ブログ

世界は良くなった。スピラがいたから 4

IMG_5870 (Custom)

Q: あなたの最初のキャンペーン、
ナチュラル・ヒストリー・ミュージアムでの
勝利のことを語っていただけませんか。
それからレブロンへ進むわけですよね。

A: どこから始めようかいろいろ探しました。
一般論で人にわかってもらうのは難しいです。
シャープで分かりやすい問題が人を呼び止められるのです。

私たちはニューヨーク市のナチュラル・ヒストリー・ミュージアムで
残虐な実験が行われていることをつきとめました。
20年以上にもわたって猫や子猫を切断していたのです。
これを一般の人が知ったら、どう思うか。
彼らは誰の益にもならないことのために
虐待を続けていたのですからね。

ミュージアム側に話し合いを申し込みましたが、拒否されました。
そこから私たちのキャンペーンは始まったのです。
一年半続けました。しつこくやることがすべてです
。もしあなたのターゲットが企業であれば、終わるまでやり続けることです。

Q: 一年半どんなことをしたのですか?

A:毎週末デモをしました。
ミュージアムに寄付する人たち、市役所、企業、個人、
ありとあらゆる人たちに申し立て、
ミュージアムが動物実験をやめるようにプレッシャーをかけました。

Q: 効果はいかがでした?ミュージアムはダメージを受けましたか?

A: マスコミが注目してくれるようになりました。
議員が動きだし、ミュージアムには苦情の電話が殺到しました。
遺産寄付をしようとしていた人たちも相次いで中止の意向を示し、
通常受けるはずのサイエンス・コミュニティからの
サポートも拒否されました。
動物実験が責められるべき時代が来たのです

Q:結果は?

A: 一年半後実験は廃止され、研究所は解散しました。

Q: このミュージアムのキャンペーンが
レブロンへの布石となるのはどういう経由でしょうか。

A: ミュージアムの成功である程度自信がつきました。
レブロンは私たちと話し合いを何度もし、
いろいろなアクセスもくれましたが、
結局何もしませんでしたね。
一年間の討議で何も変わりませんでした。
そこで私たちは
「レブロンは美のために何匹のウサギの眼を
失明させているのか」というキャンペーンを打ってでました。

このポスターはマスコミで話題になり、
レブロンの担当者はすぐ首になりました。
新しい担当者と私たちはロックフェラー大学で
代替え実験を行うことに同意し、
レブロンは資金を投入することになりました。

すぐ私たちはエイボンにもコンタクトをとり、
数日以内に同じような資金開発をとりつける契約を
結ぶことになります。
それから次々と他の化粧品会社と協議し、
代替え実験のセンターをジョン・ホプキンズに
設置することに成功したのです。

より良い選択代替えがあることを理解した企業は、
ぐずぐずしているよりはさっさとやったほうがいいと判断しました。



hartung-lush-prize-conference-2014-3-638.jpg



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: 私に何の関係があるというのだ 

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る