f0078320_0434973.jpg
f0078320_044788.jpg
f0078320_0442067.jpg
f0078320_0443318.jpg
f0078320_044488.jpg撮影が後の方になってしまったため、
すでに外から室内に移動しており、
部屋に入ると、クレートの入り口にへばり付いて、
ニコニコしながら出してもらえるのを静かに待っていました。

よもぎちゃんはとっても不思議な子で、
人馴れは問題ないのに、
ちょっとしたことで悲鳴を上げて、
とてもオーバーに、怖いと意思表示をします。
この日はどんな場面で大騒ぎをするのだろうと見ていたら、
終始ご機嫌で、一度も悲鳴を上げず甘ったれ全開でした。
最後も聞き分け良く、すんなりとクレートに戻りました。

以前のコメントも転用します。
人馴れしていますが、信頼関係ができるまでは
人のちょっとした動きを怖がることがあります。
静かにストレスを溜めるのではなく
怖いことがあると少しオーバー気味に悲鳴を上げるので
わかり易いタイプだと思います。






☆キララ

※2/21よりレポートに登場 (2/16引き取り)
▽茶白 1歳ぐらい メス(不妊手術済) 13、15キロ

f0078320_046256.jpg
f0078320_0464112.jpg
f0078320_0465427.jpg
f0078320_0471015.jpg
f0078320_0472639.jpg
f0078320_0474028.jpgとても臆病で慎重な子なので、
すでにクレートに入っていましたから、
敢えて出さずに話しかけながら、
写真を撮りました。

外でオヤツをあげても、私の手からは一度も食べたことがなかったのですが、
クレートの中にいるからか、今回はすんなり食べてくれたので驚きました。

いつもは表情一つ変えることがなく、
どの写真もとてもクールなものばかりですが、
いつもとはちょっと違う、油断したような表情が撮れ、
少しだけ気持ちに変化が表れたようで嬉しくなりました。

以前のコメントも転用します。
数名お世話をして下さっている職員さんの中でも、
今は決まったお2人だけには少し心を開き始めているそうで、
その方々がクレートの前に立つと、自ら出てくると仰っていました。
誰にでもという訳にはなかなかいかない子のようですが、
反対に、いったん信頼させてしまえば、
他の人には見せない姿を独り占めすることができ、
他の子では味わえない感動をもらえるような子だと思います。
私達の前では、表情一つ変えず、
いつも観察されているように感じます。
小さい頭で、一生懸命に考えているのだと思います。










※6/13よりレポートに登場 (6/1収容)
▽茶 メス(不妊手術済) 4-5歳 14キロ

f0078320_049205.jpg
f0078320_0493677.jpg
f0078320_0495086.jpg
f0078320_050586.jpg
f0078320_0501750.jpgとても臆病な子ですが、とても優しい子でもあると思います。

触ることはできますが、オヤツは人が見ている間まだ食べることがはできません。
人に対して攻撃をするような様子は見たことがありません。

何度も子育てをしてきたようなお乳をしており、
顔には無数の古傷痕があります。
子供を守りながら、
怖い思いを何度もして来たのだろうと想像が出来ます。

少し時間はかかりそうに感じますが、
今の優しさをそのまま変えずに育てていただける方の目に止まって欲しいです。

以前のコメントも転用します。
職員さんに引かれ、外に出て来ましたが、
ロープで引かれた経験がないようで、
必死に噛み切ろうとする行動がありましたので、
注意が必要です。

以下↓D部屋にいた時の様子です。
気配を消そうとして必死に壁に鼻を押し付けて
息もできないのではないかというくらいの姿で
固まっていました。
鼻からの息が壁に押し付けていることでシューシュー
音が部屋の中で響いていました。
緊張しているからだとは思いますが、
どこを触っても全く反応することはありません。
お顔の写真を撮ろうとして頭をぐいっと持ち上げても
力は入っているものの、お口が出るようなことも
全くありませんでした。

抱っこをしても最初こそ暴れるものの、
抱き上げてしまえばおとなしくなります。
人が怖いと思っていても、とにかくじっとしてやりすごす
ことができる子です。





レポートは続きます。 " />

ブログ

8/29センターレポート 別室    3頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターにて譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)







☆よもぎちゃん

※2/28よりレポートに登場 (2/17収容)
▽白茶 メス(不妊手術済)3歳ぐらい 12-3キロ

f0078320_0433584.jpg

f0078320_0434973.jpg

f0078320_044788.jpg

f0078320_0442067.jpg

f0078320_0443318.jpg

f0078320_044488.jpg
撮影が後の方になってしまったため、
すでに外から室内に移動しており、
部屋に入ると、クレートの入り口にへばり付いて、
ニコニコしながら出してもらえるのを静かに待っていました。

よもぎちゃんはとっても不思議な子で、
人馴れは問題ないのに、
ちょっとしたことで悲鳴を上げて、
とてもオーバーに、怖いと意思表示をします。
この日はどんな場面で大騒ぎをするのだろうと見ていたら、
終始ご機嫌で、一度も悲鳴を上げず甘ったれ全開でした。
最後も聞き分け良く、すんなりとクレートに戻りました。

以前のコメントも転用します。
人馴れしていますが、信頼関係ができるまでは
人のちょっとした動きを怖がることがあります。
静かにストレスを溜めるのではなく
怖いことがあると少しオーバー気味に悲鳴を上げるので
わかり易いタイプだと思います。






☆キララ

※2/21よりレポートに登場 (2/16引き取り)
▽茶白 1歳ぐらい メス(不妊手術済) 13、15キロ

f0078320_046256.jpg

f0078320_0464112.jpg

f0078320_0465427.jpg

f0078320_0471015.jpg

f0078320_0472639.jpg

f0078320_0474028.jpg
とても臆病で慎重な子なので、
すでにクレートに入っていましたから、
敢えて出さずに話しかけながら、
写真を撮りました。

外でオヤツをあげても、私の手からは一度も食べたことがなかったのですが、
クレートの中にいるからか、今回はすんなり食べてくれたので驚きました。

いつもは表情一つ変えることがなく、
どの写真もとてもクールなものばかりですが、
いつもとはちょっと違う、油断したような表情が撮れ、
少しだけ気持ちに変化が表れたようで嬉しくなりました。

以前のコメントも転用します。
数名お世話をして下さっている職員さんの中でも、
今は決まったお2人だけには少し心を開き始めているそうで、
その方々がクレートの前に立つと、自ら出てくると仰っていました。
誰にでもという訳にはなかなかいかない子のようですが、
反対に、いったん信頼させてしまえば、
他の人には見せない姿を独り占めすることができ、
他の子では味わえない感動をもらえるような子だと思います。
私達の前では、表情一つ変えず、
いつも観察されているように感じます。
小さい頭で、一生懸命に考えているのだと思います。










※6/13よりレポートに登場 (6/1収容)
▽茶 メス(不妊手術済) 4-5歳 14キロ

f0078320_049205.jpg

f0078320_0493677.jpg

f0078320_0495086.jpg

f0078320_050586.jpg

f0078320_0501750.jpg
とても臆病な子ですが、とても優しい子でもあると思います。

触ることはできますが、オヤツは人が見ている間まだ食べることがはできません。
人に対して攻撃をするような様子は見たことがありません。

何度も子育てをしてきたようなお乳をしており、
顔には無数の古傷痕があります。
子供を守りながら、
怖い思いを何度もして来たのだろうと想像が出来ます。

少し時間はかかりそうに感じますが、
今の優しさをそのまま変えずに育てていただける方の目に止まって欲しいです。

以前のコメントも転用します。
職員さんに引かれ、外に出て来ましたが、
ロープで引かれた経験がないようで、
必死に噛み切ろうとする行動がありましたので、
注意が必要です。

以下↓D部屋にいた時の様子です。
気配を消そうとして必死に壁に鼻を押し付けて
息もできないのではないかというくらいの姿で
固まっていました。
鼻からの息が壁に押し付けていることでシューシュー
音が部屋の中で響いていました。
緊張しているからだとは思いますが、
どこを触っても全く反応することはありません。
お顔の写真を撮ろうとして頭をぐいっと持ち上げても
力は入っているものの、お口が出るようなことも
全くありませんでした。

抱っこをしても最初こそ暴れるものの、
抱き上げてしまえばおとなしくなります。
人が怖いと思っていても、とにかくじっとしてやりすごす
ことができる子です。





レポートは続きます。 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る