... TOPIX

ヴェルサーチ、フルラ、つぎつぎファーフリーへ

ファーフリートレンドがついに来た。

2018年3月14日、ファッション業界紙WWDが「「フルラ(FURLA)」は11月より店頭に並ぶ2019年プレ・スプリング・コレクションからリアルファーを使用しないことを決めた。メンズもウィメンズもフェイクファーを使用するという。」と報じた。フルラはイタリアのハンドバッグメーカーとして有名だが、ファーチャームを多数売り出しており、ファーチャームをハンドバッグにつけるなどリアルファーがついたバッグも販売していた。

そして同日、Vogueが、ヴェルサーチのデザイナー、ドナテッラ・ヴェルサーチ の

“Fur? I’m out of that,” she said. “I don’t want to kill animals to make fashion. It doesn’t feel right.”

毛皮?わたしはそれをやめている。ファッションのために動物を殺したくない。それは正しくないと思う。

という発言を報じた。ドナテッラは1997年からドナテッラ氏がヴェルサーチを率いており、毛皮は実質廃止とみられる。

その前日にWWDはジバンシィのファッションショー冒頭から圧巻のFaux Fur =エコファー=フェイクファーのファッションショーについて、その精工さを報じている。

もはやリアルファーは業界から消えつつある。それはドナテッラ・ヴェルサーチが述べたように、「ファッションのために動物を殺したくない。」という人道的でかつ当たり前に芽生える思いと、フェイクファーの技術革新によるものだろう。

いまこそリアルファーゼロに向け、日本のアパレルメーカーも動く時だ。

売上トップのファーストリテイリングはもう10年以上前からファーフリーだ。しかし2位以下の企業は廃止を宣言していない。皆さんから企業にリアルファーを今後一切取り扱わないと決めてくださるよう、お願いをしてください。

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る