庭に出してもらえることをちゃんと理解し、
トイレを我慢しているようです。
出て来るなり、長いチッコをしてました。
地面にへばり付くような姿勢が、とっても可愛くて見入ってしまいました。


f0078320_142122.jpg
f0078320_1423162.jpg
f0078320_1424694.jpg
f0078320_1425977.jpg
f0078320_1431365.jpg
f0078320_1432669.jpgよもぎちゃんはとっても不思議な子で、
人馴れは問題なく、嬉しくて自分から飛びついてくる割には、
ちょっとしたことで悲鳴を上げて、
とてもオーバーに、怖いと意思表示をします。
こちらがビックリさせられるほどです。

しかし、この日もそんな素振りは無く、
終始ご機嫌で、一度も悲鳴を上げず甘ったれ全開でした。

今は外に出してもらえる時間が長いとは決して言えませんが、
それでも、毎日お世話をして下さってる職員さんの指示に従い、
抵抗することなく、すんなりと部屋にに戻って行く、
聞き分けの良いよもぎちゃんです。


以前のコメントも転用します。
人馴れしていますが、信頼関係ができるまでは
人のちょっとした動きを怖がることがあります。
静かにストレスを溜めるのではなく
怖いことがあると少しオーバー気味に悲鳴を上げるので
わかり易いタイプだと思います。









☆キララ
※2/21よりレポートに登場 (2/16引き取り)
▽茶白 1歳ぐらい メス(不妊手術済) 13、15キロ

f0078320_1512620.jpg
f0078320_1514335.jpg
f0078320_1515748.jpg
f0078320_1521220.jpg
f0078320_1523358.jpg
f0078320_1525086.jpgこの日はモタモタしていて撮影できなかったのですが、
元気にしている様子は確認しています。

写真・コメント共に先週のものを転用しました。


とても臆病で慎重な子なので、
すでにクレートに入っていましたから、
敢えて出さずに話しかけながら、
写真を撮りました。

外でオヤツをあげても、私の手からは一度も食べたことがなかったのですが、
クレートの中にいるからか、今回はすんなり食べてくれたので驚きました。

いつもは表情一つ変えることがなく、
どの写真もとてもクールなものばかりですが、
いつもとはちょっと違う、油断したような表情が撮れ、
少しだけ気持ちに変化が表れたようで嬉しくなりました。

数名お世話をして下さっている職員さんの中でも、
今は決まったお2人だけには少し心を開き始めているそうで、
その方々がクレートの前に立つと、自ら出てくると仰っていました。
誰にでもという訳にはなかなかいかない子のようですが、
反対に、いったん信頼させてしまえば、
他の人には見せない姿を独り占めすることができ、
他の子では味わえない感動をもらえるような子だと思います。









※9/5レポート初登場(8月末他抑留所より移送)
▽薄茶・黒 6-7ヵ月 メス 6-7キロ

f0078320_23269.jpg
f0078320_231850.jpg
f0078320_23336.jpg
f0078320_234923.jpg
f0078320_24430.jpg何が何だかわからないまま外に出て来て、
固まったまま微動たりともしませんでした。

臆病な子ではありますが、環境の変化に不安でしょうがない様子です。
楽しくて仕方のない月齢なはずなのに、
見ていて可哀そうになります。

外でパニックを起こさせたくないので、
この日はそばに行くのをやめました。

とっても可愛いお顔をした子です。








▽9/5レポート初登場(8月末他抑留所より移送)
茶・黒・白 7-8ヵ月 メス 8-9キロ

f0078320_242037.jpg
f0078320_243366.jpg
f0078320_244696.jpg
f0078320_245947.jpg
f0078320_251130.jpg
f0078320_252430.jpg部屋から出て来て暫くは、かなり激しく抵抗をしており、
やっと落ち着いたのがこの姿勢でした。

この日見た限りでは、この子の方が↑上の子より臆病さんです。
この子も同様に外でバタバタ抵抗させたくなかったので、
遠くから写真だけを撮って来ました。

職員さんが抱っこに慣らすべく練習してくれていましたが、
一瞬悲鳴に近い声をあげていました。



この仔犬達2頭は、特に大事な時期だと思います。
出来る事なら、臆病に加速がつかない内に、
家庭に入れてあげられるのがベストですが、
今後、訪問するメンバーは、過剰に刺激を与えないよう、
関りを持ってあげたいと思います。





レポートは続きます。" />

ブログ

9/5センターレポート 別室      4頭 

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターにて譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)







☆よもぎちゃん

※2/28よりレポートに登場 (2/17収容)
▽白茶 メス(不妊手術済)3歳ぐらい 12-3キロ

f0078320_142019.jpg
庭に出してもらえることをちゃんと理解し、
トイレを我慢しているようです。
出て来るなり、長いチッコをしてました。
地面にへばり付くような姿勢が、とっても可愛くて見入ってしまいました。


f0078320_142122.jpg

f0078320_1423162.jpg

f0078320_1424694.jpg

f0078320_1425977.jpg

f0078320_1431365.jpg

f0078320_1432669.jpg
よもぎちゃんはとっても不思議な子で、
人馴れは問題なく、嬉しくて自分から飛びついてくる割には、
ちょっとしたことで悲鳴を上げて、
とてもオーバーに、怖いと意思表示をします。
こちらがビックリさせられるほどです。

しかし、この日もそんな素振りは無く、
終始ご機嫌で、一度も悲鳴を上げず甘ったれ全開でした。

今は外に出してもらえる時間が長いとは決して言えませんが、
それでも、毎日お世話をして下さってる職員さんの指示に従い、
抵抗することなく、すんなりと部屋にに戻って行く、
聞き分けの良いよもぎちゃんです。


以前のコメントも転用します。
人馴れしていますが、信頼関係ができるまでは
人のちょっとした動きを怖がることがあります。
静かにストレスを溜めるのではなく
怖いことがあると少しオーバー気味に悲鳴を上げるので
わかり易いタイプだと思います。









☆キララ
※2/21よりレポートに登場 (2/16引き取り)
▽茶白 1歳ぐらい メス(不妊手術済) 13、15キロ

f0078320_1512620.jpg

f0078320_1514335.jpg

f0078320_1515748.jpg

f0078320_1521220.jpg

f0078320_1523358.jpg

f0078320_1525086.jpg
この日はモタモタしていて撮影できなかったのですが、
元気にしている様子は確認しています。

写真・コメント共に先週のものを転用しました。


とても臆病で慎重な子なので、
すでにクレートに入っていましたから、
敢えて出さずに話しかけながら、
写真を撮りました。

外でオヤツをあげても、私の手からは一度も食べたことがなかったのですが、
クレートの中にいるからか、今回はすんなり食べてくれたので驚きました。

いつもは表情一つ変えることがなく、
どの写真もとてもクールなものばかりですが、
いつもとはちょっと違う、油断したような表情が撮れ、
少しだけ気持ちに変化が表れたようで嬉しくなりました。

数名お世話をして下さっている職員さんの中でも、
今は決まったお2人だけには少し心を開き始めているそうで、
その方々がクレートの前に立つと、自ら出てくると仰っていました。
誰にでもという訳にはなかなかいかない子のようですが、
反対に、いったん信頼させてしまえば、
他の人には見せない姿を独り占めすることができ、
他の子では味わえない感動をもらえるような子だと思います。









※9/5レポート初登場(8月末他抑留所より移送)
▽薄茶・黒 6-7ヵ月 メス 6-7キロ

f0078320_23269.jpg

f0078320_231850.jpg

f0078320_23336.jpg

f0078320_234923.jpg

f0078320_24430.jpg
何が何だかわからないまま外に出て来て、
固まったまま微動たりともしませんでした。

臆病な子ではありますが、環境の変化に不安でしょうがない様子です。
楽しくて仕方のない月齢なはずなのに、
見ていて可哀そうになります。

外でパニックを起こさせたくないので、
この日はそばに行くのをやめました。

とっても可愛いお顔をした子です。








▽9/5レポート初登場(8月末他抑留所より移送)
茶・黒・白 7-8ヵ月 メス 8-9キロ

f0078320_242037.jpg

f0078320_243366.jpg

f0078320_244696.jpg

f0078320_245947.jpg

f0078320_251130.jpg

f0078320_252430.jpg
部屋から出て来て暫くは、かなり激しく抵抗をしており、
やっと落ち着いたのがこの姿勢でした。

この日見た限りでは、この子の方が↑上の子より臆病さんです。
この子も同様に外でバタバタ抵抗させたくなかったので、
遠くから写真だけを撮って来ました。

職員さんが抱っこに慣らすべく練習してくれていましたが、
一瞬悲鳴に近い声をあげていました。



この仔犬達2頭は、特に大事な時期だと思います。
出来る事なら、臆病に加速がつかない内に、
家庭に入れてあげられるのがベストですが、
今後、訪問するメンバーは、過剰に刺激を与えないよう、
関りを持ってあげたいと思います。





レポートは続きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る