ブログ

12/12センターレポート 4日目部屋    4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き動物愛護センターにいる、譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロぐらい

この日もいつもと同じように静かに伏せていました。
私たちが部屋に入ると少し体を起こして
こちらの様子を伺いながら歩き出しました。
必死になって逃げ回るということはもうなくなりましたが
おやつを見せても近づいて来られないのは変わりません。



マズルに傷のようなものが見えました。
今までは気づかなかったので最近できたものかもしれません。
以前、こちらがじっと座って動かずにいると
少し近づいてきて、すぐそばで伏せることあったのですが、
またそれもできなくなっています。
人が怖くて仕方がない、という時期はもう過ぎたと思いますが
ここの部屋では自由に動き回れる分、
人を避けることが当たり前になってしまっていて
このままでは人馴れは進みません。



家庭に入って一緒にいられる時間が増えれば
人と一緒にいることが普通になり、
人の暖かさや優しさに触れ、少しずつでも
心を開いていくことができるものと思います。
1年4ヶ月もの間、こちらでいろいろな子たちとうまくやって
こられた優しいこの子にも暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_01163490.jpg


f0078320_01173278.jpg


f0078320_01180263.jpg


f0078320_01183278.jpg


f0078320_01190606.jpg


f0078320_01193743.jpg


f0078320_01201735.jpg





※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 11-12キロ

私たちが部屋に入ると真っ先に動き出すのはこの子です。
できるだけ人との距離を保ちたがるので
近づけば遠ざかるを繰り返しています。
それでもカメラを向けるとこちらを見ているので
人に興味はあるようです。
人に何かされると思っているのでしょうか、
それとも人とどう接していいのかわからないのでしょうか。



まだまだ幼く、いろいろなことを吸収できる年齢ですので
本来ならば人と一緒に生活して、
人との信頼関係を築いていく頃なのに
この子にはそのチャンスがまだ与えられていません。



人に対して攻撃的になるところは見られませんし、
同室の子たちともうまく過ごせていますので
家庭に入って人と一緒に生活していく中で
どんどん変化を見せてくれそうな気がしています。
この子の心の成長に手を差し伸べてくださる方は
いらっしゃいませんか。

f0078320_01310768.jpg


f0078320_01313321.jpg


f0078320_01315166.jpg


f0078320_01320487.jpg


f0078320_01322632.jpg


f0078320_01325941.jpg


f0078320_01324394.jpg





※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-3キロ

この子もすでに1年4ヶ月を経過しています。
この部屋の中でも一番頑なになってしまっています。
常に同郷の黒茶白の子とくっついていて
この定位置から動いたところを見た記憶がありません。
以前は近づくだけでも唸っていたことを思うと
今ではすぐそばまで行っても唸ることはほとんど
なくなってきました。
ただ、まだこの子をいつも撫でてあげることはできません。
体を触ろうとするとやはり唸ったり空噛みしたり
してきます。



ここまでこの子の心を頑なにしてしまったのは
やはり人間なのでしょうか。
以前はどういう飼われ方をしていたかは不明ですが
一応人に飼われていた子です。
恐らくほとんど構ってもらうことがなかったのでしょう。
人への不信感を払拭させてあげられるのも
やはり人でしかありません。
この子と共に楽しいこと、嬉しいことを
共有してくださる方の目に留まりますように。

f0078320_01431055.jpg


f0078320_01432930.jpg


f0078320_01434960.jpg


f0078320_01440483.jpg


f0078320_01442070.jpg





※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後

この日もまたおかしな格好で座っていました。
以前は黒い子のトレードマークのようなお座り姿勢でしたが
最近ではこの子の方がよくこの格好をしているようになりました。
唯一この部屋の中で手からおやつを食べられるこの子は
人への恐怖心はそれほどではないものと思われますが
このままではこれ以上の人馴れは難しいと思います。



ただ、体を触ったりすることには抵抗もなくなってきましたので
もう一歩のような気もしています。
常に黒い子にくっついているので
他犬とうまく過ごせる子だと思いますが
この子の場合、他犬を頼ることで人との関わりを
必要としなくなっているようにも思えます。
一頭だけで人と一緒に生活していけば
人を頼るということを覚えていってくれるのではないかと
期待しています。



この子にも暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_01564305.jpg


f0078320_01565710.jpg

↓↓以前のレポートより












レポートは続きます。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る