... TOPIX

11/21センターレポート 子犬舎     8頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。




ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


※先週レポートより転載します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





<2-5> 2頭

※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 10-11ヵ月(11/1修正) 13-4キロ(11/14修正) 

部屋に入る人数が少し多いと途端に震えてしまいますが
撮影時は1人で対応したところ、警戒心が少し解けたようでした。
警戒心が薄れると、今度は好奇心の方が勝るようです。
室内の濡れた新聞を取り換えていると
後から覗き込むように見ていました。
怖いなら遠くにいても良さそうなのに、気が付くといつも
そばで何をしているか大きな目でじっくり観察しています。

自分から来る分には近くても構わないようで
震えるでもなく、唸るでもなく
こちらから近づくぞというオーラを出さずにいれば
人がそばにいても気にならないようです。







※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 11-12ヵ月(11/1更新) 9-10キロ

久々に壁によじ登ろうとしていたので
その瞬間にひょいと抱き上げたら
「ああ、捕まっちゃった」と言いたげに、すぐに諦めて観念していました。
この子は抱き上げる時に殆ど抵抗しなくなっています。
むしろ、壁に登って高いところから落ちると身体が大きくなった今では
衝撃も強いでしょうし、落ち着かせるためにも
ホールドしてしまった方が安全なようです。
すごく怯えているかと思うとそうでもなく
抱き上げている時に、鼻先におやつを近づけたら鼻をヒクヒクさせ
意識はおやつの方に少し動いたようでした。
部屋に戻してから、おやつをこの子の近くに投げ入れたら
うまく鼻先の近くにおやつが落ち
それをヒクヒク匂いを嗅ぎ
次の瞬間
なんと、なんと、食べていました!!
人がまだいるのに食べていました。
この瞬間をようやく見ることができました。
後退したり前進したりしながら
でも確実に変化は見られているようでとても嬉しかったです。







<2-6 2頭>


※8/1よりレポートに登場 (7/27他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 7-8ヵ月(11/1修正) 10-11キロ(11/14修正)

扉を開けてしばらくはウロウロしますが
こちらが動かないでいると、部屋の中に戻り
少し落ち着きました。
足元に置いたおやつはそばにいると食べられないけれど
少し離れると、途端にパクパクと、急いで口に頬張っていました。

この子はまだ好奇心で人のそばに来るということがありません。
あるとすれば、頼っている犬の後ろをくっ付いてきて
そばに来るといった感じです。
無理に触ったとしても固まる系ビビリで
今のところ口が出るような素振りは見られません。

落ち着いた大人ばかりの家庭か
もしくは犬にも人にもフレンドリーな先住犬のいるお家に迎えていただければ
良い影響を受けるように思います。






※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 13-4キロ(11/14修正)

部屋の扉を開けて、離れたところに座り
「おやつ食べたければそっちから来てね」と
ジッと待っていたら、さほど時間もかからずに
恐る恐る食べに来てくれました。
一度口にしたらあとは何度も部屋から往復しながら
食べに来てくれました。

すばしっこく器用に人の手を避けるので
あまり撫でたりはできませんが、撫でたとしても
怒ったり唸ったりする様子は見られません。

状況が変わりさえすれば
もっと人馴れは進んでくる子だろうと思います。
他の犬に対しても強く出たりしている場面は
知る限りでは見られませんので
多頭でも暮らしていけるタイプの子だと思います。












<2-7> 2頭

☆ナイト

※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 オス(去勢済) 1歳前後 16.5キロ 

ますます凛々しく恰好良くなってきたナイトくんです。
入口の扉を開けると、あまり躊躇することもなく
すぐにそばに寄ってきてくれます。
お得意のお座りもビシッと披露してくれました。

こんなにそばに来てくれますが、こちらが手を伸ばして
触ろうとするとすぐに遠ざかってしまいます。
それを無理に触れようとするならば、唸ることもあると思います。

でも最近は食べている最中に顎先なら撫でさせてくれるようになりました。
少しでも、人の手は怖くないと覚えてくれると良いなと思います。

同室のゴーヤとの関係も落ち着いたようで
現在は小競り合いもなく過ごせているようです。












☆ゴーヤ 

※10/24よりレポートに登場(10/10収容 )
▽茶白 オス(去勢済) 1-2歳 8.25キロ

同室のナイトと比べると
身体がふた回りほど小さく、線の細い美少年といった感じの印象です。

入口の扉を開けて待っていても
ほんのちょっと外に出てはすぐに部屋に戻るということを繰り返していました。
よく観察していると、ナイトよりは決して前に出ようとしていません。
自分より優位な立場の相手を怒らせることは賢く避けているようです。

表情などは一見するととても人懐っこそうに見えますが
まだまだ人に対しての不安感などはぬぐえないようで
一定の距離を保とうとします。
それでも毎週少しずつ警戒心を弱めつつあるので
今後もっと変化は見られてくると思います。
















<2-8 2頭>

※6/13よりレポートに登場 (6/1収容)
▽茶 メス(不妊手術済) 4-5歳 
14キロ(←現在は体重がもう少し減っていると思われます)

ウルウルした目がとても可愛らしく
それを壁に押し付けて隠してしまうのは
本当に勿体ない。そう思い少しこちらに向いてもらいました。
ごめんねと心で言いながら、でもこの可愛い子が
此処にいることを皆さんに知ってもらうためです。

まだ何をしても怯えてしまうだけだとは思いますが
この子は歯を当てて意思表示する術を知らないかのように
何をされてもされるがままです。
力で押し返すことはしない子です。




頑張ったご褒美に、おやつを口元に持って行ったら
美味しそうに食べてくれました。
床に置いたおやつは今までも食べてくれていましたが
今回は手から食べてくれて感激しました。




推定4-5歳なので
生きてきた月日を考えると、家庭に入ったからと言って
すぐに何もかもが劇的に変化することはないかもしれません。
月単位、年単位のゆっくりとした変化になるかもしれませんが
焦らずじっくりと向き合ってくださる方と巡り会えますように。







※10/31レポートに登場 (10/23他抑留所より移送)
▽白薄茶まだら メス 2-3歳 11-2キロ

珍しい毛色が本当にウットリするくらい美しい女の子です。
何をされるかわからず、不安で不安で仕方がない
今にも泣きだしてしまいそうな表情をしています。
何もしないよ。あなたの見方だよ。
すぐに伝えられる術があればよいのに。。
ついそう考えてしまいます。

身を小さく縮こませているので
わかりにくいかもしれませんが
身体つきはしっかりしていて毛並も良いです。
野良だったとは考えにくいので
飼い犬だったのだろうと思います。



おやつを鼻先に置いたところ
少し考え
考えて小さくパクッと口にしました。

人がそばにいても食べ物を口にできるのは
良い傾向だと思います。
引き続き様子をよく観察してきたいと思います。



レポートは続きます。


関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る