... TOPIX

衆議院予算委員会分科会でと畜場、動物愛護法について質問

2018年2月23日(金)の衆議院予算委員会第6分科会で、堀越啓仁(立憲民主党・市民クラブ)衆議院議員が、アニマルウェルフェアに関する質問を行ってくださいました。

動画をこちらで見ることができます。(14:00~)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=47815&media_type=wb

アニマルウェルフェア質問は3点行われました。

ハード面の設備投資を含むアニマルウェルフェア推進の対策、およびそのマイルストーンについて

ケージフリー飼育への切り替えやストールフリー飼育への切り替えなどの、設備投資を必要とするアニマルウェルフェアの改善について、農林水産省はどのような対策を考えているかお聞かせください。また時期的なマイルストーンも合わせてお願い致しますと質問がされました。

これに対し、 枝元 真徹生産局長は以下のように答弁しました。この中で、日本のアニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針がアメリカ・カナダと同等の水準と考えているという驚くべき発言がありました。アメリカは州ごとに異なるため同等の州もあるのかもしれませんが、10州が妊娠ストールを禁止、6州がバタリーケージを禁止、カナダも妊娠ストール廃止となっており、誤認であるように思います。

今委員ご指摘の通り、アニマルウェルフェア、飼養管理指針にもとづきまして推進をしているところでございます。具体的には各畜種につきましてOIEにおきます国際基準に即したアニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針の作成、またアニマルウェルフェアに対応した飼養管理の優良事例の生産者への紹介、生産者・流通業界・消費者等への普及のためのセミナーやシンポジウムの開催などを支援してきているところでございます。
また畜舎等の施設を整備する畜産クラスター事業の採択に関しましても、アニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針に即した飼養管理を行っている場合に加算ポイントを設けているところでございます。
アニマルウェルフェアにつきまして具体的な目標時期を定めているものではございませんけれども、東京オリンピック・パラリンピックに必要な食材提供に向けましたGAPの取り組みの加速化ですとか、国際基準の策定や改訂にあわせました飼養管理指針の見直しなどを通じて、アニマルウェルフェアを定着させていきたいと考えてございます。
またご指摘がございました豚のストール飼いですとか採卵鶏のバタリーケージについて、ご指摘の通りEUやスイスでは域内法等によりまして常時ストールで母豚を飼うことや採卵鶏をバタリーケージで飼うことは禁止されてございます。ただまだ豚と採卵鶏に係るアニマルウェルフェアの考え方につきましては、まだOIEの指針が定められていないという状況にございます。わが国において定められております豚及び採卵鶏の飼養管理指針は、アメリカ・カナダと同等の水準と私どもは考えてございますけれども、OIEの指針が策定されれば、それに即して見直しを行ってまいりたいと考えております。

続けて齋藤 健農林水産大臣は、以下のように答弁し、これまでの日本のスタンス(日本と欧米のアニマルウェルフェアは異なるなど)から一歩前に出た重要な答弁であったと感じます。

アニマルウェルフェアにつきましては、それぞれその国の文化ですとか国柄ですとかと絡む問題でありますので、それぞれの国で色々な考えがあろうかとも思います。ただ、今委員がご指摘のように、世界の傾向、それからわが国の畜産も世界のマーケットを意識して展開をしていかなくちゃいけないということであれば、世界に通用するものに前進させていくということは極めて重要だろうと思っておりますので、実態を捉えながら、その方向でしっかり努力していきたいと思っております。

成鶏の食鳥処理場での鶏の長時間(夜間)放置の改善について

成鶏つまり採卵鶏の食鳥処理場において処理前に長時間放置されるという問題について、各省庁での改善の意向をぜひ示していただきたい、どのように改善をするのかお聞かせくださいと質問がされました。

枝元生産局長は、以下のように答弁しています。しかし、アニマルライツセンターの調査では時期に関係なく夜間放置が行われており、繁忙期にかかわらず不適切な状態に陥っていると考えています。しかし、改善を促すとはっきりお答えであるため、今後どのように改善がなされるか、監視を行いたいと思います。

ご指摘いただきましたとおり、採卵鶏として役目を終えました成鶏につきましては、一般的には成鶏専門の食鳥処理場で処理されるケースが多ございます。こういう成鶏を含みます産業動物の集荷、輸送、保管棟にあたりましては、関係法令におきまして動物の健康の保持、また快適性にも配慮した対応が求められているということでございます。
生産のサイドから見ますと、鶏卵の価格が低下する年明けですとか夏場には、食鳥処理場の処理能力を超えまして、成鶏の出荷が一時的に集中して処理待ちの時間が長くなることがあり夜間の放置等の課題があるということは私どもも承知をしてございます。農林水産省としましては関連団体に対しまして、関連法令等を遵守すべく計画的な集荷を促す内容の注意喚起を行なってきているところでございまして、引き続き改善の努力をしてまいりたいと思います。

動物の愛護及び管理に関する法律における農林水産省、厚生労働省、環境省間の連携について

畜産業、屠畜、輸送における動物愛護管理法の遵守についても各省庁連携が必要であると考えますが、農林水産省としてのお考えをお聞かせくださいと質問がされました。

これに対し、齋藤 健農林水産大臣からは以下のように答弁がなされました。現在、農林水産省や厚生労働省は現場に入っていますが、動物愛護法に関連するまたはアニマルウェルフェアに関連する指導はほぼなされていません。頑なに衛生面のみの指導にこだわります。しかしこの答弁を聞く限りは、動物愛護、アニマルウェルフェアに関しても指導が行われるべきであることを示しているように思います。行政職員が指導ができるよう、動物愛護管理法の中の連携機関に、農林水産省、厚生労働省の関連部局を含めるべきであると改めて感じます。

農林水産省としてはですね、動物の愛護及び管理に関する法律を遵守をするということは、当然のことだと考えておりまして、環境省及び厚生労働省とも連携をして、アニマルウェルフェアを推進することが重要だと考えております。このため、昨年11月アニマルウェルフェアに配慮した基本的な考え方を都道府県の生活衛生環境部局ともよく連携をして、畜産関係者等に周知をするように、都道府県あてに通知をさせていただきました。また昨年12月には、農林水産省、環境省、厚生労働省の三者で定期的な連絡会議を設置をさせていただきまして、関係省庁との連携を今強化をしているところであります。
いずれにいたしましても、この違反事例みたいなものがもしでてくれば、きちんとした対応をするということは当然のことでございます。

最後に堀越議員からは、これら畜産動物のアニマルウェルフェアが喫緊の課題だと思っていると述べられ、重ねての改善の要請がなされました。

※後日議事録が出されましたら正式なものを掲載いたします

質問1:
畜産動物のアニマルウェルフェアの必要性は、すでにワンヘルスの考えから人や社会の健康や衛生のために国際獣疫事務局OIEを始め世界的に取り組まれております。
欧米ではケージフリー卵が主流となり、先日は、韓国が鶏の飼育面積を今年7月よりEU並みの一羽あたり750平方センチメートルにすることを明らかにしたと報じられておりまして、一方日本はアニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針の中ですら、推奨面積を430~555?としています。
また繁殖用母豚を拘束して飼育する妊娠ストールについても、欧米だけでなく、中国やブラジル、タイを含む世界の大手食肉企業が廃止をしていっています。しかし日本は、2007年よりも2014年のほうが妊娠ストールの使用率が増えてしまっており、ちょっと逆行してしまっている部分があるなと言う印象を持たれてしまうと思います。。
この鶏のケージ飼育廃止と、ブタの妊娠ストール飼育廃止は、アニマルウェルフェアへの取り組みを見る上で象徴的なものととらえられており、他国と日本で、アニマルウェルフェアへの取り組み状況の差がかなり開いてしまっており、いよいよ明白になっていると言わざるをえない状況だと思っております。
日本でも東京オリンピック・パラリンピックを契機として、アニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針を元に、農林水産省がアニマルウェルフェアを推進していることは十分承知させていただいておりますけれども、しかし残念ながら、バタリーケージや妊娠ストールの使用率縮小に向けた国の積極的な取り組みは聞き及んでいないというところだと思います。
東アジア、東南アジア、南米、南アフリカなどでこれら飼育方法を廃止していく動きが実際起こっている中、「欧米のやり方が必ずしも日本の農業に適しているわけではない」という独自の見解は、もう通用しないところまできてしまっているかなという認識を私は持っております。経済連携協定や自由貿易協定が各国と結ばれていく中で、世界のアニマルウェルフェアの流れから日本が取り残され、競争力を失うのではないかと強く危惧している次第であります。
そこで、斉藤大臣にお伺いいたします。
ケージフリー飼育への切り替えやストールフリー飼育への切り替えなどの、設備投資を必要とするアニマルウェルフェアの改善について、農林水産省はどのような対策を考えているかお聞かせください。また時期的なマイルストーンも合わせてお願い致します。

ーーーー

質問2:

アニマルウェルフェアが必要なのは農場内だけではなくて、農場からと畜場や食鳥処理場に出荷された動物について、無関係でいる訳にはいきません。

成鶏つまり採卵鶏の食鳥処理場において処理前に長時間放置されるという問題があります。
採卵鶏も最終的に肉や化粧品原料としてと畜されておりますが、農場から出荷され、長時間かけて輸送され、その後と畜場内で17時間以上放置されるケースがあります。関東にある成鶏食鳥処理場6件のうち5件が夜間放置を行なっていることがわかっており、慣習的に行われているであろうことを示唆しています。
その間、鶏たちは一切水すら飲めず、非常に狭い輸送用ケージにぎゅうぎゅう詰めで動けない状態であり、その状態で一晩過ごすことは福祉を大きく低下させます。さらには上のケージの鶏たちの糞尿、割れた卵が降ってきて体を汚して不衛生な状況になってしまう、地面には糞尿と卵がたまり、夏場にはウジが湧くこともあります。
12時間以上給餌給水が絶たれることは、OIEの基準(OIE動物福祉規約 第7.5章「動物のと殺」)に反しています。実際に17時間放置されるということがあるということですので、動物福祉上の問題も抱えておりますが、衛生的にも大いに問題があります。鳥インフルエンザやカンピロバクターなどのウイルスや細菌に汚染が拡大する原因にもなりかねない。
これら成鶏の肉は、加工食品、冷凍食品になったり、化粧品原料になったりしておりので衛生管理状も問題であると考えております。
この問題が起きている場所は、食鳥処理場でその所管は厚生労働省となっておりますが、動物を受け入れる側では改善のしようがなく、出荷計画を立てる農場、輸送の段階での改善が必須です。これはOIE動物福祉規約にも繰り返し書かれております。
農林水産省の課題でもあり、さらには、動物福祉、動物愛護を管理監督する環境省の取り組みも重要です。3省が一体となり取り組まなくては改善ができないと思います。
これらについて、各省庁での改善の意向をぜひ示していただきたい、どのように改善をするのかお聞かせください。

今、インターネットや週刊誌等で取り上げられておりますので、これを東京オリンピックを契機に海外の選手がこれを見てしまえば大きな問題になると思いますし、動物愛護やアニマルウェルフェアに関する意識が高まっています。支援者の中にもなんとかしてくれという声がかなり上がってきています。安定供給も農水省の責務だと思いますが、動物の健康保持が重要であるということですので、

質問3:

最後に、産業動物も、動物愛護及び管理に関する法律の中で規定された愛護動物であり、暴力的行為から守られなくてはなりません。しかし、現在農場内、輸送時、屠畜場内、食鳥処理場内で起きている暴力的な扱いについては、見過ごされている状況があります。
例えば、と畜場への搬入時に動物は当然怖がりますのでスタンガンを押しつけたり、殴る蹴るなど不適切な扱いが日常的に行われているところがありました。また、通常5羽程度いれるバタリーケージに7羽、8羽と詰め込んでいる農場も未だにありますし、豚の密飼いも増加傾向にありまして、これは年に一度立ち入り調査を行う行政職員も知りうる状況にあります。しかし、動物愛護または福祉の観点からの指導は一切なされていません。また妊娠ストールのような飼育においても、エンリッチメントを行うなど現状の施設のままでも改善のしようはあるにも関わらず、福祉向上における指導はなされていないなぁというふうに感じております。
この傾向はと畜、食鳥処理場でより顕著です。
動物愛護管理法には産業動物も含まれております。年間10億頭近い産業動物が利用されているにも関わらず、畜産業に関わる多くの方がそのことを認識できていない状況にあります。
業務が分断されることにより動物福祉が蔑ろにされることは、望ましくありません。
暴力が存在し、非人道的状況に陥っているにもかかわらず、改善がなされないことは、日本の畜産物の品質、あるいは信頼性や安全性を著しく下げることにもつながります。
畜産業は一般の人は立ち入ることは出来ませんが密室状態にあるわけではなく、行政職員が度々立ち入り、またと畜場では公務員が常駐しています。すくなくとも福祉的な問題を発見したり、暴力を見かけたりした際には動物愛護管理法に基づき、指導、勧告、告発が行われるべきではないでしょうか。

動物愛護管理法の遵守についても各省庁連携が必要であると考えますが、農林水産省としてのお考えをお聞かせください。

斉藤大臣
農林水産省としてはですね、動物の愛護及び管理に関する法律を遵守をするということは、当然のことだと考えておりまして、環境省及び厚生労働省とも連携をして、アニマルウェルフェアを推進することが重要だと考えております。このため、昨年11月アニマルウェルフェアに配慮した基本的な考え方を都道府県の生活衛生環境部局ともよく連携をして、畜産関係者等に周知をするように、都道府県あてに通知をさせていただきました。また昨年12月には、農林水産省、環境省、厚生労働省の三者で定期的な連絡会議を設置をさせていただきまして、関係省庁との連携を今強化をしているところであります。
いずれにいたしましても、この違反事例みたいなものがもしでてくれば、きちんとした対応をするということは当然のことでございます。

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る