以下 ↓ 以前のコメントも転用します。
これぞシニアの魅力といった穏やかさをもった
かわいいおばあちゃんです。
ケージから完全に外に出てきたところで止まってしまい
ずっとその場でニコニコと笑顔をふりまいていました。
顔をわしゃわしゃと触っても、体をぎゅーっと抱きしめても
嫌な顔一つせず、ずっとニコニコしていました。
一緒にそばで添い寝したくなるほどかわいい子です。








<E-6>

※2/14よりレポートに登場(2/2他抑留所より移送)
▽白薄茶・左目茶のブチ メス 3歳ぐらい 16-1717-18キロ(8/22修正)
f0078320_12365229.jpg

f0078320_1237113.jpg

f0078320_12372664.jpg

f0078320_12374562.jpg

f0078320_12375967.jpg

f0078320_12381489.jpg

f0078320_12383268.jpg
ここでの生活も半年。
当初から比べたら、
本当に明るい表情を見せてくれるようになりました。

落ち着きはそのままですので、
年齢の割には落ち着いた子と感じます。
人の顔をよく見る子で、
理解力も高いように思いますので、
そこそこの体格の子ではありますが、
人との生活がし易いように感じます。

以下 ↓ 以前のコメントも転用します。
他の犬には相性があるのか、やきもち焼きなのか吠えかかることがあるそうです。
私が見ている時には他犬に強く出たことはありませんが注意は必要です。
穏やかな愛らしい目で見つめられると抱きしめたくなる魅力的な子です。
子育てをして苦労してきたのでしょうか、

これからはたくさん甘えてゆったりと生きて行って欲しいと思います。









<E-7>

※8/22よりレポートに登場(8/2収容)
▽茶・白・黒 オス 6-7歳 12-13キロ
f0078320_12394679.jpg

f0078320_1240476.jpg

f0078320_12401862.jpg

f0078320_12403891.jpg

f0078320_1241072.jpg

f0078320_12411485.jpg

f0078320_12413014.jpg

f0078320_12414335.jpg

f0078320_12415897.jpg

f0078320_12422156.jpg
頭の大きさの割には、身体がこじんまりとしていて、
とても愛嬌のある子です。
お目目にくっきりアイラインが引かれているせいか、
少しキツイ表情に見えてしまいますが、
至って温厚です。

お肉がしっかりついててギュっと締まっているので、
抱くと見た目よりズシッと感じます。

外に出たい様子で、しきりにドアの方を気にしていました。
理解できなくて当然だと思います。

人馴れ全く問題ないのですが、
今回もまだ、オヤツは人の手からオヤツを食べることはできませんでした。

先週のコメントも転用します。
歯もちゃんと見せてくれて、人を信用しきっています。
この子も人との生活を知っていて、
一時は大切に育てられた子だと感じます。
環境の変化に戸惑いはまだあるのでしょう。
直ぐにでも家庭犬としてやっていける子だと思います。




レポートは続きます。

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る