... TOPIX

3/27センターレポート 4日目部屋   3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



以前は5~6頭いたこの部屋も3頭になり、
大きな部屋が尚更広く感じるようになりました。
動き回れる分、なかなか距離を縮められない子もいます。
ただ、オス同士で一緒に過ごせるというのは
他犬との相性も悪くなく、穏やかな子たちと言えます。
どの子もここでの生活が長くなってしまいがちですが
ここでは逃げ回っていたような子でも
家庭に入ると少しずつでも落ち着きを取り戻し
家庭犬として再スタートを切ろうとしています。
どうぞこちらの子たちにも是非目を向けてあげてください。

f0078320_23424547.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼4536 黒茶 オス(去勢済) 2-3歳 5歳ぐらい 12キロ

いつものように黒い子にくっついて
じっと座っていました。
手のひらからもおやつを食べることが普通にできるようになり
大分距離が縮まってきたように感じます。
体を触ることも最近ではビクっとすることもなく
人の手を受け入れられるようになっています。


ただ、まだ体を拘束するようなことは
難しいかもしれません。
ロープをかけたこともないので、
リードで引かれるという経験がない子だと
それだけでパニックになってしまう可能性もあります。
それでも以前は体に触ろうとするだけで
空噛みをしていた子でしたので
現在では体を撫でることに抵抗しなくなっただけでも
十分進歩していると思います。



毛がはげている部分があるわけではありませんが、
毛が薄く、パサパサなのが気になります。
皮膚の状態があまりよくないのだと思います。
おやつが大好きな子ですので
もっともっと人と一緒にいる時間が多くなれば
人馴れも進んでいくのではないかと思います。

f0078320_23540740.jpg


f0078320_23543671.jpg


f0078320_23550746.jpg


f0078320_23553796.jpg


f0078320_23560642.jpg


f0078320_23563655.jpg


f0078320_23571187.jpg





※2017/5/30よりレポートに登場(2017/5/25他抑留所より移送)
▽4868 茶黒 オス(去勢済) 1歳ぐらい 10.8キロ

この日もいつも通り、人の姿を見つけると
座っていたすのこからさささっと移動していってしまいました。
それでもこの日は一人でこの部屋に入ったからか
いつもより少し近くまで来てくれることがあり
とても嬉しく思いました。



私自身がこの部屋でこの子に投げたおやつを
私がいる間に拾って食べるのを見たことがなかったのですが
この日は知らん顔をしていたら、割りと近くに投げたおやつを
食べにきてくれました。
おやつを見せて「おいで!」と何度も声をかけましたが
距離を取った状態でじっとこちらを見つめていて
やはり近づいてくることはできませんでした。
まだ幼いこの子にも人の暖かさを教えてあげたいと
いつも思っているのですが、なかなか距離を縮められず
歯がゆい思いで一杯になります。
ただ、人が怖いという感情だけではなく、
興味はあるようですので、家庭に入れば想像以上の変化を
見せてくれるかもしれません。

f0078320_00001832.jpg


f0078320_00004873.jpg


f0078320_00011956.jpg


f0078320_00014848.jpg


f0078320_00024822.jpg


f0078320_00021896.jpg

↓↓以前のレポートより






※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼4535 黒 オス(去勢済) 4-5歳 2-3歳 16キロ

いつも同じ場所にいるのですが、
黒茶の子が寄りかかってくるので
いつも更に隅においやられてしまうような状態に
なってしまっています。



この日もおやつを口元まで差し出してみましたが
やはり食べることはできませんでした。
それでも唸ったりすることもありませんでした。
ただ、一緒にいる黒茶の子をわしゃわしゃ撫でていると
べったりくっついた状態になっているこの子にも
少し触れてしまうことがあるのですが
そうすると小さな声で唸って意思表示していました。
この子が立ち上がった姿を私は見たことがありません。



立ち姿も見てみたいですし、歩いている姿も見てみたいです。
人への警戒心が解けるまで焦らずしっかりと
向き合っていきたいと思います。

f0078320_00054418.jpg


f0078320_00060260.jpg


f0078320_00052619.jpg


f0078320_00062126.jpg


f0078320_00064291.jpg


f0078320_00073673.jpg




レポートは続きます。





関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る