ブログ

11/28センターレポート 4日目部屋    4頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



引き続き動物愛護センターにいる、譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)








※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 11-12キロ

この子もあっという間に半年が経過してしまいました。
同室だった「コペン」がこの部屋から移動すると
少し落ち着いていたこの子も、
また部屋の中をウロウロするようになってきました。
またクセのようになってしまっています。
おやつを見せても近づいてくることはなく、
とにかく人と距離を取りたいという気持ちが
ひしひしと伝わってきます。

このままここにいてもこれ以上の人馴れは
なかなか難しいと思います。
一頭で向き合ってあげれば変化を見せてくれると
思うのですが、この環境ではそれが出来ません。
まだ去勢していない男の子同士でも
他犬と一緒に過ごせるというのは
基本的な性格が穏やかな子なのだと思います。
この子にも人の暖かさを教えてくださるご家族に
迎えてもらえますように。
f0078320_13423637.jpg
f0078320_13430686.jpg
f0078320_13433624.jpg
f0078320_13440511.jpg
f0078320_13443628.jpg
f0078320_13450684.jpg




※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロぐらい

この子も1年3ヶ月経過してしまいました。
この部屋にいる子たちは、他の部屋と違って
フリーになっている分、運動もできるのでいいように
見えますが、人を避けて逃げ回ることができてしまうので
臆病な子にとっては逃げ回るクセがついてしまい、
なかなか人馴れも進まず歯がゆく思ってしまいます。


この子も収容当初はとにかく人を避けるように
動き回ることが多かったのですが、
最近では大分落ち着きも出てきました。
ただ、まだこの子から寄って来るようなことはありません。
こちらの様子はよく見ているのですが
まだおやつも手から食べることはできません。
新しくこの部屋に入ってくる子はこの子を頼りにして
一緒に行動していることも多く見られ、
とても優しい子なのだと思います。
馴れるまでには多少時間はかかるかもしれませんが、
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_16370270.jpg
f0078320_16345158.jpg
f0078320_16360290.jpg
f0078320_16353299.jpg
f0078320_16363245.jpg
f0078320_16373563.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後

この日も黒い子にくっついて
後足を浮かせたようなかわった体勢で座っていました。
この座り方は黒い子をまねしているように
思っていましたが、この子は黒い子とは同郷で
血縁関係があるのかもしれないので
似ているのかもしれません。

触ることはできるものの、ちょっとまだビクッと
してしまうことがあります。
この部屋では唯一、手から直接おやつを食べられる子です。
ただ、それ以上はなかなか進歩することができません。
なんとか人の手を受け入れることができる子なので
家庭に入って人と一緒に生活するようになれば
人馴れも進んでいくものと思います。
今は黒い子にくっついていることで安心感を得ていますが
人に寄り添うことで安心感を得られるように
人の暖かさを教えてあげたいです。

f0078320_17030578.jpg
f0078320_17031490.jpg
↓↓ 先週レポートより








※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-3キロ

黒茶白の子と同様に、この子もいつもの定位置で
伏せていました。
以前は定位置にいても、顔もこちらに向けることなく
じっとしていることが多かったのですが、
最近はカメラを向けるとこちらに目線を向けるように
なってきました。
一時期、ほんの少しお尻のあたりを触ることも
できたのですが、またそれすら許してくれなくなっています。
この日も近づいて声をかけながら触ろうとしましたが
低く小さな声で唸っていたので
無理はしませんでした。
おやつにも興味を示してくれないので
なかなかこの子と接触することが出来ないのが
もどかしいですが、
無理はしすぎずとも、毎週少しずつでも積極的に
この子と関わっていかないといけないと思います。
f0078320_17145194.jpg
f0078320_17150132.jpg
f0078320_17151203.jpg
f0078320_17152062.jpg



レポートは続きます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る