ブログ

宮城県議会でアニマルウェルフェアについて一般質問

2017年9月12日、宮城県議会の一般質問にて、 恒春(さかいつねはる)議員(みやぎ県民の声)からアニマルウェルフェアについて3点質問が行われました。境議員は以前にも犬や猫の里親探しのシステムづくりについて知事に求める質問をしています。
今回は、採卵鶏のバタリーケージ、ブタの拘束飼育(妊娠ストール)からのアニマルウェルフェアシステムへの移行を後押しする内容、アニマルウェルフェアへの県の積極的取り組みを求める内容、と畜場の飲水設備や人道的な移動方法について改善を求める内容の質問をしてくださいました。
県の回答の中では、畜産クラスターという大規模な畜産の補助金制度があり、その制度をアニマルウェルフェアを利用することを支援することなどが示されました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: NPO法人アニマルライツセンター 毛皮、動物実験、工場畜産、犬猫等の虐待的飼育をなくしエシカルな社会への更新情報

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る