ブログ

2017年衆議院議員選挙 動物保護に関する政党アンケートの設問

2017年10月22日(日)に行われる第48回衆議院議員総選挙にあたり、アニマルライツセンターでは動物保護に関する政党アンケートを実施しています。
アンケート内容は以下の通りです。

1:貴党の基本的な動物保護へのお考えについてお聞かせ下さい。

A,犬・猫、その他エキゾチックアニマルなどのペット動物について

B,畜産(産業)動物について

C,実験動物について

D,水族館や動物園などの展示動物について


2:下記について、 貴党の姿勢をお聞かせ下さい。 ※はい、いいえ、その他( ) でご回答ください。

A:法律・政令・規則等において、動物の種類ごとに動物行動学に基づいた飼育基準を定め、適正飼育を推進する
はい / いいえ / その他(                              )

B:動物愛護及び管理に関する法律を、すべての動物(愛玩・展示・実験・産業等)にとって福祉が向上するよう改正することを推進する
はい / いいえ / その他(                              )

C:アニマルウェルフェアと食の安全の観点から世界で廃止が進む畜産動物の飼育システム(バタリーケージや拘束飼育(妊娠ストール等))について、日本でも改善を推進する
はい / いいえ / その他(                              )

D:”と畜場”および”食鳥処理場”でのアニマルウェルフェアの改善を推進する
はい / いいえ / その他(                              )
  
E:動物ではなく人のデータに基づく試験方法(動物実験代替法)を推進し、動物実験を減らしていくべきだという認識がある
はい / いいえ / その他(                              )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: NPO法人アニマルライツセンター 毛皮、動物実験、工場畜産、犬猫等の虐待的飼育をなくしエシカルな社会への更新情報

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る