ブログ

12/5センターレポート 収容室①②③    9頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




収容室① 3頭






※11/14よりレポートに登場 (11/1収容)
▽白 オス 6ー7歳 14-15キロ

推定6-7歳ですが、少し困ったような表情は
とてもあどけなくて幼く見え
この子の穏やかな性格を象徴しているかのようなお顔をしています。

他の同室の犬達がけたたましく吠えるのに対し
この子はひとり物静かに佇んでいました。
まだ吠え声を一度も聞いていない気がします。

人馴れは特に問題なく、人を見て怯えるでも嫌がるでも
怒るでもなく、かとって嬉しくて飛びついてくるような
感情を爆発させるようなこともなく
ケージ扉を開けると淡々と外に出てきて、おやつをもらい
感情を変える様子はなく、騒ぐようなことは一切ありませんでした。
また外だと様子が違うかもしれないので、
次週はドッグランに連れだしてみたいと思います。

f0078320_23511786.jpg




f0078320_23512335.jpg




f0078320_23512701.jpg




f0078320_23513937.jpg




f0078320_23513338.jpg




f0078320_23514460.jpg



抱き上げられるのは得意ではなさそうでした。
おそらく経験がないのだと思います。
でも決して怒ったり歯を当てたりということはありませんでした。

f0078320_23514988.jpg




f0078320_23515517.jpg




f0078320_23520136.jpg








※11/14よりレポートに登場(10/31収容)
▽茶黒 メス 4歳ぐらい 10-11キロ(痩せ過ぎ)

最初見た時から痩せている子でしたが
さらに細くなっていました。下痢などはしておらず
食欲もかなりあるので、何か疾患があるというよりは
食べられなかった時期が長くあり
今現在きちんと食べられるけれども
吸収する力が落ちているのかもしれません。

元気はあり、食欲も旺盛です。
人懐っこく、明るい性格の子ですが
食べ物の方に気が行ってしまって
終始落ち着かない様子でした。
職員さんも気を付けて見ていてくださっていますので
体重の増加と共に、落ち着きも出てくると思います。

f0078320_23555565.jpg




f0078320_23560212.jpg




f0078320_23561615.jpg




f0078320_23562217.jpg




f0078320_23562787.jpg




f0078320_23563102.jpg








※11/28よりレポートに登場 (11/20収容)
▽黒茶 メス 2-3歳 14キロ程度

保定してくれたメンバーにホールドされてるので
まるで大人しい子に見えますが
育ち盛りの子犬のように、まあ動く動く!
毛が黒いのもあって、ほとんどの写真がブレブレになってしまいました。
顔を近づけるとベロベロ舐めて歓迎してくれます。
犬と密なコミュニケーション取ることを好む方には
たまらないタイプだと思います。

抱き上げられる時、嫌がったりしませんが
その後腕の中でジッとしているのが耐えられないようで
活きの良いシャケのようにバッタンバッタン暴れて腕から逃れていました。

思うがまま生きているような子です。
この子の生まれ持った性格の良さを活かしつつ
クールダウンさせて人の声が届きやすいよう
適切に躾のできる方の元で過ごせたら
無限の可能性が広がりそうな子だと思います。

f0078320_00010524.jpg




f0078320_00011089.jpg




f0078320_00011569.jpg




f0078320_00012095.jpg




f0078320_00012664.jpg



↓先週レポートより

f0078320_11215780.jpg




f0078320_11221874.jpg









収容室 ② 3頭




※11/7よりレポートに登場(10/30収容)
▽白柴? オス 4歳ぐらい 10キロ前後


お顔はまるっきり柴犬ですが
身体は柴犬よりも胴や手足が長めです。
綺麗好きな子のようで、外に出すとまず排尿する場所を探します。

相変わらずお尻まわりは脱毛していましたが
体調面そのものは問題がないようで元気にしていました。

人馴れしていて、怖がったり不安がったりする様子は見られませんが
従順なタイプと言うよりは、どことなくマイペースで
思ったまま行動しているようにも見えます。
ただ、気が強かったり、我が強かったりといった様子は見受けられませんで
人に依存したり頼ったりし過ぎないタイプなのだと思います。

おやつを見せるとビシッとお座りして見せてくれて
以前の飼い主から、こうすると褒めてもらえたり
おやつをもらえたりしていたのかもしれません。

情緒の乱れも感じませんので
人との暮らしの中に入っても
すぐに馴染んで自分のペースで行動できそうな子です。

f0078320_00060617.jpg




f0078320_00061188.jpg




f0078320_00061937.jpg




f0078320_00062620.jpg




f0078320_00071366.jpg


↓先週レポートより
f0078320_11370819.jpg







※11/28よりレポートに登場 (11/17収容)
▽薄茶 メス 4-5歳 12-3キロ

他の子が「早く出して!」とケージ扉の前で騒ぐ中
皆何騒いでいるのか、不思議そうな顔しながら
いたって安定した精神状態のままこちらを大人しく見ていました。

外に出すと大きくひとつ伸びをして体をほぐすと
「おやつタイムでしたっけ?」と言いたげに
でもガツガツほしそうにするわけでもなく
こちらからおやつを差しだすのをジッと待つことができました。

身体のどこに触っても、抱き上げても
怒ることはありません。
人に対しての不信感は全く持っていないようです。

身体的なケア、心のリハビリが必要な子が多い中
この子は情緒も安定していて
すぐにでも再出発できそうな子です。
f0078320_00103766.jpg




f0078320_00104444.jpg




f0078320_00105257.jpg




f0078320_00105756.jpg




f0078320_00110289.jpg


↓先週レポートより

f0078320_11284368.jpg










※8/29よりレポートに登場(6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4−5歳 12-3キロ

この日もケージから出た一瞬だけバタバタっとしましたが
すぐに大人しくなり、大人しく座っていることができました。
余裕がなさそうに見えますが、隣のケージの中にいるビーグルのことが気になるのか
時折目線をそちらに向けて中の様子を見ることがありました。
何をされるのかわからず、興奮して目を血走らせていた
最初の余裕のない様子とはかなり変化が見られます。

f0078320_00162370.jpg




f0078320_00162972.jpg




f0078320_00163529.jpg




そしてこの日一番の変化は
人の手からおやつを食べられたことです。
いつもより、匂いが強いおやつを持って行ったのも功を奏したのかもしれません。
最初のひと口こそ怖々食べていましたが
ひと口食べてしまうと、後は躊躇することなく
何度も手からパクパク食べていました。

小さな変化のようですが
この子にとってはものすごい勇気がいったことでしょうし
かなりの心境の変化だと思います。

これを足掛かりに、もっとこの子との距離を縮められたらと思います。

f0078320_00164214.jpg




f0078320_00164717.jpg




f0078320_00165185.jpg




f0078320_00165646.jpg




f0078320_00170295.jpg







【収容室③】 3頭


※11/21よりレポートに登場 (11/16他抑留所より移送)
▽テリア雑 オス 7-8歳 11-12キロ

テリア雑と聞いていましたが、パッと見はそう見えませんでした。
でも外に出して見て納得。
お顔周りが確かにテリア系に見えます。

マズルが短めだからでしょうか
推定年齢よりもずいぶんと幼く見えました。
つい先日まで人と暮らしてきた様子が見えるくらい
人に馴れた子で、一緒にいたメンバーに代わる代わる甘え
おやつをねだっていました。

抱き上げた時、少し震えていたと先週のレポートにありましたが
環境に慣れたためか、今回は不安がったり震えたりする様子はなく
ましてや怒ったり反抗したりする様子も見られませんでした。

どことなくジャックラッセルがほんの少し混じっているように見え
お顔だけ見ているとすごく活発な子なのかと思いましたが
年齢相応の落ちつきもあり、扱いやすい子だと思いました。

f0078320_00211954.jpg




f0078320_00212457.jpg




f0078320_00212977.jpg




f0078320_00213432.jpg




f0078320_00213882.jpg




f0078320_00214337.jpg






※12/5レポート初登場 (11/24収容)

▽薄茶テリア雑 オス 1-2歳 10キロ程度
(片方の睾丸が陰睾)

テリア系の子はどうしてもお爺ちゃんのような見た目になりますが
とても若い子で、性格はピュアな子犬のようです。
落ち着きがあるようにも見えましたが
おそらくまだ多少緊張しているところもあるのだと思います。
すぐ若い子らしくはっちゃけた子になりそうな感じがします。

人馴れは全く問題がなく
身体のどこに触れても怒ることはありませんでした。
可愛らしく甘えるしぐさも見せてくれて
穏やかな性格なのも見て取れました。

他犬との関わりはまだ見られていないので
今後の撮影時に見てきたいと思います。

f0078320_00253506.jpg




f0078320_00254148.jpg




f0078320_00254720.jpg




f0078320_00255483.jpg




f0078320_00260028.jpg




f0078320_00260674.jpg











※10/3よりレポートに登場(9/15収容)
▽茶 オス 3−4歳 11-2キロ

もともと細かったですが、より細くなっていました。
食欲は旺盛で、元気もあり体調面に著しい問題などは見受けられませんでした。
あまりに痩せてきているので
職員さんにも今後の様子を見ていただくようお伝えしています。

食べ物の方に意識が向いてしまっているので
どうしても険しい表情に写ってしまいますが
決して怒っているわけではありません。
随分と慣れてきていますが、まだ表情が暗いのは否めません。

今までただ生き抜いてきた毎日だったのかもしれません。
何も心配することなく、自力で生き抜かなくても良いと
安心して生きていける環境に一日も早く入ることができますように。

f0078320_00285663.jpg




f0078320_00290101.jpg




f0078320_00290864.jpg




f0078320_00291281.jpg




f0078320_00291615.jpg




f0078320_00295709.jpg




レポートは続きます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る