... TOPIX

11/7センターレポートB部屋3+C部屋2頭と(収容室③1頭)


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※先週レポートより転載しています。


引き続き、センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)








【B部屋3頭】


※8/22よりレポート登場 (8/14他抑留所より移送) 
▽茶 メス 7-8歳 13-4キロ

f0078320_01444857.jpg
f0078320_01450398.jpg
f0078320_01451417.jpg
f0078320_01452620.jpg
f0078320_01453882.jpg
f0078320_01455018.jpg
私達が入ると大歓迎で迎えてくれました。
とは言ってもうるさく騒ぐわけではなく、
目をキラキラさせてケージの中で、
出してくれるんですよねと言わんばかりに、
ソワソワと存在をアピールしていました。
とっても可愛らしい子です。

間違いなく人と生活していた子で、
愛情もそこそこかけてもらっていたに違いないと思います。
どこを触っても嬉しそうで、
抱っこもできますが抱かれ慣れていないようで、
不安でしがみついている様子を見て、
人を信頼しきっているんだなと感じました。
今度こそこの子を裏切ることのない人の元で生活させてあげたいと、
強く感じてしまいました。

オヤツに目がなく、時々じれて吠えてはいましたが、
これぐらいなら気にすることはないといった程度です。
催促する割には、とても優しく受け取り食べられる子です。

年齢も重なってか落ち着きもあり、
この子の悪い所が見つからないほど、共に生活し易い子だと感じます。

シニアの域には入っていますが、
見る限り足腰も問題もありませんし、
年相応に元気だと思います。

犬とのんびり過ごせる幸せな時間が共有できると思います。

*正確ではありませんが上記体重より今は痩せて軽いのではないかと感じました。








※9/26よりレポート登場 (9/11収容)
▽薄茶 オス 5歳ぐらい 15-6キロ
f0078320_01463590.jpg
f0078320_01464464.jpg
f0078320_01465384.jpg
f0078320_01470448.jpg
f0078320_01471465.jpg
f0078320_01472420.jpg
f0078320_22565202.jpg
ちょっとマズルが短くて、愛嬌のあるお顔の子です。

私達が入ると、ケージ内で不思議な声で鳴いていました。
部屋の中を汚したくないのか、
トイレを我慢していたようです。
出してあげると、急いで端に行ってチッコをしていました。

とても温厚な子で、身体を拘束したり、
お顔をクチャクチャとしても、全く抵抗したり、
逃げるような様子もありませんでした。
抱っこも問題なくできますが、
慣れていないようでぎこちなかったです。

写真には撮れませんでしたが、
歯も大人しく見せてくれました。
犬歯が欠けていて、片方は半分ぐらいから平になっていました。

今回は落ち着いて座りオヤツを待っていましたが、
その日によって待てない時もあるようです。

程よい落ち着きと、
人の目をジッと見たり、声に対して動きを止めて聞いていますので、
人との生活はし易いように感じます。

以下↓以前のコメント引き継ぎます。
最近は随分と表情も変わり
「あれをしたい、これをしたい」と
自分の要求も素直に表現するようになりました。
散歩が好きそうな子なので
沢山散歩させたり、旅行に連れて行ってくれるような方と
ご縁が結ばれますように。







※10/10よりレポートに登場 (9/28収容)
▽茶白 オス 7歳程度 13キロぐらい(痩せています)
f0078320_01482096.jpg
f0078320_01482930.jpg
f0078320_01483828.jpg
f0078320_01484837.jpg
f0078320_01490036.jpg
f0078320_01492376.jpg
f0078320_01493662.jpg
f0078320_01494793.jpg
f0078320_01495966.jpg

見るからに穏やかさを感じる子で、
それを裏切らず、終始落ち着いて接してくれました。

ケージの中でも必要以上にアピールすることなく、
こちらの動きをジッと見ながら、
時々遠慮がちに「ここにいるよ!見て!」と言う感じに、
意識を向けて欲し気に鳴いていました。
ケージの入り口を開けてもあわてて出てくることはなく、
ロープで促されゆっくり出て来てくれました。

人馴れは全く問題ありません。
この子も人と生活して来たことは伺えます。
そしてやはり大切にされていた経験はあるのでしょう。
人を信用しています。
時折見せる笑顔は、シニアとは思えないぐらい可愛い表情です。

オヤツの食べ方もガッツくことなく、
歯を当てないように優しく受け取り食べることができます。

写真ではわかりずらいかもしれませんが、
尻尾の先が欠損していて、少し短くなってしまっています。
つい最近といった怪我では無さそうですが、
嬉しくて尻尾を振ったりしている時にケージの側面にぶつかり、
出血を繰り返しているようで、なかなか表面が乾かないようです。
本犬は、そんなことは全く気にする様子もありません。

抱っこも慣れていて、どこを触っても問題ありません。

私は今回この子と初めて触れ合いましたが、
見た限り穏やかですから、
とても飼い易い子であろうと感じ、
今後も極端に変化するような感じは受けませんでした。

この子の後半の犬生は、
大好きな人のそばで安心して過ごせますようにと願っています。










【C部屋2頭】



※8/22よりレポートに登場(8/21他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 3-5歳 9-10キロ(9/26修正)

f0078320_01532191.jpg

f0078320_01533649.jpg

f0078320_01534833.jpg

f0078320_01540841.jpg

f0078320_01542245.jpg

f0078320_01543684.jpg

f0078320_01544967.jpg

f0078320_01550167.jpg

f0078320_01551987.jpg

f0078320_01553252.jpg
部屋では、元気一杯に吠えて喜びを表していました。

先週のレポートで、落ち着きが無く、
抱いている以外は写真を撮るのが大変なほど動いていたと書かれていましたので、
今回はランに出して様子を見てみました。

犬に対して異常なほど興味や関心を持つ子で、
それは決して威嚇でもなんでもなく、吠えることもありません。
最初は隣のランにいた子達を、吠えることなくジッと見ていました。
その内、職員さんに連れられ1頭ずつ移動して行く様子に、
その都度、近くに行きたい一心からなのか、
ランの端まで走って行き、その子が係留されると走って戻って来る。
また別の子が出て来て移動すると、端まで走り戻る。
これを全ての子に同じように繰り返していました。
正面から撮れたのが、戻ってくるときの様子です。

イキイキとしてて、とても楽しそうな表情です。

人馴れは全く問題ない子ですが、
今後も犬への関心などはもっと見て行きたいと思います。






※10/31よりレポート初登場(10/30引き取り)
▽テリア系 クリーム メス 5歳 11-12キロ(太りすぎ)適正8-9キロ

f0078320_01570317.jpg

f0078320_01571516.jpg

f0078320_01572671.jpg

f0078320_01573899.jpg

f0078320_01574814.jpg

f0078320_01580030.jpg

f0078320_01581113.jpg

f0078320_01582213.jpg

f0078320_01583278.jpg

f0078320_01584403.jpg
安定感のある体格で、骨太のような気もしますが、
抱くと見た目より重く、かなりのウエイトオーバーだと思います。

収容されてから間もないということもあり、
どうしてここにいるのか、
なんで外に出してもらえないのか、
数日前まで一緒にいた家族がなぜいないのか、
何が何だかわからず、不安一杯の様子は隠せずでした。
ケージから出してあげると、明るい窓の方ばかりを見ていました。

人にはとても馴れています。
どこを触っても問題ありませんでしたが、
でも今は触られていることすら、気もそぞろで感じてなかったかもしれません。
オヤツに一瞬は目をやるのですが、それどころではなく、
何度も気を紛らそうとしてみましたが食べてはくれませんでした。
ケージ内の食事も残してありました。
次週行った時は、もう少し不安が除けていると良いのですが、
見ていて可哀そうになるほどでした。

見ての通り、もこもこの中に小さい目があり、
まるでぬいぐるみのように愛くるしい子です。
今は毛玉があり汚れていますが、
キレイにしてあげたら見違えるほどの可愛い子になると思います。

元飼い主の申告年齢より、
もう少し若いのではと感じたほど、歯がキレイでした。

次週様子の変化もよく見て来たいと思います。








収容室③

ランにて撮影したので、
こちらでも紹介させて頂きます。

※9/19よりレポートに登場 (9/8収容)
▽薄茶 オス 6-7歳 11-2キロ
f0078320_16574195.jpg
f0078320_16575367.jpg
f0078320_16580928.jpg
f0078320_16582562.jpg
f0078320_16585087.jpg
f0078320_17000290.jpg
f0078320_17001677.jpg
とても穏やかな子で、どこを触っても平気です。

先週のコメント↓
排泄のためか、とにかく外に出たいようで
始終外に向かって行こうとし、ずっとソワソワしていました。
新聞を敷いたところに何度も排泄しようとしては止めて
なかなかポジションが決まらないようでした。

との様子でしたので、今回はランにて観察してみました。
トイレは問題なくサクッと済ませることができましたが、
思ったほどには喜んでもらえず、
逆に、少々戸惑っている様子でした。

肛門周りが常に汚れているのが気になっていたのですが、
もしかしたら筋肉の衰えから、
キレが悪くなっているのかもしれません。

先週は気づかずだったのですが、
少しロープを引いて歩かせてみたところ、
左後ろ足に違和感がある様な歩き方をし、
平らで無い所では、ふら付く時もありました。
下半身と後ろ足の筋肉がなくとても細いです。
まだ弱るような年齢でもありませんので、
狭く動けない環境で生活して来たのかなと想像してしまいました。
ゆっくり散歩で筋肉をつけてあげたいところです。

まだまだこの子の犬生はこれから。
のんびりと一緒に歩んで下さる方の目に止まりますよう、
祈っています。



今回の写真は困った表情ばかりになってしまいましたので、
先週の可愛い写真も転用します。
f0078320_17061919.jpg



レポートは続きます

関連記事

ページ上部へ戻る