ブログ

12/5センターレポート 子犬舎       7頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。




ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)







<2-8>1頭

※12/5レポート初登場(12/4他抑留所より移送)
▽薄茶白 オス 1-2歳 8-10キロ(痩せ気味)

怖がってずっと壁に鼻をぎゅっと押し付けて
自分の気配を消していました。
ふさふさの長毛できっとかわいい子だろうと
ゆっくり声をかけながら顔を持ち上げてみました。
とても綺麗なお顔をしていて、一瞬女の子かと思うくらい
優しい表情をしている子でした。
歯を見てみると真っ白で、幼い子なのだとわかりました。
まだこの状況がよくわかっていないのでしょう。
怖いようでブルブル小刻みに震えていました。
f0078320_22392564.jpg
f0078320_22394062.jpg
f0078320_22394887.jpg
f0078320_22395699.jpg

こんなに幼い子なのに、顔には何箇所も古傷のようなものがあり
怖いながらも自分を守るために必死に戦ってきたのかと
切ない気持ちになりました。
あまり怖がらせてもかわいそうだと思い、
撮影の時に顔を少し持ち上げましたが
あとはゆっくりと体を撫でてあげました。



毛布が少しかけられていたのですが、
やはり床が冷たいのでいったんこの子をどかせて
下に毛布を敷いてあげようと体を抱き上げました。
お口が出ることもなく、少しあわあわしてましたが
それほど抵抗することもなく、
毛布の上に身体を乗せることができました。
左後ろ足に褥瘡のような傷がありました。
人の優しさを伝えてあげたい子です。
来週以降も様子を見ていきたいと思います。

f0078320_22533568.jpg
f0078320_22534589.jpg
f0078320_22535256.jpg





<2-7>2頭

☆ナイト

※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 オス(去勢済) 1歳前後 16.5キロ 

部屋の中ではいつものように何度も吠えていましたが、
いつもより騒ぎ方が少し落ち着いていて、
外に出てきてからもお利口に何度もお座りをして見せ
あれ?いつもとちょっと様子が違うぞと思いました。
この日、子犬舎には初めて訪問のお手伝いに来てくれた人と
一緒に入ったので、ナイトは大騒ぎするかな?と
少し心配していたのですが、全く逆でした。
ナイトはとても賢い子なので
新しい人にはお利口な姿を見せて、
いい子アピールをしているようでした。
f0078320_23011408.jpg
f0078320_23012338.jpg
f0078320_23013160.jpg
f0078320_23014232.jpg

少々威張りん坊のナイトですが、
同室のゴーヤとはうまくやっているようで安心です。
弱い子やオドオドしている子には強くでるようですが
しっかり意思表示が出来る子には一目おくようなので
強気に出ているようで実は小心者なのかもしれません。
子犬舎の近くを誰かが通るとけたたましく吠えるのも
小心者にありがちな警戒心からくるもので、
決して威嚇しようとしているわけではないと思います。



まだあまり触れ合うことはできませんが
だいぶ警戒心は解けてきているように感じました。
ナイトももうすぐここでの生活が10ヶ月になろうとしています。
どうかナイトにも優しいご家族が見つかりますように。

f0078320_23095017.jpg
f0078320_23095862.jpg
f0078320_23100591.jpg
f0078320_23101204.jpg



☆ゴーヤ 
※10/24よりレポートに登場(10/10収容 )
▽茶白 オス(去勢済) 1-2歳 8.25キロ

なんともあどけないお顔をしたゴーヤですが
まだまだ人に対しての恐怖感は拭いきれないようで
部屋から出てくると一目散に私たちからできる限り
距離を取るように走って逃げて行きます。
カメラを向けると緊張するのか、
なかなかこちらを向いてくれず、
隠し撮りのようになってしまいました。
おやつには興味を示してくれるのですが
ナイトが横取りしていってしまうので、
なかなかゴーヤにあげることができずもどかしかったです。

f0078320_23175136.jpg


f0078320_23175870.jpg


f0078320_23181949.jpg


f0078320_23181366.jpg

アップで見るとそこそこの大きさに見えますが
ナイトと並ぶとかなり小さいです。
まだまだ人馴れという点では難しい子ですが
人と一緒に生活していく中で、人の暖かさや優しさを
覚えていってくれるものと思います。
ナイトともうまく折り合いをつけているようですので
他犬と一緒でもうまくやっていける子だと思います。
どうぞゴーヤにも暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_23290898.jpg


f0078320_23293858.jpg


f0078320_23300965.jpg


f0078320_23303961.jpg






<2-6>2頭

※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 13-4キロ(11/14修正)

こちらがじっとしておやつを見せれば
恐る恐る近づいてきておやつを食べてくれる子です。
小部屋の扉を開けるとすぐに出て行って
人との距離を取ろうとしますので
なかなか触れ合うことができませんでしたが、
この日初めて参加したメンバーがゆっくりとこの子に近づいて
おやつをあげながら話しかけてみると
その場にじっとして、ずっと撫でることができました。
人の優しさを感じてくれたのだと思います。

f0078320_23372694.jpg


f0078320_23375624.jpg


f0078320_23382641.jpg


f0078320_23385613.jpg

最初は少し恐々としていましたが、
ずっと撫でてあげることで段々と表情も落ち着いてきました。
とても綺麗なお顔のこの子も
同室の子と同調してしまい、人を避けるようになっていましたが
こうしてゆっくり接してあげる時間を取ってあげることで
人への恐怖感や不安感は少しずつでも払拭していくことが
出来ると思います。
触れ合いの時間をたくさん取ってあげるには
やはりお手伝いの人数を増やすことに尽きます。
どうぞこの子のような臆病な子たちと
ゆっくり触れ合える時間がたくさん取れるように
ご協力をお願いできればと思います。

f0078320_00112846.jpg


f0078320_00115838.jpg


f0078320_00122819.jpg


f0078320_00125881.jpg




※8/1よりレポートに登場 (7/27他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 7-8ヵ月(11/1修正) 10-11キロ(11/14修正)

収容当初は本当にまだかなり小さく、
怖いながらも人の手は受け入れることができる子でした。
だいぶ成長してきて、お兄ちゃん顔になりつつあります。
同室の子にくっついて扉から飛び出してきては
また部屋に戻る、を繰り返していました。
距離を取って撮影していると
じっとこちらを見ていて、人に興味はあるのだなと
思いました。
部屋の奥でじっとしている時には
ゆっくり身体を撫でても問題ありません。

f0078320_00172737.jpg


f0078320_00171775.jpg


f0078320_00173676.jpg


f0078320_00174246.jpg

収容当初はもっと白っぽい子でしたが、
成長するにしたがって、随分薄茶色が多くなってきました。
同室の子をとても頼りにしているようですので
優しい先住犬がいるお宅で良い影響を受ければ
人馴れも進んでいきそうな感じがします。
とても素直な子だと思いますので
ゆっくりと焦らずに向き合ってくださる方に
見初めてもらえますように。

f0078320_00344594.jpg


f0078320_00343442.jpg


f0078320_00345487.jpg


f0078320_00350005.jpg





<2-5>2頭

※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 10-11ヵ月(11/1修正) 13-4キロ(11/14修正) 

この日は小部屋の扉を開けても外には出て来ず、
同室の子にくっついたまま大きな目を見開いて
じっとこちらを見つめていました。
とても目力が強く、思わず吸い込まれそうになります。
ボクに何かする気なのか??とでも言っているかのように
思えましたが、ゆっくりと話しかけながら
ずっとそばに寄り添ってみました。
以前、無理に触ろうとすると空噛みをしようとしていたので
慎重にゆっくりと触ってみました。
全く動じることなく、手を受け入れてくれました。
とても嬉しかったです。

f0078320_00433836.jpg


f0078320_00435364.jpg


f0078320_00432593.jpg


f0078320_00440301.jpg

おやつを見せても食べることはできず、
そばに置いてもやはり食べられませんでした。
きっとかなり緊張していたのでしょう。
それでも身体を触らせてくれたことは
大きな進歩だと思います。
震えることもなく堂々としているように見えましたが
この子にとってはこれが精一杯なのかもしれません。
それでもこの子も一生懸命考えながら
前に進もうとしているはずです。
この子の成長に手を貸してくださる方は
いらっしゃいませんか。

f0078320_00555353.jpg


f0078320_00560529.jpg


f0078320_00561557.jpg


f0078320_00562616.jpg




※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 11-12ヵ月(11/1更新) 9-10キロ

一人で部屋に入ると、いつものように壁に鼻を押し付けて
じっと固まっていました。
タイミングを逃してしまったのか、
一人で入ったのでそこまで焦らなかったのか
わかりませんが、この日は壁をよじ登ることは
ありませんでした。
ずっと顔を隠しているのでかわいいお顔が見えないよ、
と顔を持ち上げても結構力が入ってしまっていて
正面からのお顔を撮ることはできませんでした。
それでも触ったりするのをやめて
同室の子を撫でたりしていると
「あれ?」という感じに顔を持ち上げて
こちらを覗いていたりします。
一瞬のことなので撮影はできませんでしたが
何度も同じことを繰り返していました。

f0078320_01055333.jpg


f0078320_01060035.jpg


f0078320_01061104.jpg


f0078320_01062137.jpg

自分に注目が集まっていないとわかると
ちょっと気になるようです。
抱っこすることもできますし、素直な子だと思います。
壁をよじ登ってしまうぐらい身体能力が高い子ですから
脱走防止などには十分な注意が必要になると思います。
それでも人との信頼関係が築けるようになれば
そこまで必死になって逃げる必要はないんだと
理解してくれるのではないでしょうか。
まだ1歳に満たない子ですから
いろいろなことを吸収する力があると思います。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_01333218.jpg


f0078320_01340326.jpg

↓↓先週レポートより








レポートは続きます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る