ブログ

12月2日アニマルライツ勉強会「野生から水族館へ、そして繁殖」イルカに何が起こっているのか

2017年12月2日土曜日、アニマルライツ勉強会を開催いたします。

イルカにとって死ぬよりも辛いと言われる水族館。
水槽という環境がイルカにとってなぜ過酷なのかを生態や捕獲方法から考察します。
そして韓国済州島で開催されたアニマルライツを前提としたビーガンフェスティバルと、先駆的な活動を実践している海洋生物保護団体との交流によるレポートを交えながら水族館問題を考えます。


今回の講師は、イルカの供給元の太地町や国内の水族館を視察し、イルカ問題に取り組んできた光延晶子さん。光延さんは現役のアニマルライツ活動家でもあります。イルカ水族館の問題についてさまざまな観点から講義をしていただきます。

時間割

13:00~13:45 アニマルライツセンターについて、動物問題全般についての講義(はじめにアニマルライツセンター代表岡田から説明があります。アニマルライツセンターの勉強会に初めてご参加される方は、1時から必ずご参加ください。)

13:45~15:20 アニマルライツ勉強会[「野生から水族館へ、そして繁殖」イルカに何が起こっているのか]
講師:光延晶子さん


下記の概要と注意事項をご覧頂き、お申し込みの上、お越しください。
お部屋にはいる人数が最大でも20人のため、必ず下記のフォームからお申し込みをおねがいします。

概要

2017年12月2日土曜日
13:00~15:20 
参加費:300円 ※正会員無料&22歳以下無料
場所:アニマルライツセンター事務所
   https://goo.gl/maps/grww6nnptyk

注意事項:
※キャンセルされる場合は、必ず下記フォームからご連絡ください。
https://arcj.homepagine.com/contact/form/
前日までのご連絡がないまま欠席された場合は次回以降お断りさせていただく場合もございます。貴重な機会であるためご理解いただけますようお願い致します。

※定員に達し次第受付を終了します。
※勉強会は最初から聞かないとわからないことが多いです。13:45分までに来ていただけますよう、余裕をもってお越しください。



勉強会への参加登録はこちらから



※Facebookから参加ボタンを押してもお申し込みにはなりませんので、ご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: NPO法人アニマルライツセンター 毛皮、動物実験、工場畜産、犬猫等の虐待的飼育をなくしエシカルな社会への更新情報

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る