ブログ

世界は良くなった。スピラがいたから 2


IMG_5582 (Custom)

1998年6月の午後

ニューヨークのアパー・ウエストサイドにある
ヘンリー・スピラのアパートを訪ねた。
「倫理を行動に」という本がまさに出版されるときであった。
この本で実に多くの人が彼の活動に関心を持つことになる。

インタビューは基本的なものであったが、
どうしてヘンリーが動物の権利に関わるようになってきたか、
どうやって戦略を立ててきたか、
今後の運動はどのように展開するのかなど、
あなたがヘンリーの動物解放の思想にまだ出逢っていないのであれば、
このインタビュー記事を目にするあなたは非常にラッキーである。

エリック・マーカス Vegan.Com


Q; 動物の権利に関わってどのくらいになりますか

A: 25年くらいですね。
ピーター・シンガー氏のエッセイ「動物の解放の開放」を読んで以来です。

Q: どのような影響を受けましたか

A: それ以前は人間の権利擁護の運動をしていました。
搾取、支配、弱者を押しのけること、
そういったものに対して闘ってきました。
このヒエラルキーの底辺に動物が存在しているのです。
シンガー氏は人間の権利擁護の延長に
動物たちの自由への解放があると提示したのです。

Q;: それまでのあなたの動物に対する考えはどのようなものでしたか

A: むかし、知人に猫を押しつけられた、その時です、私が目覚めたのは。
猫をかわいがっているうちに、一方では猫を撫で、
もう一方では他の動物の首を切り、
皿の上に載せるという行為。不快な感じがしました。

しかしその時はアクションを取るには至りませんでしたが、
それからシンガー氏のエッセイに出会い、
矛盾について考え始めたのです。

続く



ダウンロード (1)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: 私に何の関係があるというのだ 

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る