ブログ

10/31センターレポート 収容室①②③ 7頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





収容室① 2頭


※10/31レポート初登場 (10/19収容)
▽テリア雑 オス 6歳ぐらい 8-9キロ

ジャックラッセルが入っているような見た目で
さぞかし活発な子なのかと思いましたが
ケージから出して見ると意外と落ち着きがあり
ワチャワチャした感じはありませんでした。

人馴れしていて、撫でられることはとても好きなようです。
写真には写っていませんが、抱き上げることも問題なくできました。

お座りやお手、おかわりなど
教えてもらっていたようで、すぐに見せてくれたのですが
それを見せる時のいかにも楽しそうな様子が可愛らしくもあり
少し切なくなりました。

一生懸命プレイバウして見せたり
とにかく人に構ってもらうことが好きなようです。

健康面では血尿の症状が見られるそうです。
現時点で元気はありますが、急な環境の変化も少なからず
ストレスになっているでしょうから
一日も早く手厚くケアできる環境に入れることを願っています。
f0078320_01331078.jpg




f0078320_01331624.jpg



f0078320_01332015.jpg



f0078320_01332744.jpg



f0078320_01333274.jpg



f0078320_01333765.jpg



f0078320_01334317.jpg







※10/31レポート初登場 (10/23他抑留所より移送)
▽白薄茶まだら メス 2-3歳 11-2キロ

色素が薄く、全体的にふんわり穏やかなイメージのある女の子です。

少しビビりさんで、まだ何が何だかわからず
ただただ困惑しているようでした。
野良っ子のような人と関わらず生きてきたというようなビビり方ではなく

触られても、身をかわしたり逃げたりするのでもなく
唸ったり威嚇したりもなく
その場で固まってしまうビビり方です。
状況の変化に追いついていけずに戸惑っているようでした。

撮影の後に、O看護士さんに連れられて子犬舎に移動になりましたが
その時もロープに噛みつくわけでもなく
大人しく従って、自分の足でちゃんと歩いて犬舎に向かっていました。


f0078320_01355574.jpg



f0078320_01355993.jpg



f0078320_01360591.jpg



f0078320_01361063.jpg



f0078320_01361594.jpg



f0078320_01362174.jpg







収容室② 1頭


※先週レポートより転載しています。

※8/29よりレポートに登場(6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4−5歳 12-13キロ

ケージ外に出て、この定位置に行きつくまでの時間が
さらにさらに短くなりました。
不安でいっぱいでしょうに
それでも痛いことや怖いことをされるわけではないと
この子なりに理解しているようで、撮影中はじっと大人しくしています。
今までは伏目がちで、人と目を合わせることもありませんでしたが
少しずつ人の顔を見上げるようになりました。
小さな小さな変化ですが、それでもこの子にとったら
かなり勇気がいることだと思います。

抱き上げたりすることはまだハードルが高いので
今はとにかく撫でる手を受け入れてもらえるようにしている段階です。



f0078320_16470423.jpg






f0078320_16470969.jpg






f0078320_16471544.jpg






f0078320_16472008.jpg







収容室③ 4頭


※10/24よりレポートに登場 (10/11収容)
▽柴 メス 8歳ぐらい 8キロ程度

先週見た時はケージの中から朗らかな表情を見せていましたが
それから一週間経ち、少し変化が見られ
ケージの中で鳥のような甲高い声で一生懸命アピールしていました。

ケージ外に出した後は騒ぐことはなく
先週見た時と同じ、人懐っこくて可愛らしい女の子です。

嬉しそうにピョンピョンと飛びついて来たりしますが
パワフルさがあったりするわけではなく
チャカチャカし過ぎている感じでもありません。

首に掛けるロープにも抵抗感は持っていないようですし
お散歩も上手に出来そうです。
すぐにでも家庭犬として再出発できそうな子だと思います。

f0078320_02085583.jpg



f0078320_02090185.jpg



f0078320_02090786.jpg



f0078320_02091225.jpg



f0078320_02091739.jpg



f0078320_02092315.jpg







※10/31レポート初登場 (10/20収容)
▽柴 オス 6-7歳 9キロぐらい

こちらもとても人懐っこい柴犬の男の子です。
上の柴の女の子よりは少し活発な感じですが
幼い子犬のような振る舞いで
仕草や態度が大変可愛らしいです。
身体のどこに触っても、終始ヘラヘラと笑っていて
何をされても楽しそうで、人への不信感は微塵も持っていないようです。
和犬のオスの強さや気難しさなどは感じませんでした。

のびのびと育てられた感じはあり
もう少し関わった時には少し我も出てくるかもしれません。
この日触れ合っている限りにはそういった問題は見受けられませんでした。

写真には写せていませんが、抱き上げることもできました。
その時に抵抗したり、歯を当てるようなこともありませんでした。

f0078320_02131752.jpg



f0078320_02132483.jpg



f0078320_02132955.jpg



f0078320_02133515.jpg



f0078320_02134258.jpg



f0078320_02134755.jpg





※この日ドッグランに連れ出しましたので
その様子を別ページでご紹介します。

※9/19よりレポートに登場 (9/8収容)
▽薄茶 オス 6-7歳 11-2キロ
f0078320_17054671.jpg







※10/3よりレポートに登場(9/15収容)
▽茶 オス 3−4歳 11-12キロ

最初の時に比べるとだいぶ警戒心は薄らいできたと思います。
唸りも今は全くありません。
促されるままにすんなり外に出てきてトイレを済ますと
おやつをもらいにそばにきてくれるようにもなりました。
とても痩せていて、まだなかなか太れないようで
そのためか食べ物への関心はかなり高いです。

まだ無理には触っていないので
触れた時にどのような反応するかはわからないのですが
人に対しての不信感が少しずつ解けてきているところだと思いますので
もう少し無理せず見守りたいと思います。

f0078320_02163401.jpg



f0078320_02164678.jpg



f0078320_02165499.jpg



f0078320_02165855.jpg



f0078320_02170443.jpg



f0078320_02170999.jpg



f0078320_02171596.jpg




レポートは続きます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る