... TOPIX

地域猫活動で保護すべきでない理由

昨日のみほちゃん(男の子)を保護したのは5年前の話です。 「物置の下で子猫が生まれました。居着かれたら困ります。」 と言うご年配の方からご相談を受けました。 2013年7/3「庭で子猫が産まれ困っています」 放っておけば、子猫は成長し、次の世代を生みます。 猫に迷惑する人と、猫に餌やりする人の対立を助長するでしょう。 私達、練馬区の地域猫推進ボランティアは地域住民が猫の問題を自ら解決できるように支援をしています。 具体的には周辺一帯に「飼い主のいない対策」の広報・啓発を行い

関連記事

ページ上部へ戻る